ニュース
» 2011年10月27日 10時58分 公開

日々是遊戯:スウェーデンにはパックマンやインベーダーが住み着いている駅があるらしい

ひそかなゲーム開発ゲーム開発大国として知られるスウェーデン。そんなスウェーデンに、ちょっと変わった駅があるのだとか。

[池谷勇人,ITmedia]

こんな駅なら通勤も楽しくなりそう

 スウェーデンの首都・ストックホルムには、壁のタイルがドット絵アートになっている地下鉄駅があるのだそうです。

 描かれているのは、パックマンをはじめインベーダーや土管、スーパーキノコなどファミコン時代を思わせるアイテムやキャラクターたち。キャラクターのサイズがファミコンとは微妙に違うため、どれも若干アレンジされた形となっていますが、そこが逆にイイ味になっています。それでは写真をどうぞ。

画像 ご存じパックマン。なぜか目がある
画像 電車の中からも見えるパックマン。通過するたびについ見てしまいそう

画像 パックマンの先には、かわいいハートのキャラクター。そこにいると食べられますよ
画像 パックマンがいるからには、もちろんモンスターもいます

画像 階段の下には見つめ合う2匹のインベーダー
画像 どこかで見覚えのある土管と雲。いや、煙が出てるからエントツ?

画像 土管があればキノコもある。残念ながら配管工兄弟はいません
画像 こんなところにもキノコ。後ろにチラッと見える雲は「スーパーマリオ2」風?

画像 階段の上にあるバクダンは「ボンバーマン」からの出演?
画像 こんな駅だったら、毎日会社や学校へ通うのも楽しくなりそう

 気になって調べてみたところ、ストックホルム市内にあるThorildsplanという駅なのだそう。スウェーデンと言えば、「Battlefield」シリーズを生み出したDICEをはじめ、「Minecraft」で有名なMojang、「ジャストコーズ」シリーズのAvalanche Studiosなど、前述したとおり実力派ゲームメーカーがひしめき合うひそかなゲーム開発大国。ある意味では実にスウェーデンらしい駅と言えるかもしれませんね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー