ニュース
» 2017年03月07日 18時55分 公開

世界各地の「ビーズ」を紹介する特別展、みんぱくで開催 石や貝、虫の羽……あらゆるビーズが集結

人類が作り出した傑作品の一つとして、ビーズの魅力を紹介。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 飾り玉、数珠玉、トンボ玉などを総称する「ビーズ」――これを人類が作り出した最高の傑作品の一つと捉え、国内外のさまざまなビーズ作品を紹介する特別展「ビーズ―つなぐ・かざる・みせる」が国立民族学博物館(大阪府吹田市)で開催されます。期間は3月9日から6月6日まで。

ビーズ展 国立民族学博物館 世界のビーズ作品はバリエーション豊か

 展示では、同館所蔵の瀬川コレクションより台湾、南米やアフリカのトンボ玉、ほかにも石や木、実、卵、貝、歯、牙、虫の羽などあらゆる素材から作られた世界のビーズを紹介。人類はどのようなものをビーズとして扱ってきたのか、誕生からこれまでを展示を通して探ります。またビーズを使用したかばん、人形、帽子や仮面、楽器も紹介。

ビーズ展 国立民族学博物館 これって、何に使うの? と不思議な気持ちになるビーズ作品も(国立民族学博物館公式サイトより

 来館者がビーズに触れられる体験コーナーも常設。ドングリなどの自然素材をビーズに加工したり、来場者でひとつの大きなビーズ作品を作ったりすることで、ビーズを作る楽しみ、飾る楽しみを肌で感じることができます。関連イベントとして、同館の池谷和信教授がビーズの魅力を解説する講義も3月18日に開催。

 開館時間は10時から17時まで(入館は16時30分まで)、休館日は水曜日(5月3日は開館)。観覧料は一般420円で、3月12日は無料観覧日となっています。

カナブンさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」