思わず息を呑む「樹脂で作ったクジラ」の美しさに絶賛の声 製法や苦労を作者に聞いた

クジラの迫力がすごい。

» 2018年03月14日 08時00分 公開
[関口雄太ねとらぼ]

 青く透き通る樹脂で作られたクジラ、その体内に沈む古びた船体。造形作家、山田勇魚さんの作品が持つ美しさや世界観に惹かれる人が続出、紹介ツイートの拡散が続いています。



樹脂クジラ 山田勇魚さん

樹脂クジラ 山田勇魚さん

樹脂クジラ 山田勇魚さん

樹脂クジラ 山田勇魚さん

 山田さんは2016年に「輪廻」という作品で、6つのクジラを制作して以降、樹脂で作られたクジラ作品を発表してきました。透き通ったクジラの美しさと、その体内に封じ込められた世界観に魅力を感じます。クジラの中に沈んでいるものは作品によって異なり、それぞれ意味を持っているそうです。例えば、廃艦が沈んだクジラについて山田さんは、「多くの戦没者と共に沈んだ戦艦の魂が、鯨の姿となって港に帰っていくというストーリーで【帰港】というタイトルをつけました」と過去のインタビューで語っています。

 山田さんの作品がもつ世界観に惹かれる人は日本国内にとどまらず、海外のTwitterアカウントでも紹介されています。




 公式サイトによると、山田さんは「九十九神」をテーマに作品を制作しているそうです。作品のテーマについて「九十九神とは日本に古くから伝わるアニミズム的な観念で、長い年月を経た道具や生き物を寄り代にして神や霊魂が宿るとされるものです」と説明しています。樹脂のクジラとは雰囲気が違いますが、くちびるのついたテレビや耳と口がついた黒電話の迫力もすごい……!


樹脂クジラ 山田勇魚さん 「道具が生きているかのような印象を鑑賞者に与えます」(山田勇魚Strikinglyより)

樹脂クジラ 山田勇魚さん 「私は使われなくなった道具を寄り代にして新たな九十九神を生み出しています」(山田勇魚Strikinglyより)


命の流転、器物に宿る魂。「クジラは輪廻をめぐり、抜け出せない魂の器」

 話題になっていた樹脂クジラたちはどのように作られたものなのか、山田さんにお話をうかがいました。

―― 樹脂を使った作品に取り組まれるようになったのはいつごろからで、どのようなことがきっかけでしょうか。

山田:樹脂を扱い始めたのは2015年初旬からです。修了制作でやりたい表現に適した素材を色々と試した結果、行き着きました。

―― クジラの中に入れるモチーフはどのように選んでいるのでしょうか。

山田:写真の作品は東京藝術大学の修了展で発表した「輪廻」です。6頭のクジラの内部に仏教の六道輪廻の世界観を表現した作品で、それぞれ地獄道は海底火山、餓鬼道は飢えたシロクマの骨、畜生道は牢獄、修羅道は桜花、人間道は沈船、天道は空を中に入れています。


樹脂クジラ 山田勇魚さん 「仏教における六道輪廻を題材にした立体作品」(山田勇魚Strikinglyより)

樹脂クジラ 山田勇魚さん 「地獄道は罪を償わせるための世界」(山田勇魚 修了制作【輪廻】より)

樹脂クジラ 山田勇魚さん 「地獄道→海底火山」(山田勇魚 修了制作【輪廻】より)

―― 1つの作品を仕上げるのに掛かる時間を教えてください。

山田:この作品は実験を含め6体で約1年かかったので1体につき約2カ月でしょうか。1体のサイズは75cmほどです。磨く作業が特に大変で、手磨きで2週間ほどかかります。

―― なぜメインのモチーフの多くにクジラを選んでいるのでしょうか 。

山田:海を自由に泳ぎ回るクジラですが、哺乳類でありながら陸に近づきすぎると座礁して死んでしまいます。この有様を輪廻の輪を巡りながらも抜け出すことのできない魂の器に見立てました。また、自分の名前が日本の古語でクジラを意味する「勇魚(いさな)」だったので大学での活動の集大成として修了制作ではクジラをモチーフにした作品にしようと決めていました。

―― 樹脂作品はどのようにして作られているのでしょうか。彫刻から型を作り、樹脂を流しているのかと思ったのですが、継ぎ目が見当たらないので驚きました。

山田:原型を作り、シリコンで型取りして樹脂を流し込んでいます。内部でモチーフを配置するための覗き穴を作るなど、通常の型取りと比べ分割方法が複雑です。硬化後に荒削りし、気泡があればスポイトでエポキシ樹脂を注入して穴埋めします。その後、耐水ペーパーで80番から3000番まで水研ぎし、最後にコンパウンドで仕上げます。全て手磨きです。

―― 「輪廻」以外で気に入っている作品はありますか。

山田:ビジュアルは似ていますがコンセプトの違う「帰港」シリーズもあります。こちらは沈船に宿った九十九神(つくもがみ)がクジラの姿となって故郷の港に戻ってくるという作品です。九十九神とは日本の民間伝承の一種で、長い時間を経た器物や生物に神霊や魂が宿ったものの総称です。九十九神をテーマにした作品は2011年から制作していて、2014年に学部の卒業制作で発表した「九十九神の部屋」は昭和レトロな空間を丸ごと九十九神にした作品です。


樹脂で作られたクジラに魅了される人が続出! 山田勇魚さんに世界観を伺った 「勇魚(いさな)は日本の古語で、クジラを意味します」(山田勇魚Strikinglyより)

樹脂で作られたクジラに魅了される人が続出! 山田勇魚さんに世界観を伺った 「沈没船の九十九神」(山田勇魚Strikinglyより)

 今後の山田さんの個展は以下の予定で開催されます。


桃源郷芸術祭

3月14日(水)〜18日(日)

茨城県天心記念五浦美術館

http://tougenkyo-art-fes.jp/



山田勇魚個展「From Tee Seabed」

3月26日(月)〜4月25日(水)

蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2018/03/from-tee-seabed.html



105°

4月13日(金)〜24日(火)

Art Trace Gallery

https://t.co/Wl3k4QM4BR



画像提供:山田勇魚(@yamadaisana)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  3. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  4. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  5. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  6. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  7. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」