ニュース
» 2010年08月03日 16時30分 公開

アトリエシリーズやアルトネリコシリーズの名曲もお披露目! 「TEAM Entertainment Live Act 2010」

ティームエンタテインメントが主催するお祭りライブ、「TEAM Entertainment Live Act 2010」が開催され、霜月はるか、Rita、eufonius、茶太、みとせのりこ、東川遙、片霧烈火、mao、吉岡亜衣加、JIMANG、真理絵、山本美禰子、弘田佳孝、arcaneらが駆けつけた。

[ふじたけ,ITmedia]

 CDレーベル・ティームエンタテインメント主催による、様々な楽曲を披露するというオムニバス・ライブ「TEAM Entertainment Live Act 2010」が5月23日、Zepp Tokyoで開催された。当日は霜月はるかRitaeufonius茶太みとせのりこ、東川遙、片霧烈火、mao、吉岡亜衣加、JIMANG、真理絵、山本美禰子、弘田佳孝、arcaneらが駆けつけ、まさに一夜限りのお祭りというべき時間が流れた。

スタートを飾るのは片霧烈火

 片霧烈火の「TEAM Entertainment Live Act 2010へようこそ! 楽しんでいってね!!」という高らかな宣言で開幕したライブは、片霧の力強い歌声による「在りし世界の君 × 機械ヶ蝶の譚」、「悪意の穴を見た男」という、ライブの始まりには珍しいダークな楽曲でスタートする。

 その直後に一転して真理絵が人気ナンバー「Clover Heart's」からライブで歌うのは初めてという「Your Lips」といったアップテンポな楽曲を、当日の雨空を吹き飛ばすように熱唱! それに続く山本美禰子が「ロロナのアトリエ」&「トトリのアトリエ」の主題歌をさわやかに歌い上げると、フロアーは初夏にも似た熱気を帯びてくる。そこからさらにギャップを見せつけ、みとせのりこと弘田佳孝のユニットによる、yorlgaコーナーではミュージカルさながらの、ナレーションを交えた幻想的なメドレーで、観客を独自の世界へ誘う。

左から真理絵、山本美禰子、yorlga

ライブ中には薄桜鬼のパートも

吉岡亜衣加

 ティームエンタテインメントが誇る千変万化の声色を垣間見た後は、ゲーム・及びアニメで人気の「薄桜鬼」のミニライブコーナーへ。吉岡亜衣加とmaoの2人が5曲の楽曲を披露する間、ステージ上のスクリーンにはこのライブのために用意されたという特別なムービーが上映され、流麗な映像と歌姫の声に、作品ファンならずとも酔いしれてしまう時間となった。

 そのままミニライブ後に、歓声に迎えられながらmaoがステージへ舞い戻って7月7日の1stアルバムリリース&7月31日のワンマンライブ開催を発表すると、ミニライブでの熱狂的な時間も相まって、大きな拍手が巻き起こる。maoは続けてトトリのアトリエのEDテーマ「Dia」をしっとりと歌い、ステージを後にした。


mao

 7組目のアーティストは3月に2枚目のコンセプトアルバム「西征のアストライア」をリリースしたarcane。「バルバロイ」と「流れる空に」という毛色の違う2曲で幅広い表現力を見せつけ、観客に大きなインパクトを与えた。そして、次に登場したeufoniusがファンとの手拍子を交えての「この声が届いたら」で会場の一体感を一気に高めた後は、「アルトネリコ」コーナーが始まる。


左からarcane、eufonius

みとせのりこのレッスンコーナー

東川遙

 アルトネリココーナーでは霜月はるか、片霧烈火、東川遙、みとせのりこの4人が1曲ずつ歌い、最後に「EXEC_RIG=VEDA/.」を全員で織り上げるという展開。ステージ上に揃った4人は共演を祝すかのように抱き合い、またとない機会ということもあって、コーラスパートを観客と一緒に歌うべく、みとせ先生のレッスンコーナーの開講だ。

 レッスンではスクリーンに表示された――「捧げや捧げや言の勾玉や 癒せや癒せや呪い永久に真に」のコーラスを全員で練習。本番では観客を含めたフロアの全員が完璧に合唱し、声を合わせることで力を合わせるというゲームコンセプトさながらに、会場に熱気が満ちてきたところでライブはラストスパートへ。

ラストはRita、茶太、JIMANGから霜月はるか

 ラストスパートのトップバッターはティームエンタテインメント1の盛り上げ役、Rita。軽やかなステップで登場して、親しみやすいキャラクターとMCで全ての観客を虜にしてステージを白熱させる。それに続く茶太も「ライブ慣れしてないので心臓バクバクなんです。すいません。すいません」と語りながらも、ミラーボールの輝きに負けない芯のある歌声で「なないろの世界」と「Bravery〜辿り着きたい君へ〜」を歌いきった。

左からRita、茶太

JIMANG

 さらに、音楽のみに留まらず多岐に渡って活躍するエンターテイナー・JIMANGが腰痛を全く感じさせない、迫力のパフォーマンスをお披露目した後はついに、大トリを飾る霜月はるかの出番だ。

 霜月はさすがの歌唱力で「消えない欠片」、「schwarzweiβ 〜霧の向こうに繋がる世界〜」と思うがままに歌声を響き渡らせ、続く「導きのハーモニー」のラストにはライブTシャツに着替えた出演者全員が勢揃いし、当日集まったファンへ感謝のあいさつ。会場に温かで幸せな空気が流れる中、次回の開催も楽しみなライブは幕を閉じた。


霜月はるか

TEAM Entertainment Live Act 2010
1在りし世界の君 × 機械ヶ蝶の譚片霧烈火
2悪意の穴を見た男片霧烈火
3Clover Heart's真理絵
4Your Lips真理絵
5Falling, The Star Light山本美禰子
6Pilgrimage山本美禰子
7yorlga medleyみとせのりこ・弘田佳孝
8十六夜涙吉岡亜衣加
9散らない花吉岡亜衣加
10君ノ記憶mao
11想い出はそばに吉岡亜衣加
12はらり吉岡亜衣加
13S.Y.Kmao
14Diamao
15バルバロイarcane
16流れる空にarcane
17この声が届いたらeufonius
18ディヴァニティeufonius
19EXEC_ViiBaCi_霜月はるか
20METHOD_HYMMELI/.片霧烈火
21EXEC_Z/.東川遙
22EXEC_SPHILIA/.みとせのりこ
23EXEC_RIG=VEDA/.みとせのりこ・霜月はるか・片霧烈火・東川遙
24ほんとにほしい魔法の呪文Rita
25mighty!Rita
26なないろの世界茶太
27Bravery〜辿り着きたい君へ〜茶太
28That's"IRONMAN SHOW"JIMANG
29ハレルヤ 〜Bang Bang Body Line〜JIMANG
30消えない欠片霜月はるか
31schwarzweiβ 〜霧の向こうに繋がる世界〜霜月はるか
32導きのハーモニー霜月はるか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/26/news023.jpg ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  2. /nl/articles/2010/25/news016.jpg これが書店員の本気……! “架空の建物の設定本”が気に入りすぎて超精巧な立体POPにしちゃった店員さんがすごい
  3. /nl/articles/2010/25/news010.jpg 畑に里芋を取りに行った夫が「小さな子猫2匹を抱きかかえて帰ってきた」 天使のような“里芋ちゃんズ”がかわいいと人気
  4. /nl/articles/2010/25/news031.jpg 「丼丼パン…丼丼パン……」 あの世界的名曲を表現した作品が「久しぶりにTwitterで笑った」と話題に
  5. /nl/articles/1607/27/news073.jpg 嫁がポケモン捕まえに行ってリアルポケモン(捨て猫)ゲットしてきた 生後1カ月のニャースにメロメロ
  6. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  8. /nl/articles/2010/25/news006.jpg 「ぶっwお客さまwww」 “眼鏡屋でめちゃくちゃ笑われた話”の漫画があまりにもふびん
  9. /nl/articles/2010/25/news015.jpg これはつらい…… いじめっ子が夢の中では仲良くしてくれる漫画に「いい話だけどつれぇ」「ラスト震えた」の声
  10. /nl/articles/2010/26/news004.jpg 眼力鋭いクラスの女子、すごく怖いけど実は…… 不器用な恋を応援したくなる漫画『クラスメイトの田中さんはすごく怖い』