ニュース
» 2016年02月25日 16時37分 公開

ハッシュタグ「今の人にはわからない昔の携帯」がガラケー時代のユニーク端末博覧会と化す

日本の携帯電話がガラパゴスと呼ばれた理由を再確認。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 総務省の平成26年版情報通信白書によると、日本のスマートフォン保有率は5割強に達している一方、フィーチャーフォン(ガラケー)の保有率は、スマートフォンとの併用者と合わせて3割弱。ガラケー文化の支持者はまだ一定数存在することがうかがえます。こうした背景があってか、Twitterのハッシュタグ「#今の人にはわからない昔の携帯」が、ガラケー全盛期の端末を懐かしむツイートで賑わっています。

 寄せられたツイートには、携帯電話普及初期のプリミティブなものから、比較的新しく画期的な機能を備えたものまで、ユニークな端末画像が多数。タッチパネル入力を先取りしていたり、光学式ズームのハイビジョンカメラを搭載していたり、モバイル版でないWindows 7がPCと同様に動作したりと、ガラパゴスというよりもむしろ、恐竜的進化を感じさせます。



 その一方で、「ケータイ捜査官7」に登場する、携帯電話から変形するロボット「フォンブレイバー」や、「仮面ライダー555」の変身アイテム「ファイズフォン」など、携帯電話をフィーチャーした特撮作品関連のツイートも多数。「フォンブレイバー」には玩具でなく、実際に携帯電話として使える製品もありました。情報端末が特撮ヒーローの変身アイテムの定番になったのもこのころからですね。



 スマートフォンは操作環境や機能の大半がOSとアプリに依存するため、機種ごとの独自性は薄まりました。それ以前の、各メーカーが独自の機能やデザインに注力し、しのぎを削っていた時代のほうが、ユニークな製品が生まれやすかったのかもしれません。




(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む