ニュース
» 2016年02月16日 15時50分 公開

なぜ「全日本選抜剣道七段選手権大会」はクラウドファンディングでの資金調達に踏み切ったのか

お金では買えない「最高の舞台」。

[Glycine,ねとらぼ]

 大学生剣士の活躍や、昨年日本で開催された世界選手権大会で注目度が高まる剣道。クラウドファンディングサイト「READYFOR」で、「全日本選抜剣道七段選手権大会」開催のための支援を呼びかけたプロジェクトが、剣道ファンの間で話題となりました。

七段戦試合 最高峰の剣道が、ここで見られる!(写真提供=剣道時代)

 「全日本選抜剣道七段選手権大会」とは、全日本選手権大会、世界選手権大会、警察大会、教職員大会など、主要な大会で実績を持つ七段の選手から、より抜きの16人が円熟の技を発揮する貴重な機会。

 2006年を最後に途絶えていましたが、月刊誌「剣道時代」500号刊行を記念して、同誌と神奈川県剣道連盟との共催で通称「横浜七段戦」として2014年に復活し、今回が3回目となります。

 この大会、かつて「剣豪丸目蔵人顕彰全日本選抜剣道七段選手権大会」として熊本県錦町で開催されていたころから、神奈川県で復活した現在に至るまで、毎回選手の顔ぶれがとにかくすごい。例えば今回は、世界選手権団体優勝3回、全日本選手権2連覇、警察大会優勝4回の高鍋進(高ははしごだか)教士七段や、世界選手権団体優勝2回、全日本選手権優勝、警察大会優勝の寺本将司教士七段と木和田大起錬士七段など、輝かしい戦歴の剣士が結集。審判員も教士八段以上の高名な先生方が名を連ねています。

トーナメント表 トーナメント表,(画像は剣道時代Facebookより)

 極め付きは、かつて兄弟で日本一のタイトルを争った宮崎正裕・史裕教士八段が、和装・日本刀で行う「日本剣道形」の公開演武。剣道ファンが歓喜の雄たけびを上げそうなメニューなのに、入場料は無料。三ツ星シェフの高級フレンチを、タダでお腹いっぱい食べられるのに等しいこの企画。入場料を取っても十分に集客できる内容なのに、なぜクラウドファンディング? という素朴な疑問を、月刊「剣道時代」編集長、小林伸郎さんにぶつけてみました。

宮崎兄弟公開演武 一生忘れられないレベルの演武

―― この顔ぶれなら、入場料を取って開催できそうですが?

小林 現在会場となっている神奈川県立武道館は、一杯になってもせいぜい400人程度。一人2000円取ったとしても80万円にしかなりませんし、狭い会場の板敷きに座る皆さまからお金をいただくことは難しいと思います。数千人規模の会場で入場料を取るとしても、設営費や人件費がかかってしまう。規模を大きくすると続かないため、このような形となりました。

会場 小学校の体育館くらいの広さの会場には、ベンチが数列あるだけで、開場直後にはすでに満員。あぶれた観客は、ベンチのすき間から立ち見、または道場の板敷きに座って観戦します

―― クラウドファンディングを活用した経緯は?

小林 大会の運営費は、神奈川県剣道連盟の支部連盟からの協賛金とスポンサー様からの広告費、DVDや雑誌の売り上げなどから捻出していますが、個人的にクラウドファンディングという方法があることは知っており、神奈川県剣道連盟とも相談の上、足りない部分を補うためにやってみようということになりました。

 目標額100万円は達成でき、宣伝効果も大きかったと思います。次回もクラウドファンディングを活用する可能性はありますね。


 同大会では、観客の静止画撮影はOKでしたが動画はNG。DVDの売上が貴重な大会の存続に関わる苦しい運営の現状は、ファンにもよく理解され支持されているようです。実際に現地で観戦して、ファンがダイレクトに開催を支える手作り感、臨場感を肌で感じられる大会だと実感できました。

試合 ピンと張り詰めた緊張感が漂う静かな試合場に、選手の渾身の気合、ぶつかり合う竹刀の音、踏み込む足音が響きます

 「第一試合から決勝戦」のコンセプト通り、4つのリーグ戦はすべて「死の組」。実力も実績も伯仲した選手たちが繰り広げる熱戦は、例えばこんなシーンの連続でした。

 小柄な鈴木選手のシルエットが、一瞬のうちに大柄な寺本選手の懐に吸い込まれるや、深々と胴を抜いたBリーグの一戦、まっすぐに安藤選手の喉元を突くお手本のような木和田選手の美技にどよめきが起こるCリーグの一戦。

 そして高鍋選手対鈴木選手の決勝戦。延長の末、鈴木選手の面に対し一瞬速く小手を打ち切った高鍋選手が2連覇達成!

高鍋選手(高ははしごだか)の突き 優勝した高鍋選手(高ははしごだか)の見事な突き(写真提供=剣道時代)


 全日本選手権や世界選手権以上に、爽やかさすがすがしさが感じられた大会でしたが、小林さんは、「七段戦は、皆実績を持っている選手ばかり。勝ち負けにこだわることなく最高の技を発揮することを心がけているのだと思います」と話しています。


 昼の部の始めに披露された「幼児剣道 湘南やまゆり学園 横浜あすか幼稚園」の公開演武では、100人もの園児たちが、指導者の指揮の下、太鼓のリズムに合わせて、雑巾掛けから素振りまで剣道稽古の形を演じる。最高峰の剣士の試合にも引けを取らないパフォーマンスでした。

幼児剣道演武 幼い子どもたちの笑顔が印象的

閉会後選手たちの記念撮影 クラウドファンディングの支援者には、選手たちと記念撮影できる特典も(写真提供=剣道時代)

 今月末には、「剣道時代」から「横浜七段戦」特集号とDVDが発売されます。「見るコンテンツ」としても楽しい剣道の試合、塞いだ心も晴れ晴れとすること間違いなし、ですよ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい