ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」は今回が最終回です!ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/5 ページ)

前回に引き続き、6年間の連載の中で、候補に挙がりながら取り上げられなかったゲームについて。今回は、取り上げられなかった理由がこの連載ならではというゲームが中心。連載最終回は第97回です。

» 2012年02月03日 09時36分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

12都市全部行ったことはあるんだよ。行ったことは

画像 秋田県大仙市の刈和野駅前、大綱引きの綱の前にて。実際に綱引きに使われる綱は、これよりさらに太いらしい

 前回は、「時間がかかるし時間が読めないし、時間をかけても結局クリアできないものもあるから、ゲームの記事を書くのは大変だなあ」的なことを書いたけど、今回はまず、この連載ならではの理由で取り上げることができなかったレトロゲームについて書くことにしよう。

 第1回から、「取り上げるゲームにゆかりのある土地へ行って写真を撮る」ことが、この連載の恒例となっていた。もともとは「ゆかりのある土地や、似た景色の場所でゲームをプレイしたら、より臨場感が得られるのではないだろうか?」という実験から始まったもので、「ディグダグ」(ナムコ)や「ファミスタ」(ナムコ)、「F-ZERO」(任天堂)などの記事では、実際にこれを検証している。

 とはいっても、特定の土地にゆかりのあるゲームばかりじゃないので、かなりのこじつけで、ゆかりの土地をでっち上げることも多かった。「超兄貴」(メサイヤ)の、“マッチョな兄貴が出てくるからハママッチョ(浜松町)”はその最たるケースといえる。

 一方で、実在する土地にゆかりのあるゲームでありながら、“その場所に行くのが難しい”という理由から、当連載で取り上げられなかったゲームもかなりある。ゲームそのものには関係のない理由なので、我ながらはなはだ理不尽だとは思うが。

 「センチメンタルグラフティ」(NECインターチャネル)などはその代表格だろう。ゲームの舞台は、札幌、青森、仙台、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、高松、広島、福岡、長崎。全国12の都市に、12人のヒロインが暮らしているのだ。全都市回るのはえらい時間とお金がかかるだろう。まあ、ストックしてある写真を使えば、どこへも行かずに書くことも不可能ではないが。

 日本のかなり広い範囲が舞台となるゲームは、ほかにも「桃太郎電鉄」シリーズ(ハドソン)や、「信長の野望」シリーズ(コーエー)がある。「スーパー桃太郎電鉄」をプレイして、ゲーム内で回ったルートを後日実際に回る、という企画を思いついたのだが、何日かかるか分からないので実行できなかった。

 「電車でGO!」もシリーズ各作品を合わせれば、全国かなりの場所が舞台となっている。第1作に出てくる山陰本線は、現在の嵯峨野観光鉄道のルート。紅葉の時期に行きたかったなあ。個人的には、難易度設定を変えて景色を見ながらだらだらプレイできる「電車でGO! 旅情編」が好きだった。観光案内も充実していたし。

画像 「センチメンタルグラフティ」。事前の広報戦略が奏功し、発売前から注目を集めていた異色のゲーム
画像 「スーパー桃太郎電鉄」。シリーズ第2作だが、その後のシリーズ作品では、このゲームのルールが基礎となっている
画像 「電車でGO!」初級の山陰本線。非電化時代の旧線を、キハ58で走れるようになっている

北海道と沖縄は遠い……

 全国を網羅してなくても、舞台が広範囲にわたっているゲームは取り上げづらかった。例えば、東北地方全域を舞台とした、「独眼竜政宗」(ナムコ)や、「美少女花札紀行 みちのく秘湯恋物語」(フォグ)。「独眼竜政宗」に出てくる全部の城を巡ろうと思ってたけど、大変すぎるので断念した。「太閤立志伝」(コーエー)の舞台探訪をやったことならあるけど、あれもけっこう時間がかかった。

 北海道を舞台とした、「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」(アスキー)、「北へ。」(ハドソン)、「風雨来記」(フォグ)も取り上げられず。なにせ北海道は、日本の面積の20%以上あるだけに、道内の多くの場所で物語が展開するこれらのゲームを、舞台探訪しようとするとえらいことになる。車が運転できればまだいいのだが。運転免許は持っているけど、もう少なくとも15年は運転していない。

 車といえば、全国の高速道路が舞台となる「爆走デコトラ伝説」(ヒューマン)も、舞台となった現地に行きづらい。ゲームシステムもシナリオも雰囲気も独特なゲームなので、取り上げたかったのだが。

 「源平討魔伝」(ナムコ)の舞台も、九州から鎌倉までに及ぶ。まあそれ以前に、わたしはアクションが苦手で、このゲームもほとんど進めなかった。ただ、ファミコン版はRPG風ボードゲームだったので、あれなら何とかなったかもしれない。

 あと、ゲームそのものの舞台ではないが、もし「ドラゴンクエストII」(エニックス)を取り上げることがあったら、沖縄に行きたかった。イメージソング「Love Song 探して」を歌っていた牧野アンナさんが、沖縄アクターズスクールの出身で、後に同スクールのチーフインストラクターを務めておられたからだ。

 あ、でも「Love Song 探して」は、千葉ロッテマリーンズの応援歌に使われていたから、わざわざ沖縄に行かなくても、幕張で良かったのか……。

画像 伊達政宗となって東北地方12か国の統一を目指す「独眼竜政宗」
画像 北海道の観光名所とさまざまなタイプの美少女が多数登場する「北へ。White Illumination」
画像 「爆走デコトラ伝説 男一匹夢街道」。方向キーで車線変更するユニークな操作方法。演歌のBGMが心地良い

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news019.jpg 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  3. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  4. /nl/articles/2405/27/news066.jpg パンイベント中止で被害200万円以上も 出店者「本当に悔しい」「破棄せざるをえない」と強い憤り
  5. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  6. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  7. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  8. /nl/articles/2405/26/news006.jpg 【今日の計算】「81÷9+31」を計算せよ
  9. /nl/articles/2405/27/news030.jpg 大型ワンコが必死で隠す「最愛の小さな友」 190万再生の友情に「なんて優しい組み合わせ」「心から信頼して甘えてる」
  10. /nl/articles/2405/23/news120.jpg 坊主頭を1年伸ばしたら……  “別人レベルの変化”に530万再生 「たった1年でこんなにも変わるんだ」【伊】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評