8カ月かけて作ったゲームが、もしもたった82本しか売れなかったら――日々是遊戯

「オプーナ」の初週2500本、「エブリパーティ」の641本など、ゲーム業界には多くの「売れなかった伝説」がある。しかし、それらを上回る伝説を打ち立ててしまった男がいた……。

» 2012年03月22日 15時27分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

悲しみを背負った男、ゲイムマン

 連載「レトロゲームが大好きだ」でもお馴染みの、覆面ゲームライター・ゲイムマン(@geimman)がTwitterで落ち込んでいる。昨年配信したケータイ用ゲーム「横浜妖精奇譚」が半年で82本しか売れておらず、当初は3作目まで作る予定だったのが、完全に白紙に戻ってしまったという。

 あまりにもかわいそうだったので、電話で直接お話をうかがってみた。

―― ええと、大変聞きにくいのですが、82本というのは本当の数字ですか?

ゲイムマン 本当です。月末にならないとその月の販売本数が出ないんですが、少なくとも先月末の時点では82本でした……。

 「82本」という数字はゲイムマン本人が、フォロワーとのやりとりの中で明かしたものだ。発売前は「TGS(東京ゲームショウ)にも出したし、悪くても1000本、うまく転がれば1万本くらいは……」と期待していたが、現実はそう甘くなかった。

画像 2月に最終回を迎えた「レトロゲームが大好きだ」より

 「横浜妖精奇譚」は、以前東京ゲームショウに出展した際にも紹介している。昭和61年の横浜を舞台とする、昔ながらのコマンド選択式アドベンチャーゲームで、あえてファミコン初期のようなレトロなドット絵と雰囲気にこだわった。

―― どうして売れなかったんでしょう。

ゲイムマン やっぱり告知の少なさと、携帯電話用アプリというプラットフォームを選んでしまったことですかね。ゲーム内容のせいではなかった、と思いたいです……。

 実は筆者もTGSの後で遊ばせてもらったのだが、決して悪いゲームではなかった。

 わざわざカタカナの「パピプペポ」を使わずにテキストを書いていたり(昔のゲームは容量を節約するため、使用頻度の低いカタカナフォントを削ったりしていた)、あえて背景を「一枚絵」にせず、8×8のマップパーツの組み合わせで表現していたり(これも容量を節約するためによく採られた手法)と、よくある「レトロゲーム“風”」ではなく、嘘偽りのない、本当の「レトロゲーム」を目指したのがよく分かる。

 時代考証にもこだわり、徹底して「昭和61年の空気」を再現した。だからゲーム中には一切、昭和62年以降の話題やネタは出てこない。遊ぶ人は選ぶが、刺さる人には刺さる、そういうゲームだ。

画像画像 「ポートピア連続殺人事件」を思わせるレトロなグラフィック。シナリオ、スクリプト、グラフィック含め、ほぼゲイムマンが1人で開発している

画像画像 物語は全8章。基本はコマンド選択式のアドベンチャーゲームだが、途中でパズルのような謎解きが挿入されたり、迷路のようなダンジョンを冒険したりもする

―― そもそもどういう経緯で作ることになったんですか?

ゲイムマン もともとゲームは作りたかったんですよ。それと当時、ちょうど女の人に振られてものすごく落ち込んでいて、そのとき抱えていたものを全部ゲーム開発にぶつけようと思ったんです……。

 シナリオ、グラフィック、スクリプトなど、開発はほぼすべてゲイムマン1人で行った。ゲーム中にはアイドルや美少女の姿を借りた「妖精」たちが何人も出てくるが、これらはすべて過去、ゲイムマンの周りを通り過ぎていった女性たちを投影したものだ。悲しい、悲しすぎるぞゲイムマン……!

―― PCやiPhoneに移植したりはしないんですか?

ゲイムマン 実はそう思って先日、VectorでWindows用体験版の配信を開始しました。フルバージョンも現在準備中です。

 おお! ゲイムマンによると、PC版は携帯アプリ版の忠実な移植で、体験版では全8章のうち4章まで遊ぶことができるとのこと。製品版もほぼ完成しており、こちらもまもなく配信予定だ。

 先ほども書いたとおり、決して悪いゲームではないし、このまま話題にならず忘れられてしまうのはあまりにも惜しい。好みは分かれるだろうが、世が世なら「21世紀の現代にあえて“昭和61年”を完全再現しようとした奇ゲー」として語り継がれたかもしれない作品だ。

 出したゲームについて「クソゲー」だと叩かれるのは悲しいが、話題にもならず忘れられていくのはもっと悲しい。ましてそれが良作だったらなおさらだ。

 もしもこれを読んで「横浜妖精奇譚」に興味を持った人がいたら、ぜひプレイしてみてほしい。携帯電話版(docomo、Softbank対応)は315円にて配信中、PC用体験版はVectorにて無料配信中だ。

画像 Twitterでもたびたびボヤいていたゲイムマン。これで少しでも元気を出してくれればいいのだが……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」