ニュース
» 2012年03月07日 00時19分 公開

あなたの「時間」を寄付しませんか――「CollaVol」が目指すボランティアの新形態

3月3日にオープンしたばかりの「CollaVol(コラボル)」(β版)というサイトが興味深い。募集中のプロジェクトに「コラボル!」ことで、あなたの時間を寄付することができる。

[ITmedia]

 お金のかわりに、あなたの「時間」を寄付しませんか――。「CollaVol(コラボル)」は、そんな発想・理念から生まれたソーシャル・ボランティア・プラットフォームだ。3月3日にβ版が公開されたばかりで、TwitterやFacebookなどを通じて現在、少しずつ参加者を増やしつつある。

画像

 CollaVolでできることは大きく分けて2つ。「ボランティアの募集」と、「ボランティアへの参加」だ。トップページには現在募集中のプロジェクトが表示されており、利用者はその中から自分に合ったものをクリックし、参加を表明する。参加すると、マイページ内の「ボランティア履歴書」に参加履歴が書き込まれていく。

 各プロジェクトには活動日時や場所、活動内容などのほか、「あなた1人の参加が、何円相当の寄付にあたるのか」も記載されている。例えば代々木公園〜表参道のゴミを拾うボランティア「シャボン玉ゴミュニケーション」の場合、2時間の参加で2000円の寄付に相当。この金額は実際にもらえるわけではないが、履歴書には「合計寄付相当金額」として書き込まれていく。他のユーザーに履歴書を公開することもできる。

画像 CollaVolに登録すると見ることができる「履歴書」。活動履歴の蓄積がモチベーション維持につながる

 プロジェクトの申請は個人/団体を問わず誰でも可能。プロジェクトは一定の手順を経て承認され、サイトに反映される仕組みのようだ。

 ボランティアのタイプには「オンライン」と「現地」の2種類があり、先ほどの「シャボン玉ゴミュニケーション」などは「現地」に分類される。「オンライン」は文字通りオンライン上で手伝うことができるボランティアで、今だと「社会福祉NPOのリーフレットデザイン(5時間で2万円相当)」、「こどもの教育支援NPOのFacebookページ作成(3時間で5000円相当)」などがある。参加を表明するとメールで詳細が届き、あとはPC上で作業することができる仕組みだ。上記2つはどちらもPCスキルが必要だが、例えば今後「キャッチコピーを考える」のようなものなら、誰でもちょっと「頭を使う」だけで参加することができそうだ。まさに「時間を寄付する」感覚といえる。

画像 現在募集中のプロジェクトのひとつ。活動内容は「教育支援NPOのFacebookページ作成」で、自宅のPCからでも参加することができる

「履歴書」に参加履歴や金額が書き込まれていく点など、ゲーミフィケーションのような要素もある。参加者はまだ多くはないが、TwitterやFacebookでは「時間を寄付という発想が面白い」など好意的なコメントも多く、今後注目を集めそうなサービスではないだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響