コラム
» 2018年03月24日 11時00分 公開

「つぶしやすいペットボトル」が水ばかりである理由

言われてみれば。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 水分補給は生きていく上で必要不可欠です。筆者も出先では必ずと言っていいほど、ペットボトル入りの水を買っています。

 それで気が付いたのは「水のペットボトルは、つぶしやすいものが多い」ということ。しかし、ジュースやお茶ではあまり見られないのです。

 なぜこんな違いがあるのか、つぶしやすいペットボトルを採用したミネラルウオーター「い・ろ・は・す」を製造している日本コカ・コーラ社に話を聞きました。

どうして、水のペットボトルはつぶしやすいの?

 そもそもつぶしやすいペットボトルには、体積を小さくすることでごみの保管スペースやごみ袋を節約できるというメリットがあります。また、軽量化も行われており、原料である石油の使用量も減らすことができます。

 これらの理由から「つぶしやすいペットボトル=エコ」と宣伝されることもありますが、どうして水以外の飲料には、あまり採用されていないのでしょうか。地球に優しいなら、どんどん広めればいいのに。

 そんな疑問をぶつけてみたところ、以下の回答がありました。

 「全ての製品のペットボトルを一度につぶしやすいものにすることはできないため、まず水のボトルから変えていったからです。最近は、スポーツドリンクの『アクエリアス』やお茶の『綾鷹』のように、水以外にもつぶしやすいペットボトルが採用されてきています。

 ただし、炭酸飲料などにはつぶしやすいペットボトルは採用できません。炭酸による中からの圧力に容器が耐えられなくなってしまうためです。このように、中身の飲み物の性質等によってはつぶしやすいペットボトルを採用できないということもあります」(日本コカ・コーラ社)

 一気に全部の製品に導入することはできないなら、まずは消費者が手に取りやすいミネラルウオーターから、という判断なのかもしれません。

大容量のつぶしやすいペットボトルって、使いにくくないの? 

 「い・ろ・は・す」の2リットルペットボトルのように、大容量の製品もつぶしやすいペットボトルで販売されています。「つぶしやすい=容器が柔らかい」ということになりますが、注ぎにくくならないのでしょうか。

 「大丈夫です! 容器に持つところを付けるなどして、注ぎやすさとつぶしやすさを両立させた作りにしています」(日本コカ・コーラ社)

 設計の工夫で、エコと持ちやすさを兼ね備えたペットボトルを実現しているようです。

 現代社会で生きるうえでは、もはや欠かすことのできないペットボトル。環境に良いのに越したことはないですから、もっともっとつぶしやすいものが普及していくといいですね。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」