ニュース
» 2014年08月19日 08時30分 公開

艦これ艦娘“作戦的”プロフィール「ミッドウェー海戦」編南雲さんはあまり悪くないと思う

現場の視点で考えるならば、南雲さんばかりを責められないよねー。

[長浜和也,ねとらぼ]

「艦これ」で発動中の夏イベント「MI」(ミッドウェー島攻略作戦)/「AL」(アリューシャン列島攻略作戦)2正面作戦にちなんで、真珠湾作戦からミッドウェー海戦に至るまでの、空母が主役となる主要な作戦を「超ざっくり」と解説しよう。


情報の共有は大事ということで

 1942年6月5日、日本海軍はミッドウェー島北方海域で航空母艦の「赤城」「加賀」「飛龍」「蒼龍」を失った。迎え撃ったのは米空母の「エンタープライズ」「ホーネット」、そして、日本海軍が1カ月前の珊瑚海海戦で沈めたと考えていた「ヨークタウン」、さらに、ミッドウェー島に配置した空母1隻分の航空機だった。

「艦これ」の赤城、加賀
「艦これ」の飛龍、蒼龍

 日本の空母機動部隊司令部は、米空母はミッドウェー島を占領してから出撃してくると考えていた。さらに、その考えを覆す情報を伝えられてもいなかった。そして、そのことを知らなかったのは、空母機動部隊だけだった(後方の大和に座乗していた連合艦隊司令部は把握していたが、情報を共有していなかった)。

 だから、ミッドウェー島基地を攻撃した指揮官の友永丈市海軍大尉から「第2次攻撃の要あり」と報告が来たとき、艦船攻撃用に控えていた航空機の武装を陸上攻撃用に変更したのも当然といえば当然。それまで、ラバウル攻略のときもインド洋作戦のときも北オーストラリア空襲のときも米空母はいなかったのだから。

 その後、空母機動部隊は米空母とミッドウェー基地から出撃した米航空部隊の攻撃を受けながら、重巡「利根」の索敵機が発見した敵空母を攻撃するため、いったん陸上攻撃に変更した武装を対艦攻撃用に再度変更する。さらに、それまでの戦闘ですべて出撃していた零式戦闘機と、ちょうどそのとき戻ってきたミッドウェー基地攻撃隊を収容する作業を行った。

 このとき、第2航空戦隊司令の山口多聞海軍少将が(武装変更や帰還部隊の収容よりも)「攻撃隊即時出撃」するよう進言しているが、南雲忠一司令長官はそれを退けている。後世の作戦研究者はこの判断を強く非難するが、それまで、日本艦隊を攻撃していた米航空隊の多くが、護衛の戦闘機がないため零戦に撃墜されるのを見ていた司令部が、護衛の零戦の準備を優先したのも当然かもしれない。

 しかし、この後、米急降下爆撃機の奇襲を受けて発艦直前の攻撃隊が誘爆し、赤城、加賀、蒼龍が戦闘不能になる。最初に沈んだのは最も多くの爆弾が命中した加賀。次いで、蒼龍が沈んだ。加賀は米潜水艦「ノーチラス」の雷撃も受けている。そして、なかなか沈まず、一時は敵艦隊方面に疾走し始めた「赤城」は、「嵐」「舞風」「萩風」「野分」による雷撃処分で沈んでいった。

 発艦運動で一人離れていた飛龍は、米空母に単独で反撃を開始する。第1次攻撃と第2次攻撃で“すべての”米空母に損害を与えたと思ったそのとき、艦上偵察機として試験的に搭載していた「二式艦上偵察機」が第3の空母を発見する。2回の攻撃で大きな損害受け、わずかに残った航空機で昼間の攻撃は効果がないと判断し、夕暮れまで出撃を待ってしまう。その隙をついて、米急降下爆撃機の攻撃を受けて飛龍も炎上し、空母部隊は全滅した。

 飛龍は総員退艦ののち、「巻雲」が雷撃処分を行った……が、飛龍はその後しばらく沈まず、状況確認のため飛来した「鳳翔」搭載機が飛行甲板に機関科生存者を発見、駆逐艦「谷風」が救助に向かったが、飛龍を発見できなかった。

 飛龍が2隻の空母を攻撃したと思ったのは、すべて「ヨークタウン」だった。ヨークタウンは大きな損害を受けたが航行可能で、今回も生還できるかと思ったときに、伊168の雷撃を受けて沈没する。

ボードウォーゲーム「太平洋戦史」でMI作戦に参加した主力艦(空母、戦艦、重巡)を並べてみる。6月4日の空母戦だけで考えると両軍ほぼ互角。太平洋戦史では陸上機を排除できるのは空母だけで、空母が全滅するとどれだけ戦艦と重巡が優勢でも撤退するしかない。それは、現実の海軍作戦でも同様で、空母4隻を失った日本軍は撤退するしか道はなかった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」