コラム
» 2017年08月10日 11時00分 公開

「肩甲骨はがしってなに? 本当にはがれるの?」→はがれません! 指圧師が解説する“肩甲骨の構造”

はがれません(指圧師談)。

[斎藤充博,ねとらぼ]

 こんにちは。指圧師をしている斎藤充博です。書店やコンビニで、タイトルに「肩甲骨はがし」という言葉が入った本を見かけたことはありませんでしょうか。

 肩甲骨はがしという言葉は、すっかり定番になっているように感じます。マッサージ店の看板にも「肩甲骨をはがそう」というような言葉が書いてあるのを見たことがあります。グーグルで「肩甲骨はがし」で検索すると、検索流入目当てとみられる記事がたくさん上がってきます。

 ところで、肩甲骨って本当に「はがれる」のでしょうか。結論から言うと構造上、はがれるようなことはありません。


ライター:斎藤充博

斎藤充博

インターネットが大好きで、ウェブ記事を書くことがどうしてもやめられない指圧師です。「下北沢ふしぎ指圧」を運営中。

Twitter:@3216ライター活動まとめ


肩甲骨と周りに付いている筋肉

 肩甲骨は鎖骨と関節しています。また、肩甲骨の周りには17もの筋肉が付いています。

 その中の「前鋸筋(ぜんきょきん)」という筋肉に着目してみましょう。この筋肉は肩甲骨の内側の縁から始まり、そのまま肩甲骨の裏側を通り、胸の横側あたりで終わります。

 つまり、この筋肉は肩甲骨の裏側と胴体をくっつけているのです。この筋肉の付着のラインを見れば、「肩甲骨ははがれない」ということが分かるのではないでしょうか。(もちろん他の筋肉も肩甲骨の位置を安定させています)

肩甲骨はがしの本を読んでみた

 試しに一冊、コンビニで肩甲骨はがしのムックを買ってきました。『がんこなこりが一気に消える! 肩甲骨はがし』(宝島社)という本です。

 「はじめに」にはこんなことが書いてありました。

「肩甲骨はがし」とは、このガチガチに固まった筋肉を筋肉のこわばりからはがして、コリから解放すること。

『がんこなこりが一気に消える! 肩甲骨はがし』(宝島社)より

 「肩甲骨はがし」という言葉はカッコ付きで表現されています。また、紹介されているのは、肩甲骨のまわりのストレッチです。やはり本気ではがそうとしているようには思えません。そりゃそうかもしれません……。

 念のため言っておくと、ムックの内容はとてもいいです! 539円で肩こり解消のこんなまとまった情報得られるなんて、超素晴らしい。

はがれないのになぜ「肩甲骨はがし」なのか

 さて、これらになぜ肩甲骨はがしという言葉がつけられているのか。想像に過ぎませんが、こんな状況が考えられます。

 肩や背中がこると、肩甲骨が動きにくくなってきます。感覚的な話ですが、まるで肩甲骨が背中に「貼り付いている」かのように思えてきませんか。

 まるで「貼り付いている」状態をなんとかしたい。その気持ちが「貼り付ける」の対義語である「はがす」を使って表現されているのだと思います。つまり「肩甲骨をはがす」は、「文学的な表現」というか「例え」みたいなことでしょう。

でも構造は知っておきたい

 「肩甲骨はがし」という表現を否定する気はないのですが、やはり実際の肩甲骨の構造は知っておくべきです。

 というのも、僕は過去に一度やらかしてしまっています。あれはまだ、僕が治療家にあこがれているだけで、専門学校にも通っていなかったころのことです。

 そのときに買った一般向け整体の本に「肩甲骨は本来背中に対して浮いている」「友達の肩甲骨と背中の間に思いっきり4本の指を入れてグリグリすると肩がスッキリする」というようなことが書いてあったのです。

 これを真に受けた僕は、友達の肩甲骨の裏側に思いっきり4本の指を突っ込んで、限界までグリグリしてしまいました。

 友達は痛がっていましたが「大丈夫、本に書いてあるよ」と、どんどん自信を持って続けたのです。ところが、まったく肩こりは改善しませんでした。次の日友達は、激しい筋肉痛に襲われたそうです。1日程度で痛みは引いて、大事には至りませんでしたが……。今思い出しても冷や汗が出ます。

 肩甲骨はがしの本を読んで実践したり、プロの施術を受けたりすることで、こんなことが起こるケースはまずないとは思うのですが、「セルフケアのキャッチフレーズは必ずしも実態に即しているとは限らない」と覚えておくといいかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」