ニュース
» 2018年09月15日 20時00分 公開

「電子書籍より紙の本を買ってもらえるとうれしい」――漫画編集者の意見に賛否 「出版のシステム自体に問題があるのでは」

「紙の本が売れないと、次巻も売れないと見込まれて部数が減る」という理由に対し、「電子書籍の売り上げも評価に含めればいいだけでは」との指摘が寄せられています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「電子書籍より紙の本を買ってもらえるとうれしい」と主張する、編集者による漫画がTwitterで議論を呼んでいます。作者は『終末のワルキューレ』や『北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌』を担当している山中(@ComicYamanaka)さん。個人的見解として、出版社の事情を伝えています。


アイキャッチ 「紙の本が売れないと、次巻を多く刷るのが難しくなる」という切実な問題が主な理由。ただ、「電子書籍版の売り上げは評価対象にならないのか?」といった疑問も

 ほとんどの漫画が紙と電子の両方で出版される昨今、山中さんはたまに読者から「紙と電子、どちらを買うほうが作家さんへの応援になりますか?」と聞かれることがあるそうです。山中さんの答えは「紙」で、理由は「紙が売れないと次巻の部数が減るから」というシンプルなものでした。


1-1

 その背景には、「単行本の刷り部数の決め方」がありました。当然ながら紙の本は売れないと赤字になるので、部数は売れ行きの予測から判断されます。2巻以降については前巻の販売数をみて決めるため、紙の売れ行きが悪いと部数を減らすことになるのだそうです。最悪、出しても採算がとれないと判断された場合は、連載が打ち切りになることも。


1-2

 一方、電子書籍はというと、在庫を持たなくて済むメリットがあるので、もし売れなくとも、紙のほうが売れていれば出し続けられるわけです。こうした事情から、山中さんは「買っていただけたら紙でも電子でもうれしい」としつつも、「特に3巻くらいまでは紙のほうが売れるとありがたい」と述べています。


1-3

 この漫画には、「紙の本を買って応援したい」「推しの作品は紙も電子も両方買う」と好意的な声が上がる一方、「電子書籍を軽視してはいないか」といった批判も多く寄せられました。「紙が売れないと次につながらないのは業界のシステムに問題があるのでは」という、厳しい指摘も。ほかにも、「紙の売上だけを見て売れてないと判断されて打ち切られてしまったら、作者、出版社、読者、誰も得しない」「電子書籍の売り上げも勘案するよう評価システムを変えればいいだけ」など、さまざまな意見が寄せられています。

 批判を受けて、山中さんは「電子書籍の売上を軽視しているわけではない。『時代に逆行して紙の本を買おう』といった意図はない」「あくまでも『どちらを買ったほうが作家さんへの応援になりますか?』という質問への個人的な回答」と説明。また、「紙のほうが売れないからといって、電子版が売れていても作品が打ち切りになることはない」と、漫画の内容を補足しています。


 物議を醸した漫画は先輩の目にも留まり、山中さんは「あの言い方はよくない。あと勉強不足」と注意されたそうです。そして、その出来事を後日談として漫画化し公開しています。


2-1

 電子書籍部門にいる先輩は、「漫画が紙しかなかった時代には連載が終わっていたかもしれない作品が、電子版があるおかげで続けられる場合もある」「電子版から火が点いてヒットする作品もよくある」と、山中さんの漫画の問題点を次々と指摘。そして、「連載を続けるかどうかの指標は売上だけでなく、作品の将来性や社会的意義など、いろいろな要素がからんでくる」と説いています。


2-2

 最後に「俺たちが扱っているのはただの商品じゃない、『作品』なんだ。相手にしているのはただのお客さんじゃない、『読者』なんだよ。それを忘れるな」と説き、先輩は去っていきました。山中さんは一連の出来事を省みて、件の漫画に不適切な内容があったと、あらためて謝罪しています。


2-3

作品提供:山中(@ComicYamanaka)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」