ニュース
» 2018年06月07日 20時55分 公開

ミス・アメリカが水着審査を廃止へ ネットでは「すばらしくポジティブな変化」「伝統を壊している」と賛否

「もともとは奨学金を得るための大会」と話す2018年ミス・アメリカ。

[城川まちね,ねとらぼ]

 ミス・アメリカの運営団体は6月5日(現地時間)、水着審査を廃止することを公式サイトやSNSで発表しました。

ミス・アメリカ 水着審査廃止 肉体的な要素で判断しないとのこと(画像はミス・アメリカ運営団体のInstagramから)

 運営団体による公式発表の動画は、水着が消え「Miss America 2.0」の文字が現れる仕様。さらに「水着から着替え、全く新しい時代へ」のコメントとともに「#byebyebikini(バイバイビキニ)」のハッシュタグが添えられています。


 その後Instagramへ投稿されたもう1つの動画で、2018年のミス・アメリカであるカーラ・マントは「私は優勝して誇らしかったけど、視聴者は私がなぜ選ばれたかを本当には知らなかっただろうなと思っていたんです。だって彼らは私のことを知らなかったから」と、優勝したのは自身が参加する「Make-A-Wish財団」での活動内容が理由だと思いたいと語り、「水着審査はコンペティションの中で、全く私のお気に入りの部分というわけじゃない。伝統の一部だし、やらなければいけないと分かっていました。でも今は、“やる必要ない”と言えるんです」と多くの女性たちがためらいなく参加できるようになったことをアピールしました。

ミス・アメリカ カーラ・マント 2018年優勝 2018年優勝のカーラ・マント(画像はミス・アメリカ運営団体のInstagramから)

 また、動画の中でマントは「これは奨学金の運営団体。奨学金を得るために水着を着る必要なんてないんです」とも語っています。1921年から始まったミス・アメリカは米国籍を有する17歳から24歳の独身女性に参加資格があり、優勝者に5万ドル、2位に2万5000ドル、3位に2万ドル、また各入賞者にも奨学金を与えるコンペティション。奨学金を得て高等教育を受ける目的で参加する女性も多く、水着審査が廃止されれば学業を続けるために立候補する女性が増えるのではないかと予想されます。

ミス・アメリカ 水着審査廃止 美しいだけでは優勝できない(画像はカーラ・マントのInstagramから)

 しかしミス・アメリカ運営団体が水着審査廃止を発表したInstagram投稿には、「ミス・アメリカにとってすばらしくポジティブな変化だと思う」「男性は奨学金を得るためにビキニを着なくていいんだから、女性だって着るべきじゃない」と今回の決断を支持する声も幾つか見られるものの、「視聴率にバイバイって言いなよ」「俺が番組を見るたった1つの理由は水着だったって認めなきゃな」「フェミニズムはがんだ」「アメリカは伝統を壊している。水着審査は1921年からずっとコンテストの一部だったんだ」と変化に反対する多くの声があふれています。

 また、水着審査とともにイブニングガウン審査の廃止も発表されており、「どうしてイヴニングガウン審査まで?」「イヴニングガウンは残して!」というコメントも見られました。

 ミス・アメリカ運営団体は2017年に幹部らが過去のミス・アメリカの体形や性生活に関する侮辱的なメールのやりとりをしていたことが明らかとなり責任者3人が辞任。その後1989年の優勝者であるグレッチェン・カールソンが理事長に就任しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  7. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/21/news034.jpg 黒猫さんが寝込む飼い主を看病して…… そばから離れずジッと見守る姿に「家族でもここまでしてくれない」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる