レビュー
» 2018年03月02日 12時00分 公開

ミステリ好きが早口で語る! ドラマ「アンナチュラル」の面白さ(1〜4話)(2/3 ページ)

[赤いシャムネコ, 青柳美帆子,ITmedia]

2話「死にたがりの手紙」

 傑作エピソードです。メインになっているのは、練炭を使った一家心中事件。一家心中ものは「無理心中だった」「実は殺人だった」「意外な動機だった」といった解決に落ち着くくらいしかないので、正直話の膨らませようがないとパッと思う。

 ところが身分証が出てきて、死んでいるのは全員他人だということが明らかになる。そこでいきなり思考停止させられるわけですが、解剖を進めていくと「みんなは一酸化炭素中毒死なのに、1人の少女だけは凍死している」というとんでもなく不可解な状況が現れます。もうダブルパンチですよ。さらに1話目で触れられたミコトの過去エピソードを回収し、今起こっている事件と重ね合わせるというスピード感に度肝を抜かれます。

 盛りだくさんの謎が詰まっているのですが、早い段階で構造は分かりやすく整理されます。視聴者は「1人の少女はなぜ死んだのか」というシンプルな謎だけを追えばいいので、見かけの複雑さのわりに混乱しません。さらに話が進むと、今まさに窮地に立っている人物がいることが示されます。言わずもがなですが1話と同様に、「1人の死を解き明かすことで、未来の人を助ける話」という構図になっているわけです。

 さて、このエピソードを見た時に、多くの人が座間市の事件を思い浮かべたのではないでしょうか。もちろん制作時期は事件発覚よりも前なのですが、結果的に時事ネタを拾い上げたようなエピソードになりました。「アンナチュラル」は、「事件を通して現代を描く」という点でも成功しているドラマだと思います。現代の苦悩や喜びを浮き彫りにするために、「今この社会でしか起こりえない事件」を的確に選んでいったからこそ、「現実がフィクションに追いつく」ようなことが起きたのでしょう。

編集担当からのどうしても言いたいひとこと

 2話でミコトと東海林が話題に出している「ボーンズ博士」とは、アメリカのドラマ「BONES」に登場する女性法人類学者ブレナン博士のこと。骨から証拠を見つけて事件を解決していくドラマです。空気を読まず人間にもあまり興味がないボーンズ博士とマッチョで心優しいブース刑事とのコンビが最高。それから「CSI」をはじめアメリカの海外ドラマではシーズン終わりにレギュラーキャラが犯人に捕らえられ絶体絶命の危機に陥ることが多いので、「いきなり2話でやるんだ〜!」とテンションが上がりました。



3話「予想外の証人」


 妻殺しに関する裁判に、検察側の証人として出廷したミコト。しかし裁判中にミコトは「凶器が違う」ということに気が付く――という出だし。こうきたらまずもって容疑者の無実を証明するしかないわけで、どう考えても地味な話になりそうです。

 実際、ストーリーは派手な事件を用意していた1〜2話と比べてオーソドックスです。初めに明示されている手掛かりから、科学捜査によって被告の無実を証明する決定的な証拠を引きずりだす。「現在凶器とされている包丁は左利き用だが、解剖初見からは凶器は右利き用包丁のはず」という発見は、決定打にはならないこそ、より確実な証拠をそろえる必要が出てきます。この手がかりの「微妙さ」加減は見事だと思います。

 今回は1〜2話と異なり、事件の構造自体は1回も反転しません。3話がすごいのは、違うところに反転の気持ち良さを用意しているところ。事件の解決ではなく、ミコトと中堂さん、それぞれのピンチにおいて、「どうやったら相手を説得できるのか」が主眼になっています。これってかなり現代的なミステリのテーマで、例えば円居挽先生の「丸太町ルヴォワール」や城平京先生の「虚構推理」は、「真実がどうであるか」よりも「どうやって人々を納得させるか」が主題になっています。最近だとさらにそれを発展させ、「みんなが納得したものが真実である」となっているものもあるのですが……脱線するのでこれくらいで。

 さて、「アンナチュラル」3話では、ミコトと中堂さんが直面している問題を、非常に鮮やかな方法で解決します。布石として「男vs女」という構図を過剰なほどに強調しつつも、視聴者が予想した方法では解決しない。物語上非常にうまいです。これも1話とつながるのですが、本作におけるミコトの敵は「不条理な死」であって、男女差別意識の強い検事や世間ではない。不条理な死という本物の敵に、ミコトは勝っているんです。

 ただ、それだけだと視聴者のモヤモヤが晴れません。そこで中堂さんが最後に吐き捨てる言葉が、視聴者にとってのカタルシスになっていますね。本作は視聴者の倫理観や正義感にかすかな引っ掛かりを作っておいて、後にきちんとフォローすることでカタルシスを作るのが非常にうまく、配慮がされていると思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  5. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  6. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  7. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  8. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  9. /nl/articles/2201/20/news079.jpg 3日ぶりに再会した子猫とハスキー、愛が爆発し…… 熱烈歓迎がとまらない子猫と諦めて受け入れるワンコが尊い
  10. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」