ニュース
» 2010年05月14日 17時05分 公開

ターゲットは世界市場!「飛蘭シンポジウム 〜2010年度方針発表会〜 in品川バンダイナムコゲームス未来研究所ファンシアター」

感極まって思わず涙。PS3「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」のOPテーマが初披露されたほかに、EDテーマを担当する事も明らかになった。

[OH編集部,ITmedia]
OH News

 2008年、TVアニメ「喰霊-零-」挿入歌「Dark Side of the Light」で視聴者に鮮烈なイメージを与え、以降TVアニメ「CANAAN」OPテーマ「mind as Judgment」のリリース、「Animelo Summer Live 2009 -RE:BRIDGE-」への参加を経て、アニソン・シーンに確固たる地位を築きつつある新進気鋭の実力派シンガー・飛蘭

「こんな素晴らしい才能を持つ彼女が有名にならないなんておかしい!」

 人気アニソン・シンガー佐藤ひろ美が壇上で発したこの言葉に、「彼女」の魅力のすべてが集約されていると言っても過言ではない。そんな「彼女」のこれまでの活動を振り返りつつ、2010年度の活動内容を発表する「飛蘭シンポジウム 〜2010年度 方針発表会〜」が4月13日、品川のバンダイナムコゲームス未来研究所ファンシアターにて開催された。

飛蘭の魅力をズバリ分析!

 この日、会場にはマスコミ関係者のみならず、抽選で選ばれた一般ファンも会場に大勢招待されていた。雨のそぼ降る平日の夜という少々参加しづらいコンディションの中での開催であったが、会場はほぼ満席。

 飛蘭の今後の活動予定をいち早くチェックしようと、客席はイベント開始前から熱気に包まれていた。

 この日のイベントは、飛蘭が所属するSの代表取締役でもあり自身もアニソン・シンガーとしても活躍する佐藤ひろ美をはじめ、飛蘭に多くの楽曲を提供する音楽制作ブランドElements Gardenの上松範康氏と菊田大介氏、ランティスの担当プロデューサー斎藤滋氏が各立場から飛蘭をプレゼンするシンポジウムという一風変わった内容。

 Elements Gardenの両名はミュージシャンとして見た飛蘭の魅力と才能を解析し、「歌唱力があるので、作家としては好き勝手にやっても対応してくれる歌手」と評価。また斎藤氏は営業的な立場から飛蘭をいかにアニソン・シーンにアピールしていくかを提案しつつ、6月28日に渋谷O-WESTにおいて初のワンマンライブ開催決定を発表した。

 そして佐藤はマネージャー的な立場から「世界に通用するアーティストに育てていく」というアーティスト・ポリシーや、「武道館でのライブ」といったロング・スパンの目標や「アニソン業界を引っ張る期待感を持たせる」といったショート・スパンの目標を掲げる一方、いかにして飛蘭を成長させていくか。どれだけ飛蘭が自身にも影響を与えている存在か、などを強くアピール。時に母親のように優しく、時には二人三脚で支えあう仲間のように飛蘭の魅力について解説した。



歌姫・飛蘭が魅せる感動のミニライブ!

 引き続き、満を持して飛蘭がステージに登場。先述の4名とのトークを挟んだ後、ミニライブが行われた。

 佐藤ひろ美曰く、「歌は肉食系だけど、内面は乙女チックな草食系」という飛蘭は、MCではしきりに「緊張しています」と心中を素直に語る。

 ひとたび曲が始まれば目つきが一変。ステージいっぱいを使って力強いボーカルとセクシーなパフォーマンスを繰り広げる。だが1曲目「SERIOUS AGE」を歌い終え、引き続き今夏発売予定のPS3用ゲームソフト「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」OPテーマ曲となる新曲「戦場に咲いた一輪の花」を歌う直前に事件が起きた。「私にとってすべてが変わったと言っても過言ではない曲です……」と曲への思いを口にしたところで、とうとうその頬を涙が伝う。


 「頑張れ!」「待ってるよ!」と、ファンからの優しい声援を受けて飛蘭も「緊張するな、私!」と自身を鼓舞する。その刹那、観客席の佐藤ひろ美に視線を送る。涙を浮かべつつステージを見守る佐藤も、優しく微笑み返す。ほんの一瞬のやり取りであったが、そこに二人の強固な信頼関係がうかがい知れた。

 そして最後に最新シングル曲「Errand」を披露。すでにテレビアニメ「聖痕のクェイサー」OPテーマとして高い人気を誇る曲だけあって、この日最大の盛り上がりが会場を包み込む。サイリュームを振り、コールもばっちりのファンたちの様子に、すっかり緊張がほぐれた様子の飛蘭は最高の笑顔でライブのフィナーレを飾った。


 なお今回の「飛蘭シンポジウム」は、「ニコニコ動画」で中継が行われた他、イベント中のTwitterによるつぶやきを推奨しており、ライブの盛り上がりは多くの人の耳目に触れたはずである。

 また、初披露された「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」のOPテーマの他にEDテーマも担当する事や、ワンマンライブ開催に引き続き8月の「アニメロサマーライブ2010」への参加、そして9月には待望の1stアルバムがリリースされることが明かされ、会場からは大きな歓声があがった。

 2010年はその名の通り、大きく羽ばたき大輪の花を咲かせる飛躍の一年となる事を確信させるイベントであった。

Copyright (C) n3o Co.,Ltd All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」