ニュース
» 2018年01月28日 12時00分 公開

これTwitterで見た状況だ! 目の不自由な人をTwitterで得た知識で手助け、専門団体は「全て正しい知識」

知っていると心強い知識。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 「白杖を持った方が助けを求めていたので、駆け寄って声をかけ、目的地まで案内した。Twitterで知った知識が本当に役立った!」というツイートが話題となっています。どんな知識が役に立ったのか、投稿者に詳しく聞くとともに、その知識は正しいのか日本盲人会連合に取材しました。

社会福祉法人日本盲人会連合ホームページキャプチャ 日本盲人会連合に聞きました

 投稿者に聞いたところ、Twitterで得ていた知識は、

  • 助けを求めるときは白杖を上げている
  • 案内者は横に立ち、片腕を折り曲げて、ひじを持ってもらう
  • 目の不自由な人は「頭の中に地図がある」ので、混乱させないように直角に曲がる

 の3つ。「誰かお願いします」と声を上げていることに気づいたので、白杖を上げていたわけではありませんでしたが、腕の貸し方、直角に曲がるという知識はとても役に立ったとのこと。特に「頭の中に地図がある」ということが実感でき「すごい!」と感動したそうです。

 日本盲人会連合に取材したところ、これらの3つの知識は全て正しいそうです。助けて欲しいときは、白杖を顔の高さまで上げることは同法人でも啓発しています。やる人とやらない人はいるものの、白杖を上げている人がいたら、助けを求めているサインだと思って欲しいとのことです(関連記事)。


 また「案内者が横に立ち、片腕を折り曲げて持ってもらう」のも正しい知識。自然に横並びしてひじのあたりを持ってもらい半歩前を歩くのが良く、前から手をつかんで引っ張ったり後ろから押したりすると不安を感じさせてしまうので、絶対にやらないで欲しいとのことでした。

案内の仕方を図示 案内者が横に立ち、片腕を折り曲げて、ひじのあたりを持ってもらうのが良い

 「直角に曲がる」というのも一理あるとのこと。目の不自由な人は、白杖を使って単独歩行をする前に「頭の中に地図」を作り、白杖があっても「頭の中に地図」がない初めての土地は1人で歩くことができません。まずは誘導してもらって、車の音や道路の看板、点字ブロック、店舗が流す音や街の雰囲気などあらゆる情報から自分と周囲の環境を結び付け、今自分がどこにいるのかを把握する訓練をします。その情報をもとに「頭の中に地図」を完成させていきます。

 誘導されるときは、自分の腕を直角にして案内者のひじをつかむのが理想と教えられるそうです。その持ち方であれば、下り坂であれば自分のひじが鈍角になり、上り坂や上り階段であれば鋭角になります。こういった腕からの情報も使っているそうです。「直角に曲がる」というのは、中途半端な角度よりも分かりやすいものです。案内するときにだらだらと曲がらず、直角に曲がった方が、より分かりやすくなるそうです。

腕の角度が変わる様子を図示 腕の角度で上りか下りかが分かる

 他には、案内しながら周囲の状況を説明すると良いとのこと。段差だけではなく「コンビニを通過しましたよ」などいろんな情報を話ながら案内しましょう。目の不自由な人でも、単独で歩いている方はある程度周囲の状況を理解できている方です。それでも、混雑している場所や駅のホームなどは危険が伴うもの。こういった場所では、安全のためにより声かけして欲しいとのことでした。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」