ニュース
» 2016年05月10日 06時00分 公開

「ゴッホとゴーギャン展」が10月から東京都美術館で開催 2人の共同生活が互いの作品に与えた影響を探る

2017年1月から愛知県美術館でも開催されます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 今秋から来春にかけて、「ゴッホとゴーギャン展」が催されます。まず10月8日から12月18日まで、東京都美術館にて東京展が開催。続いて2017年1月3日から3月20日まで、愛知県美術館にて愛知展が開催されます。


特設サイト 「ゴッホとゴーギャン展」特設サイト

 展覧会の軸となるのは、フィンセント・ファン・ゴッホとポール・ゴーギャンの、南フランスのアルルにおける共同生活。2人の初期作品から、共同生活後の歩みまでを展観し、互いが与え合った影響を探ります。


ゴーギャンの椅子 ゴーギャンの部屋にあったアームチェアを、ゴッホが描いたと言われる「ゴーギャンの椅子」(画像は東京都美術館のサイトより)

 東京展の観覧料は、一般1600円、学生1300円、高校生800円、65歳以上は1000円。開室時間は9時30分から17時30分までで、月曜日および10月11日が休室日となっています。現在、愛知展は会期のみ決定。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ゴーギャンの椅子》 1888年 油彩、カンヴァス ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団) (C)Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ 《自画像》1887年 油彩、厚紙 クレラー=ミュラー美術館 (C)Kroller-Muller Museum, Otterlo
ポール・ゴーギャン 《自画像》1885年 油彩、カンヴァス キンベル美術館 (C)Kimbell Art Museum, Fort Worth, Texas

(沓澤真二)


関連キーワード

芸術 | 美術館


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ