ニュース
» 2018年08月30日 21時00分 公開

ついにクライマックス「PRODUCE48」! アイドルたちの汗と涙と友情の“名場面”を振り返る(2/3 ページ)

[なな・ふかふか,ねとらぼ]

ファンを広げるAKBメンバー

 プデュ48に参加したことで注目を集め、ファンを増やしたメンバーもいます。

 例えばAKB48の竹内美宥(たけうちみゆ)さん。AKBグループ内での「選抜総選挙」では100位以内のランクイン経験こそありませんが、歌唱力・ダンスに加え、編曲の実力もあるメンバーです。「ダンシング・ヒーロー」のパフォーマンスを披露したのですが、その編曲を竹内さん自身が手掛けたこともトレーナーの先生たちに評価され、日本メンバーでは数少ないA評価を受けました。

 竹内さんは自身のYouTubeアカウントに編曲した曲の動画を発表しています。プデュ48への参加で新しい層に“発見”され、YouTubeアカウントの登録数が増え続けています。韓国語で立派にスピーチをする場面もあり、勉強家な一面がまた評価を高めています。

 美しさが“開花”したメンバーも。NMB48の村瀬紗英(むらせさえ)さんは、4話「グループ評価」ステージでの「カメラにウインク」での美しさが話題を呼びました。もとからきれいな顔立ちの村瀬さんですが、韓国でのヘアメイクがハマったのもよかったのでしょう。パフォーマンスの良さも相まって、日韓でファンが急増しました。

 続く7話「ポジション評価」の客席投票では、魅力的なダンスを披露。ダンスポジション1位に輝き、ボーナスポイントを獲得しました。既に国内でデビューをしている日本勢メンバーにとっても、日本だけではなく世界にもファンを増やす“チャンス”なのです。

日本と韓国、国を越えて育まれる絆

 初の日韓合同開催となった本番組。日本メンバーと韓国メンバーの交流も、視聴者の心を揺さぶっています。

 例えば7話「ポジション評価」でのこと。「The Truth Untold」のカバーに取り組んだグループですが、ある問題を抱えていました。それはセンターのチャン・ギュリさんのトラウマ。彼女は4話「グループ評価」での「Peek-a-boo」の見せ場で音を外してしまったことを引きずっていたのです。

 「自分はセンターを降りるべきだ」と話すギュリさんに、同じチームの竹内美宥さん、宮崎美穂さん、岩立沙穂さんは「あなたがセンターをやったほうがいい」と背中を押します。「センター1人が頑張らなきゃいけないのではなく、みんなで支えるから」と。過去の失敗を乗り越えようとするメンバーを励まし、支え合う姿に胸が熱くなりました。

 また、佐藤美波さん(AKB48)とカン・へウォンさんの友情も特筆すべきものです。「グループ評価」で同じチームになった2人はその後も仲を深め、「カンちゃん」「みなみ」と呼び合い、常にそばに寄り添うように。

 へウォンさんがかいがいしく美波さんの面倒を見る様子から「みなみのママ」と呼ばれるようにまでなります。

5話で残留ラインの58位に入り込んだ佐藤美波さん
ヘウォンさんは下手したら本人よりも泣いて感動していました

 第2回順位発表式を通過できるとは思っておらず、「みなみの家に遊びに行く計画を立てていた」と答えたへウォンさん。大躍進の3位に選ばれたへウォンさんは壇上から「そして佐藤美波、あなたと友達になれて本当に幸せだった。またあなたと会いたい。ありがとう」と言葉を贈りました。

 美波さんはここでランクインできず脱落してしまいましたが、その後「コンセプト評価」のステージで客席からヘウォンさんに声援を送り、「久しぶりに会えてうれしい」と涙ぐむ様子が見られました。

 こういった日韓メンバーの心あたたまる交流が毎話ごとに生まれているのが、プデュ48の大きな魅力のひとつ。初めはお互いの言葉もほとんど分からなかったメンバーたちが、ぐんぐんと親交を深めていくのもすごいところです。

 こうしたアイドル同士の友情を見ると、これまでのシーズンの名場面もよみがえります。シーズン1、シンデレラストーリーを見せてくれたキム・ソヘさん。女優志望で、歌とダンスのレッスンを受けたことがない彼女の評価は「評価の対象外」「歌手になる気があるの?」……と散々なものでした。

 レッスンについていけず、トレーナーの先生たちも手を焼く存在。そんな彼女に手を差し伸べたのが、キム・セジョンさん。初回から歌唱力の高さが評価され、視聴者投票でも2位以上をキープし続ける圧倒的な人気ぶりから、「GOD セジョン」と呼ばれるようになったメンバーです。

 歌詞もリズムもおぼつかず、他のメンバーに大きく後れを取ったソヘさんに対して、セジョンさんが彼女の個人レッスンのコーチを買って出たのです。“優等生”が根気よく教え続けたおかげか、“落ちこぼれ”が驚くほどの伸びを見せていく。その急成長ぶりに、はじめは厳しい言葉を投げかけた先生が、思わず涙してしまうほど。ソヘさんは最終的には5位でフィニッシュ。セジョンさんとともに、I.O.Iのメンバーとしてデビューを果たしました。プデュは「女同士の戦い」であると同時に、「友情の物語」でもあるのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  7. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/13/news075.jpg ステージ3の秋野暢子、抗がん剤治療2クール目終了を報告 「ちょっと辛い時間もあった」
  10. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい