ニュース
» 2018年05月23日 10時30分 公開

満足必至の濃厚旅「観光列車はしご旅」ご存じですか? 「これは楽しそう!」鉄道旅のプロに楽しみポイントを聞いてみた(2/2 ページ)

[高橋ホイコ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

絶景!「四国まんなか千年ものがたり」、海の上を走っているような夢心地「しんたろう号」

―― 「四国まんなか千年ものがたり」はいかがでしたか?

 この列車は山あいを通ります。伊予灘ものがたりとはまた大きく違った風景を楽しめます。吉野川に沿って走り、「大歩危(おおぼけ)」「小歩危(こぼけ)」という景勝地も通ります。中でも心に残ったのは箸蔵(はしくら)駅から佃駅の区間です。山あいの坂を下りながら大きくカーブします。するとパッと視界が開け、眼下に吉野川と町の風景が広がります。まさに絶景でした。

四国まんなか千年ものがたり 「四国まんなか千年ものがたり」は山あいを走ります(写真:「旅と鉄道」編集部)

 車内では地元産の食材を使った食事を楽しみました。予約が必要ないものもいろいろと売っています。地酒の飲み比べや地元の物産もありました。車内でしか買えないグッズもあるので、いいおみやげになりました。

四国まんなか千年ものがたり車内 落ち着いた雰囲気の車内、食事も楽しめます。あぁぁすごくいい雰囲気ですね(写真:「旅と鉄道」編集部)

―― 既にお腹いっぱいな行程ですが、さらに「しんたろう号」にも乗るんですよね。

 しんたろう号は船のようなデッキがある列車です。海沿いの高架を走ります。海といっても、先ほどの伊予灘ものがたりとは大きく違います。しんたろう号のオープンデッキは名の通り開けており、窓がありません。そのまま風を受けられるのです。まるで海の上を走っているような夢心地になれます。

―― うわー、それいいなー。しかし、話を少し聞いただけでも本当に濃い行程なのが想像できます。行ってみたくなりました。

 今お話ししたのは観光列車の話だけですよ。本誌では他にもボンネットバスを貸し切ったりしながらいろいろと工夫しましたね。写真もいっぱい掲載、楽しみ方をギッシリ詰め込んでいます。

1回でここまで濃い体験ができる「観光列車はしご旅」

 観光列車、特にローカル路線の列車は運行本数に限りがあるので、行程を組むのにも若干のテクニックが必要です。しかし、1回でここまで濃い体験ができるのならば旅した喜びもひとしおなはずです。

 なお巻頭ルポの四国の旅は2泊3日の旅でした。時刻表をくまなく調べてプランニングから楽しむ熱い鉄道ファンの中には、宿泊ありの条件では物足りなさを感じる人がいるかもしれません。

 そんな人も大丈夫。旅と鉄道の7月号では「日帰りで楽しむ観光列車はしごプラン」も紹介しています。宿泊なしで最大4つの観光列車を乗り継げるプランがあります。真柄編集長いわく「もう少しあると思ったけれど……」とのことで、想像以上に日帰りはしごプランを作るのは難易度が高いのですね。誌面では、バス路線も有効に使うなどし、知恵に知恵をしぼった11プランを紹介しています。「私も行ってみたい!」と思った人、続きはぜひ旅と鉄道7月号でどうぞ!

日帰りはしご旅 誌面 日帰りはしご旅プランも気になるー

高橋ホイコ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」