ニュース
» 2018年08月20日 07時30分 公開

気付いたら家と会社の往復だけ…… 休日引きこもっていた女性が外の世界に目を向ける漫画が心に響く

やりたいことリストを作って外に出たくなる。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 休日は外に出ず、家でゆっくり寝られることが幸せ――そんな生活を送っていた女性が、あるおばあちゃんとの出会いで変わる漫画が生き方を見直すきっかけになりそうです。


外の世界がこんなにも明るいなんて 仕事以外の繋がりを無くしてしまった女性の話

 漫画はTwitterユーザーのみもーぜさやさんが、引きこもりの問題提起として描いたもの。問題提起の企画イラストを担当していた際に描かれたもので、そのときにボツになった作品をTwitterで公開しています。

 主人公は仕事を頑張る女性。仕事のために翌日の体力を温存しなければと考えていましたが、忙しくなるほど「早く家に帰りたい」「次の休みはおうちで充電しよう」と疲労感が強くなり、気がつくと会社と家を往復する以外で外に出ることのない生活を送るようになっていました。


外の世界がこんなにも明るいなんて 社会人になり日々疲弊する女性

 金曜日の楽しみは休日のために食料を買い込むこと。そして休日の夜は何かしないともったいないと夜更かしをして、そのまま夕方まで眠りました。休日、外に出ずに家でゆっくり寝られることが幸せ……そんなふうに思っていました。


外の世界がこんなにも明るいなんて 休日にゆっくり寝られることに幸せを感じる

 外出することや友達に会うことが億劫になってしまった女性。そんな生活を2年続け、日々の生活に色がなくなったように感じていました。しかし、ある出会いが転機をもたらします。


外の世界がこんなにも明るいなんて 外出や友達に会うことが億劫に

 ある日の帰り道、急に雨が降り出しました。早く家に帰りたいと思う女性でしたが、隣にいたおばあちゃんがこうつぶやきます。「ああ、残念。あとひとつだったのに」と。


外の世界がこんなにも明るいなんて おばあちゃんとの出会いで転機が訪れる

 おばあちゃんは女性に「今日こそ達成できると思ったのに」と言いながら、やりたいことリストを作って生活を送っていることを教えてくれました。雨のせいでリストが達成できなかったおばあちゃんでしたが、今日できなかったことは明日できるため「明日の楽しみが増えたわ」と笑顔を見せます。


外の世界がこんなにも明るいなんて やりたいことリストを作り、毎日を楽しむおばあちゃん

 仕事をしなくてもいいおばあちゃんのことをうらやみ、自分なら家にいるのにと思いかける女性でしたが、逆に「なんでも自由にできるお姉さんが羨ましいわ」と言われて心が動きました。おばあちゃんは、年を取ると若いころに当たり前にできていたことが難しくなるけれど、1日のやりたいことを達成できたときはとてもうれしい、と語ります。「新しい自分を見つけられた気持ちになるの」――そう話すおばあちゃんは輝いて見えました。


外の世界がこんなにも明るいなんて 歳を取ると若い頃にできていたことができなくなるけれど

 休日は外に出てやりたいことはないと思っていた女性でしたが、おばあちゃんの生き生きとした表情を忘れることができず、何かやりたいことを探してみることに。そして、外の世界がとても明るいことに気付くのでした。


外の世界がこんなにも明るいなんて 女性もやりたいことを探してみることに


外の世界がこんなにも明るいなんて


外の世界がこんなにも明るいなんて 外の世界がこんなにも明るいなんて

 漫画はみもーぜさやさんの実体験ではないそうなのですが、「おうち大好きっこだった私には全く他人事ではなく」「気持ちはよーくわかります」とコメントしています。

画像提供:みもーぜさやさん

(植木鉢)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響