ニュース
» 2013年11月03日 18時23分 公開

艦これ提督にお勧めしたい「ゲームマーケット 2013秋」ウォーゲームブースツアーこんなニッチ情報、やるのはここだけ(2/2 ページ)

[長浜和也,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

よくぞここまでがんばった! ベテランぞろいの企業ブース

アナログゲームショップ「a-game」(ブース番号:11)

 ウォーゲーム専門誌「コマンドマガジン日本版」などを発行している国際通信社のブース。ウォーゲームが付録のコマンドマガジンバックナンバーや、オリジナルのウォーゲーム、そして、普段販売していない“はがきサイズ”ゲームなどを販売している。

 艦これ提督的には、空母戦ウォーゲーム「日本機動部隊」とウォーゲームハンドブック2012「太平洋空母決戦 ISOROKU'S WAR 1941-1943」、そして、コマンドマガジンバックナンバーの第90号「ソロモンズ・キャンペーン」、第88号「アリューシャン・キャンペーン」、第107号「珊瑚海海戦ソリティア」などが興味を引くタイトルだろう。

ゲームマーケット2013春で販売していた「日本機動部隊」と「Race to Kyoto:1946」

サンセットゲームス(ブース番号:28)

 ウォーゲーム専門誌「プラン・サンセット」も出版している(いた?)ウォーゲームショップで、コマンドマガジン以外にゲームジャーナル、シックズ・アングルズのバックナンバーを販売している。ゲームジャーナルバックナンバーでは、艦これ提督的に39号「真珠湾強襲」と37号「Iron Bottom Sunset Sky」、24号「レイテ湾強襲」に注目だ。

書泉(ブース番号:23)

 店舗で扱っているゲームの販売を行っており、その中に、海外ウォーゲームや海外ウォーゲーム専門誌、そして、国内ウォーゲーム専門誌バックナンバーも並んでいる。

コンパクトで気軽に遊べるウォーゲームもたくさんあるある同人ブース

グループ乾坤一擲(ブース番号:110)

 SFアニメ大集合の艦隊戦カードゲームが主力製品だが、そのシステムのベースとなった現代海戦カードゲーム「MODERN NAVAL WAR イージーっす!」や、太平洋戦争空母戦を扱った日本空母戦記シリーズの「日英決戦! インド洋」を、残部わずかながら販売する予定だ。

TDF:TachibanaDesignersFactory(ブース番号:116)

 ウォーゲームは販売していないが、“一年戦争的な何か”をベースにしたウォーゲームや、“超警備隊的な何か”をベースにしたカードゲームで人気の高いデザイナーのブースだ。誌面で詳しく紹介することができないが、ウォーゲームに興味があるなら、立ち寄ってみてほしいポイントであったりする。

118 盆栽ゲームズ(ブース番号:118)

 “宇宙戦艦的な何か”をベースにしたウォーゲームシリーズが人気の同人レーベルだが、史実的ウォーゲームでも2013春で出展した「アフリカ!」「NORWAY」が“プロのような品質”で高く評価されている。2013秋では、“宇宙戦艦的な何か”のウォーゲーム5タイトルや残部少数ながらNORWAYを販売する予定だ。

 また、入門用ゲームとして開発した「ガザラの戦い」や“2013春”で無料配布した“戦車&娘”的なカードゲーム「イングロリアス・パンツァーズ」も配布する予定。艦これ提督的には、“ブイン基地”があるブーゲンビル島の陸戦ウォーゲームがついてくる「このシミュゲがすごい 2013年版」も気になるところだ。さらに、委託販売では、“アジアの独裁国家”が主役の外交(はったり?)をシミュレートするカードゲームも販売する予定だ。

ゲームマーケット2013春で販売していた「NORWAY!」と「このシュミゲがすごい 2013」、その付録のブーゲンビル島の陸戦ウォーゲーム「A STEP TO VICTORY」、そして、「太平洋空母決戦 ISOROKU'S WAR 1941-1943」が付録の「ウォーゲームハンドブック2012」

さいたまオフライン(ブース番号:119)

 ウォーゲームサークルとして積極的に情報を発信しているグループで、“購入しやすい低価格”がコンセプトのウォーゲーム専門誌「SLGamer」も定期的に発行している。2013秋の最新作は「SLGamer vol.10 フランス解放戦線」だが、その前作「SLGamer vol.9 第二次ソロモン海戦」も艦これ提督的には興味深い空母戦ウォーゲームだ。

ゲームマーケット2013春で販売していた「SLGamer vol.9」は第二次ソロモン海戦を扱ったウォーゲームが付属する。これでイベント販売価格500円(写真=左)。委託販売では、はがきサイズのミニゲームながらルールは本格的な空母戦ウォーゲーム「はがきのミッドウェイ」も販売していた(写真=右)

i-OGM/BOARDWALK(ブース番号:120)

 ウォーゲーム雑誌は発行していないが、日本でも早い段階でウォーゲームの販売を手がけていた岡山のゲームショップだ。ゲームマーケットでも、毎回国内外のウォーゲームのほか、ウォーゲーム専門誌のバックナンバーなどに加えて、入手困難な“同人サークルのウォーゲーム”を多数扱っている。

i-OGM/BOARDWALKのブースでは、同人デザイナーのウォーゲームの積極的に取り扱っている。「AFRICAN FLEET」にはソマリア海域の海賊警備を扱うシナリオも収録している。「オレンジのなる頃に」は西太平洋海域における武力衝突をシミュレートする

ルーデンス・ファベル(ブース番号:339)、その他

 価格600円(一部1200円)のコンパクトウォーゲームを多数発表しているデザイナーグループで、平安時代から戦国時代をカバーする多数のウォーゲームラインアップをそろえる。尖閣諸島における海上警備をテーマにしたウォーゲームも発表している。

 このほかにも、平田晋策著作集刊行会(ブース番号:333)やマケドニア本舗(ブース番号:334)、千葉クラブ(ブース番号:337)、富士家商店(ブース番号:340)でも、オリジナルデザインのウォーゲームを扱っている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…