ターゲットは世界市場!「飛蘭シンポジウム 〜2010年度方針発表会〜 in品川バンダイナムコゲームス未来研究所ファンシアター」

感極まって思わず涙。PS3「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」のOPテーマが初披露されたほかに、EDテーマを担当する事も明らかになった。

» 2010年05月14日 17時05分 公開
[OH編集部,ITmedia]
OH News
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 2008年、TVアニメ「喰霊-零-」挿入歌「Dark Side of the Light」で視聴者に鮮烈なイメージを与え、以降TVアニメ「CANAAN」OPテーマ「mind as Judgment」のリリース、「Animelo Summer Live 2009 -RE:BRIDGE-」への参加を経て、アニソン・シーンに確固たる地位を築きつつある新進気鋭の実力派シンガー・飛蘭

「こんな素晴らしい才能を持つ彼女が有名にならないなんておかしい!」

 人気アニソン・シンガー佐藤ひろ美が壇上で発したこの言葉に、「彼女」の魅力のすべてが集約されていると言っても過言ではない。そんな「彼女」のこれまでの活動を振り返りつつ、2010年度の活動内容を発表する「飛蘭シンポジウム 〜2010年度 方針発表会〜」が4月13日、品川のバンダイナムコゲームス未来研究所ファンシアターにて開催された。

飛蘭の魅力をズバリ分析!

 この日、会場にはマスコミ関係者のみならず、抽選で選ばれた一般ファンも会場に大勢招待されていた。雨のそぼ降る平日の夜という少々参加しづらいコンディションの中での開催であったが、会場はほぼ満席。

 飛蘭の今後の活動予定をいち早くチェックしようと、客席はイベント開始前から熱気に包まれていた。

 この日のイベントは、飛蘭が所属するSの代表取締役でもあり自身もアニソン・シンガーとしても活躍する佐藤ひろ美をはじめ、飛蘭に多くの楽曲を提供する音楽制作ブランドElements Gardenの上松範康氏と菊田大介氏、ランティスの担当プロデューサー斎藤滋氏が各立場から飛蘭をプレゼンするシンポジウムという一風変わった内容。

 Elements Gardenの両名はミュージシャンとして見た飛蘭の魅力と才能を解析し、「歌唱力があるので、作家としては好き勝手にやっても対応してくれる歌手」と評価。また斎藤氏は営業的な立場から飛蘭をいかにアニソン・シーンにアピールしていくかを提案しつつ、6月28日に渋谷O-WESTにおいて初のワンマンライブ開催決定を発表した。

 そして佐藤はマネージャー的な立場から「世界に通用するアーティストに育てていく」というアーティスト・ポリシーや、「武道館でのライブ」といったロング・スパンの目標や「アニソン業界を引っ張る期待感を持たせる」といったショート・スパンの目標を掲げる一方、いかにして飛蘭を成長させていくか。どれだけ飛蘭が自身にも影響を与えている存在か、などを強くアピール。時に母親のように優しく、時には二人三脚で支えあう仲間のように飛蘭の魅力について解説した。



歌姫・飛蘭が魅せる感動のミニライブ!

 引き続き、満を持して飛蘭がステージに登場。先述の4名とのトークを挟んだ後、ミニライブが行われた。

 佐藤ひろ美曰く、「歌は肉食系だけど、内面は乙女チックな草食系」という飛蘭は、MCではしきりに「緊張しています」と心中を素直に語る。

 ひとたび曲が始まれば目つきが一変。ステージいっぱいを使って力強いボーカルとセクシーなパフォーマンスを繰り広げる。だが1曲目「SERIOUS AGE」を歌い終え、引き続き今夏発売予定のPS3用ゲームソフト「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」OPテーマ曲となる新曲「戦場に咲いた一輪の花」を歌う直前に事件が起きた。「私にとってすべてが変わったと言っても過言ではない曲です……」と曲への思いを口にしたところで、とうとうその頬を涙が伝う。


 「頑張れ!」「待ってるよ!」と、ファンからの優しい声援を受けて飛蘭も「緊張するな、私!」と自身を鼓舞する。その刹那、観客席の佐藤ひろ美に視線を送る。涙を浮かべつつステージを見守る佐藤も、優しく微笑み返す。ほんの一瞬のやり取りであったが、そこに二人の強固な信頼関係がうかがい知れた。

 そして最後に最新シングル曲「Errand」を披露。すでにテレビアニメ「聖痕のクェイサー」OPテーマとして高い人気を誇る曲だけあって、この日最大の盛り上がりが会場を包み込む。サイリュームを振り、コールもばっちりのファンたちの様子に、すっかり緊張がほぐれた様子の飛蘭は最高の笑顔でライブのフィナーレを飾った。


 なお今回の「飛蘭シンポジウム」は、「ニコニコ動画」で中継が行われた他、イベント中のTwitterによるつぶやきを推奨しており、ライブの盛り上がりは多くの人の耳目に触れたはずである。

 また、初披露された「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」のOPテーマの他にEDテーマも担当する事や、ワンマンライブ開催に引き続き8月の「アニメロサマーライブ2010」への参加、そして9月には待望の1stアルバムがリリースされることが明かされ、会場からは大きな歓声があがった。

 2010年はその名の通り、大きく羽ばたき大輪の花を咲かせる飛躍の一年となる事を確信させるイベントであった。

Copyright (C) n3o Co.,Ltd All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」