ニュース
» 2014年09月16日 15時06分 公開

愛・地球博の「モリゾーとキッコロ」に会いたい!あの急上昇ワードは今

森に帰ったの?

[雑賀康治(Yahoo! JAPAN),ねとらぼ]

 2005年に開催された「愛・地球博」。その中で特に印象に残っているのが、子どもたちを中心に絶大な人気を博した「モリゾーとキッコロ」です。あれから9年経ちましたが、今でも会うことができるのでしょうか? さっそく愛・地球博が開催された愛知県に向かいました。

「海上(かいしょ)の森」

 最初に向かったのは、「モリゾーとキッコロ」が住んでいるとされる愛知県瀬戸市の「海上(かいしょ)の森」。案内図を見る限りかなり広大な森で、この中から見つけ出すのは大変そうです。

モリゾーキッコロ

 また30度を超える猛暑ということもあり、早くも戦意喪失気味ですが、気力を振り絞り出発。

 遊歩施設入口から階段を上って、

モリゾーキッコロ

上って、

モリゾーキッコロ

 行き止まり。ここで体力の大半を失う。

モリゾーキッコロ

 気を取り直し、遊歩道の入口を発見。

モリゾーキッコロ

 森に入るも、あまりの広大さと序盤の体力消耗が大きく響き、早々に断念しました。

モリゾーキッコロ

「八草駅」

 続いて向かったのは愛・地球博のアクセス拠点となった「八草駅」。ちなみに当時は、「モリゾーとキッコロ」の立派な植え込みがあったようです。

 到着してすぐ、愛・地球博の記念碑が目に入ってきたのですが、

モリゾーキッコロ

 植え込みも撤去され、当時の面影はありませんでした。ここにはいなそうです。

モリゾーキッコロ

「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」

 最後に向かったのは、「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」。

モリゾーキッコロ

 公園の西側から入場すると、「モリゾーとキッコロ」の植え込みがお出迎え。「モリゾー」の目つきが少し悪いのが気になりますが、それ以上に気になるのが「キッコロ」。

モリゾーキッコロ

 激しく劣化しています。

モリゾーキッコロ

 公園の北側にも植え込みがあるとのことで移動。こちらの「モリゾー」は、おだやかな表情です。

モリゾーキッコロ

 一方の「キッコロ」ですが、こちらも激しく劣化しています。

モリゾーキッコロ

 その後、公園内を探し回りましたが、どこに行っても「モリゾーとキッコロ」は見当たりません。結局、会うことはできないのかとあきらめかけていたそのとき、人だかりを発見。

モリゾーキッコロ

 近づいてみると、なんと「モリゾーとキッコロ」がいるではありませんか! ようやく会えました。

モリゾーキッコロ

 一緒に写真撮影もできるそうで、行列ができています。

モリゾーキッコロ

 さっそく行列に並び、待つこと数分。いよいよ順番です。通常、スタッフにカメラを渡し一緒に記念撮影というパターンですが、「モリゾーとキッコロだけの写真を撮らせてください」とお願いし撮影開始。

モリゾーキッコロ 「なぜ、この人は、愛・地球博から9年たった今、モリゾーとキッコロにここまで熱くなっているのだろうか」という視線を感じつつ撮影した写真

 撮影が終わりしばらくすると「モリゾーとキッコロが、森に帰ります」とのアナウンス。その場にいた人たちに見送られながら、静かに建物の中へ消えていきました。

 ありがとうモリゾー。ありがとうキッコロ。森はそっちじゃないよ。

モリゾーキッコロ

モリゾーキッコロ

モリゾーキッコロ



結論:「モリゾーとキッコロ」は、「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」で会える



「あの急上昇ワードは今」は、Yahoo!での検索数が急上昇し話題になった“あのワード”が現在はどうなっているのか調査するコラムです。


(C)Yahoo Japan


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」