コラム
» 2018年02月22日 11時00分 公開

どれくらいの威力で豆まきしたら、“物理的に”鬼が倒せるのか

そんな装備(豆)で大丈夫か……?

[ねとらぼ]

 「鬼は外、福は内」などの掛け声とともに豆を投げる、節分の豆まき。春の行事として行われていますが、子ども心に「鬼はめちゃくちゃ強いはず。豆なんかで追い払えるわけがない」と思っていた人も多いのでは?

 そんな素朴な疑問に答えるべく、今回はどれくらいの威力で豆を投げたら“物理的に”鬼が倒せるのか、物理エンジンで検証してみました。

こーじ

こーじ

物理エンジン(Unity)で、シミュレーションして動画にしています!

Twitter:@PhysicsKJ/YouTubeチャンネル:こーじ


何粒の豆を時速何キロで投げたら、“物理的に”鬼が倒せる?

 豆まき用の大豆を入手し調べてみたところ、1粒あたりの重量は0.3グラム。卵やラグビボール同様、伸びた球のような形状をしており、大きさは長いところでも1.5センチ程度でした。このデータを元に「何粒の豆をどれくらいの速度で投げたら、直立している鬼が倒れるのか」をシミュレーションしてみます。




一握り分は44粒でした


改めて確認してみると、とても小さい節分の豆。「鬼相手にそんな装備で大丈夫か?」と思う方が自然かもしれません

 ちなみに、鬼の体重は55キロと想定。総務省のデータによれば、15歳男子の平均体重が57.2キロ(2012年)あり、金棒を持った怪物にしては軽過ぎるような気もしますが、検証のうえではある意味、問題ありませんでした。というのも、この程度の体格ですら豆がまったく効かなかったのです

 一握り分(約45粒)の豆を時速18キロ、時速360キロで投げてみたところ、鬼はビクともせず。豆の数や重量を10倍にするなどしても、結果は変わりませんでした。ぐぬぬ、鬼の設定が適切かどうか以前に、豆が弱過ぎて話にならん……。


秒速5メートル(時速18キロ)で投げてみると……


効き目なし




時速360キロでも効きません


豆の量や重さを変えてもダメ。ぐぬぬ

 そこで、投げる豆のモデルを「世界一大きな豆」として知られる藻玉の豆に変更することに。これは熱帯、亜熱帯の地域で見られる植物で、直径5センチほどの豆が詰まったさやは、1メートルほどの長さになるとか。

 直径5センチ、重量12グラムに改めた豆のモデル440粒を時速360キロで投げつけると、鬼はついにバランスを崩して地面にパタリ。やったー! 巨大な豆を新幹線みたいな速度で大量にぶっ放せば、鬼(と仮定した、中学生男子くらいの重さのモデル)が倒せることが分かったぞー(白目)。


これならいけるか……!?


いっけええええええ!!






いろいろ無理な設定も多かった気がしますが、鬼を物理的に倒せたぞー!

 元も子もない話をすると、豆まきには「大豆を投げつけて、鬼の目をつぶした」という伝承があるとか。今回の検証はスピードや重量などからくる豆の威力をテーマにしていましたが、本当に重要なのは、的確に急所に当てるコントロールだったのかもしれません。なお、同じことを人間にすると、たとえ弱く投げたつもりでも大けがにつながる可能性が。豆まきが災厄の原因にならないよう、ご注意ください。

こーじYouTubeチャンネル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響