連載
» 2012年02月03日 09時36分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」は今回が最終回です!ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/5 ページ)

前回に引き続き、6年間の連載の中で、候補に挙がりながら取り上げられなかったゲームについて。今回は、取り上げられなかった理由がこの連載ならではというゲームが中心。連載最終回は第97回です。

[ゲイムマン,ITmedia]

12都市全部行ったことはあるんだよ。行ったことは

画像 秋田県大仙市の刈和野駅前、大綱引きの綱の前にて。実際に綱引きに使われる綱は、これよりさらに太いらしい

 前回は、「時間がかかるし時間が読めないし、時間をかけても結局クリアできないものもあるから、ゲームの記事を書くのは大変だなあ」的なことを書いたけど、今回はまず、この連載ならではの理由で取り上げることができなかったレトロゲームについて書くことにしよう。

 第1回から、「取り上げるゲームにゆかりのある土地へ行って写真を撮る」ことが、この連載の恒例となっていた。もともとは「ゆかりのある土地や、似た景色の場所でゲームをプレイしたら、より臨場感が得られるのではないだろうか?」という実験から始まったもので、「ディグダグ」(ナムコ)や「ファミスタ」(ナムコ)、「F-ZERO」(任天堂)などの記事では、実際にこれを検証している。

 とはいっても、特定の土地にゆかりのあるゲームばかりじゃないので、かなりのこじつけで、ゆかりの土地をでっち上げることも多かった。「超兄貴」(メサイヤ)の、“マッチョな兄貴が出てくるからハママッチョ(浜松町)”はその最たるケースといえる。

 一方で、実在する土地にゆかりのあるゲームでありながら、“その場所に行くのが難しい”という理由から、当連載で取り上げられなかったゲームもかなりある。ゲームそのものには関係のない理由なので、我ながらはなはだ理不尽だとは思うが。

 「センチメンタルグラフティ」(NECインターチャネル)などはその代表格だろう。ゲームの舞台は、札幌、青森、仙台、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、高松、広島、福岡、長崎。全国12の都市に、12人のヒロインが暮らしているのだ。全都市回るのはえらい時間とお金がかかるだろう。まあ、ストックしてある写真を使えば、どこへも行かずに書くことも不可能ではないが。

 日本のかなり広い範囲が舞台となるゲームは、ほかにも「桃太郎電鉄」シリーズ(ハドソン)や、「信長の野望」シリーズ(コーエー)がある。「スーパー桃太郎電鉄」をプレイして、ゲーム内で回ったルートを後日実際に回る、という企画を思いついたのだが、何日かかるか分からないので実行できなかった。

 「電車でGO!」もシリーズ各作品を合わせれば、全国かなりの場所が舞台となっている。第1作に出てくる山陰本線は、現在の嵯峨野観光鉄道のルート。紅葉の時期に行きたかったなあ。個人的には、難易度設定を変えて景色を見ながらだらだらプレイできる「電車でGO! 旅情編」が好きだった。観光案内も充実していたし。

画像 「センチメンタルグラフティ」。事前の広報戦略が奏功し、発売前から注目を集めていた異色のゲーム
画像 「スーパー桃太郎電鉄」。シリーズ第2作だが、その後のシリーズ作品では、このゲームのルールが基礎となっている
画像 「電車でGO!」初級の山陰本線。非電化時代の旧線を、キハ58で走れるようになっている

北海道と沖縄は遠い……

 全国を網羅してなくても、舞台が広範囲にわたっているゲームは取り上げづらかった。例えば、東北地方全域を舞台とした、「独眼竜政宗」(ナムコ)や、「美少女花札紀行 みちのく秘湯恋物語」(フォグ)。「独眼竜政宗」に出てくる全部の城を巡ろうと思ってたけど、大変すぎるので断念した。「太閤立志伝」(コーエー)の舞台探訪をやったことならあるけど、あれもけっこう時間がかかった。

 北海道を舞台とした、「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」(アスキー)、「北へ。」(ハドソン)、「風雨来記」(フォグ)も取り上げられず。なにせ北海道は、日本の面積の20%以上あるだけに、道内の多くの場所で物語が展開するこれらのゲームを、舞台探訪しようとするとえらいことになる。車が運転できればまだいいのだが。運転免許は持っているけど、もう少なくとも15年は運転していない。

 車といえば、全国の高速道路が舞台となる「爆走デコトラ伝説」(ヒューマン)も、舞台となった現地に行きづらい。ゲームシステムもシナリオも雰囲気も独特なゲームなので、取り上げたかったのだが。

 「源平討魔伝」(ナムコ)の舞台も、九州から鎌倉までに及ぶ。まあそれ以前に、わたしはアクションが苦手で、このゲームもほとんど進めなかった。ただ、ファミコン版はRPG風ボードゲームだったので、あれなら何とかなったかもしれない。

 あと、ゲームそのものの舞台ではないが、もし「ドラゴンクエストII」(エニックス)を取り上げることがあったら、沖縄に行きたかった。イメージソング「Love Song 探して」を歌っていた牧野アンナさんが、沖縄アクターズスクールの出身で、後に同スクールのチーフインストラクターを務めておられたからだ。

 あ、でも「Love Song 探して」は、千葉ロッテマリーンズの応援歌に使われていたから、わざわざ沖縄に行かなくても、幕張で良かったのか……。

画像 伊達政宗となって東北地方12か国の統一を目指す「独眼竜政宗」
画像 北海道の観光名所とさまざまなタイプの美少女が多数登場する「北へ。White Illumination」
画像 「爆走デコトラ伝説 男一匹夢街道」。方向キーで車線変更するユニークな操作方法。演歌のBGMが心地良い

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/23/news010.jpg 会社のオンライン朝礼に子猫も参加した結果 永久にちょっかいを出し続ける自由ほんぽうっぷりがかわいい
  3. /nl/articles/2201/24/news018.jpg ハムスターが自分のアクリルスタンドを見てとったポーズが…… 飼い主が爆笑した奇跡の2ショットに「変な声でたw」と笑いが集まる
  4. /nl/articles/2201/24/news074.jpg 「イケメンの日ってことに」 井手上漠、珍しい“男子風”ノーメイクに「菅田将暉くんに似てる」の声
  5. /nl/articles/2201/23/news011.jpg 「好きだから」とクラスメイトに監禁されて ストーカー女子を描いたホラー漫画が真相を知るともっとホラー
  6. /nl/articles/2201/24/news026.jpg 重要な商談で盛大なやらかし! 同僚へのドッキリ用「ビリビリ電気ペン」が悲劇を生んだエピソードに「申し訳ないけどめちゃくちゃ笑った」
  7. /nl/articles/2201/19/news160.jpg 疲れたOLがゲーセンでやさぐれヤンキーに懐かれる漫画が平和で癒やし 気付けば家で一緒にゲームをする仲に
  8. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  9. /nl/articles/2201/23/news016.jpg 兄猫「ぺちっ」子猫「や、やられたぁ〜!」 優しい猫パンチでコテっと倒れる弟猫がアニメのようでいとおしい
  10. /nl/articles/2201/22/news055.jpg 平愛梨、夫・長友佑都の勘違いにかわいい“対策”発動 「懐が大きいなぁ〜」「長友さんは幸せもん」とファン絶賛

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」