ニュース
» 2018年11月06日 18時15分 公開

iPhoneの読み上げ機能で作曲する天才音楽家登場 アレンジバージョンを作る野生の職人も集うネット音楽祭へ

頭の中で一生流れ続けるやつ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Twitterユーザーの志賀(ごつかわ)低浮上さん(@nekosan112)が公開した、iPhoneの読み上げ動画が大変な人気となっています。通常であれば無機質に文章を音読していくはずですが、その動画の読み上げは歌を歌っていたのです。アメイジング……!




iphone 読み上げ 歌 パン パンダの顔 ズンズン この文章を読み上げさせれば歌います (画像提供:志賀(ごつかわ)低浮上さん


iphone 読み上げ 歌 パン パンダの顔 ズンズン 絵文字のデザインは機種によるためPCのChromeだとこんな感じに

 読み上げさせる文章は、文字と絵文字を組み合わせたもの。具体的には、「『パンの絵文字』『パンの絵文字』『パンダの顔の絵文字』ズンズンズンズン『パンダの顔の絵文字』『パンの絵文字』『パンの絵文字』『パンダの顔の絵文字』『パンの絵文字』『パンダの顔の絵文字』」となっています。

 この文章をiPhoneに読み上げさせると、「パン、パン、パンダの顔 ズンズンズンズンパンダの顔 パン、パン、パンダの顔 パン、パンダの顔」と大変リズミカルな読み上げぶり。iPhoneが……歌ってる……!

 この予想外過ぎる読み上げ機能の使い方に、ネット上は大盛り上がり。7万回以上のリツイートと14万回以上の「いいね」をされるほどの人気となっています。

 さらにリプライ欄では、他の絵文字を使った続きや伴奏を付けたバージョンなど、さまざまなアレンジが投稿されています。ここに1つの音楽文化が芽生えたと行っても過言ではないでしょう。









 なお、その独特な音声とリズムからリピート機能を使って聞き続けていると、頭からずーっと離れなくなるかもしれないのでご注意ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」