ニュース
» 2011年09月06日 12時10分 公開

第13回:「隠れキャラ」に隠された、プレイヤーをゲームのとりこにするヒミツ(つづき)なぜ、人はゲームにハマルのか?(3/5 ページ)

[鴫原盛之,ITmedia]

 さらに面白いのが、「グーニーズ」の4面に登場する「隠れキャラ」のビックバイパー。その正体は、コナミを代表するシューティングゲームの人気シリーズ「グラディウス」の自機……なのですが、実は「グーニーズ」の発売当時はファミコン版の「グラディウス」はまだ発売されていませんでした(※)。つまり、自社の次回作を宣伝する役割として「隠れキャラ」を利用していたというわけです。これのおかげで、「ファミコン版『グラディウス』の発売日っていつだっけ?」などとソフトの存在が気になったという人も少なからずいたのではないでしょうか? なお蛇足ながら、かく言う筆者も発売日に「グラディウス」を買った一人です(笑)

※筆者注:「グーニーズ」の発売日は1986年2月21日で、「グラディウス」は同年の4月25日に発売されました

画像画像 「グーニーズ」の「隠れキャラ」として最初に登場したビックバイパーは、発売前の「グラディウス」の宣伝にも大いに役立っていたと言えるでしょう

(C)KONAMI 1986
(C)KONAMI 1986
THE GOONIES IS A TRADEMARK OF WARNER BROS. INC.
(C)1985 WARNER BROS. INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 また、今回は写真をご用意していませんが、上記以外にもデータイーストのファミコン用ソフトでは通称volマークと呼ばれる「隠れキャラ」が「B-WING」「バギーポッパー」など複数の作品にまったく同じデザインで登場していました。このvolマークの存在を今でも知っているという人は、きっと当時から相当の「隠れキャラ」事情通だったことでしょうね(イヨッ、隠れキャラ博士〜ッ!)。

まだまだあります! 「隠れキャラ」を巧みに利用したブランディング戦略あれこれ

 ここからは「隠れキャラ」を利用して、とりわけ当時の少年・少女たちにキャラクターだけでなく、メーカー自体の存在をより身近なものにすることに成功した(と、思われる)例を見ていくことにしましょう。

 もっとも分かりやすい例は、ハドソンが1986年に発売したファミコン用アクションゲームの「高橋名人の冒険島」になるでしょう。本作では、途中でゲームオーバーになった後ステージから再開できるコンティニューができるようにするためには、1面の終盤にある「隠れキャラ」をあらかじめ取っておくことが必須条件となります。

 ところで、このコンティニューを可能にする「隠れキャラ」はいったいどんなデザインだったのか、本作を当時プレイした経験のある人であれば今でもおそらく覚えていらっしゃるのではないでしょうか? そうです、その「隠れキャラ」の正体は、他でもないハドソンのシンボルキャラクターである蜂のハチスケでした。当時からテレビCMでもおなじみだったハチスケを、ゲームの中で大きな役割を果たす「隠れキャラ」としても登場させることで、当時の子どもたちはハドソンという社名は容易に忘れることができない単語なったハズです(もちろん筆者もその一人でした)。

画像画像 ハチスケは「高橋名人の冒険島」の「隠れキャラ」として登場。敵の親分のキュラ大王を倒すにあたり、このハチスケには何度も助けられたという人はきっと多いのでは?

(C)1986 HUDSON SOFT

 また、前述したコナミのファミコン用アクションゲーム、「キングコング2」に登場するコナミマン太郎も非常にユニークな仕掛けを施した「隠れキャラ」です。本作では特定の場所にある障害物を破壊するとコナミのシンボルマークが出現するようになっていて、さらにこれを取ると画面外からコナミマン太郎が飛んで来て、見事キャッチできれば主人公のキングコングの体力が全快するという仕組みになっていました。早速、ご用意したムービーでその凝った作り込みぶりをぜひご覧になってみてください!

 実はこのシンボルマーク、同社のホームページによると1986年8月にデザインを新しくしたものですが、本作はこのマークに変えてから最初に発売されたファミコンソフト(※1986年12月18日発売)にあたります。つまり、「隠れキャラ」としてシンボルマークを登場させることによって、ユーザーに対して自社ブランドの認知度向上を図るという狙いがあったものと推測されます。

 ちなみに、今回のところは写真をご用意できませんでしたが、東映動画(現:東映アニメーション)が1986年に発売したファミコン用シューティングゲーム「バルトロン」でも、会社のシンボルマークである帽子をかぶったネコ(通称:ペロマーク)が「隠れキャラ」として登場するアイデアを取り入れていました。

ムービー:「キングコング2」
(C)KONAMI 1986
(C)1986 THE KONG LIVES TM IS A TRADEMARK OF DE LAURENTIIS ENTERTAINMENT GROUP INC. ALL RIGHTS RESERVED
(C)1986 SHOCHIKU-FUJI

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」