ニュース
» 2018年12月30日 18時00分 公開

工事現場にひな人形、サンタ、カブトムシ! 仮囲いのディスプレイに熱注ぐ「ガテン系アート」 中の人にインタビュー(2/3 ページ)

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

櫻田: 最近の工事現場では、仮囲いが死角を生んで通行人がぶつかったりしないように、角を透明にして見通しをよくするところが増えているんです。そこで今回のように生まれた透明なスペースに、植樹したり造花を置いたりすることがあります。我々も何も置かないのは殺風景だなということで花をよく植えますし、他の現場でも見掛けますね。

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町 今回の現場も、最初は花を設けるだけだった

 ただ今回みたいに、定期的に展示物を変えたり、プロジェクターで絵を照射したりと、ここまでこだわったのは初めてです。

今野: 他の現場でも花を一つ置いているところはよく見掛けますが、ここまで凝っているのはあまり見ないですね(笑)

櫻田: クリスマスになるとタワークレーンから電飾を吊り下げてクリスマスツリーを作っている現場とか、そういったものは10年前ぐらいから見るようにはなりました……が、まだまだまれだと思います。この麹町から四ツ谷までの間の現場でも、うちぐらいでしたね。

――なぜここまでこだわるように……?

櫻田: 仮囲いを作ったのは2017年のGW明けでしたが、このスペースも最初は花を置いただけだったんです。ですがせっかく人通りの多い場所ですし、この一帯の現場でうちだけでも面白いことができないか、ということで、クリスマスに合わせて12月からサンタクロースの絵をプロジェクターで投射することにしました。

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町 プロジェクターで投射したサンタの絵

今野: 所長はプロジェクターを、ぼくは足元に設ける花を担当していたのですが……正直言うと、最初は所長のノリに付き合わされる形でいやいやながらやっていたんです(笑) 本物の花だと枯れてしまい手入れが面倒なので、11月上旬には造花に切り替えたくらいでした。

 ですがその時期にすごく強い台風が来て、コーナーのなかにイチョウの枯れ葉がたまってみすぼらしくなってしまって。せっかくコーナーを作っているのに現場が汚く思われては逆効果ですし、もともと上のサンタの絵との統一感も気になっていたので、百均ショップでクリスマスグッズを買って代わりに置いてみたんです。綿で雪を再現して、クリスマスの小物をちりばめて……全部で400円ぐらいでした。

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町 ここから足元のディスプレイがだんだん豪華になってゆく

――そんなスロースタートだったとは……。

今野: 現場が終わってから作業しなくてはいけないので早く帰りたかったですし、あのコーナーって上にしか出入り口がないので、展示のためわざわざ入り込むのが大変なんです(笑) あとは歩行者にぶつからないよう配慮するためのクリアパネルなので、展示に凝りすぎて注意を引いてしまうのも本質でもないのかな、とも思っていました。

櫻田: 仕事に向かう人々に、一つの憩いや癒やしを提供できたら、くらいの気持ちでしたね。心があたたまってもらうことで、仮囲いで仕切られている工事現場の世界と世間の人たちとの間に、ちょっとでもつながりが生まれるのではないかと。


仮囲いのため週末は百均ショップへ行くように

――どうやって展示がエスカレートしていくのですか?

今野: それが季節ものにしてしまったせいで、シーズンが終わるたびにディスプレイを更新しなくちゃいけなくなったんです。

 1月に入るとクリスマスはもう似合わないので、急いで百均で赤い布、鏡餅、門松を2つ買って、400円で正月らしい展示を作りました。でも小正月が終わるタイミングで現場の人から「もう正月じゃないじゃん」「次どうするの」って指摘が来まして、次は節分、その次はバレンタイン、ひな人形……と。

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町 「正月」

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町 「節分」

――終わらない流れじゃないですか。

今野: 自分としては忙しいし材料費も自腹だったので、前田建設のオリジナルキャラクターの人形を置いて終わりにしたいと言っていたんですが、会社のPRとなるようなものは公道に向けて設置するのもNGらしく……。

 それでも現場の人たちから反応をもらっていくうちに、「次はこんなテーマで行ってみよう」と、義務感ではなく自分で展示づくりを楽しむようになっていきました。うちの近所に百均ショップがたくさんあるので、週末はだいたい必ず3店巡ってディスプレイ用にいい感じのアイテムがないか探す生活になっていましたね。

――完全にライフワーク。

今野: 特に夏は百均にアイテムがめちゃくちゃ多くて……「カブトムシ」「海」「ひまわり」の3パターンも思い付いてしまったので、全ての材料を買って家で用意していました。忙しくて展示を入れ替える時間がなさすぎて、お盆休みのある日、「海」をセットするためだけに現場に来たこともあります。

――こだわりがどんどん半端ないことに。

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町 夏の三部作の第一部「カブトムシ」。虫かごに入っている砂は左官用のものだそうな。カブトムシも虫取り網も全部百均でそろえました

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町 二部「海」。左官用の砂をトレイにいれて砂浜に見立てたり、後ろの花もハイビスカスに変わっていたりと、個人的にもっとも芸術性を感じる作品

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町 そして幻となった三部「ひまわり」。忙しくて入れ替える暇がなく、結局ロッカーにお蔵入りとなってしまった

櫻田: 自分のプロジェクターは、サンタが終わった次は歩道に魚が泳ぎ回っているような絵を投影しようと思っていたのですが、敷地の外ですしお子さんが注視してしまって事故につながる可能性もあったので断念しました。これだけ構想を練っていたんですが……(方眼紙を見せる)。

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町

――うわ、方眼紙にラフ絵がびっしり……!

櫻田: なので引き続きサンタと同じように、絵をデザインしてはそれを投射するための専用レンズを機械機器のリース業者さんに作ってもらい、コーナーの壁に映し出してきました。

 春は子どもたちがランドセルを背負っている絵、夏は天の川を眺めている絵……これも注文と違うイメージが仕上がってきたりとか、なかなか大変なんですよ。最初は2週間くらいで作る予定だったのに、どんどん制作時間がのびていって……最後の作品は3カ月くらいかかっていました。

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町 ラフ絵を3DCGに起こして……

工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町工事現場 仮囲い ディスプレイ アート 作品 コーナー ガテン系アート 麹町 そこから専用レンズを作って、照射器にハメ込んで投影していた

――こっちも裏でそんな手の込んだことを……夜にプロジェクターに気づいたときは「こんなことまでやっていたのか」と本当に驚きました。

櫻田: 今野くんがだんだんいいディスプレイを下で作ってくれるようになったので、私も負けないつもりで相乗効果が生まれていきましたね

――音楽ユニットのインタビューみたいな発言ですね。お二人で印象に残っている展示はありますか?

今野: 節分の展示をしたとき、一悶着(ひともんちゃく)あったんですよ。

――一体どんな……(ゴクリ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/23/news010.jpg 会社のオンライン朝礼に子猫も参加した結果 永久にちょっかいを出し続ける自由ほんぽうっぷりがかわいい
  3. /nl/articles/2201/24/news018.jpg ハムスターが自分のアクリルスタンドを見てとったポーズが…… 飼い主が爆笑した奇跡の2ショットに「変な声でたw」と笑いが集まる
  4. /nl/articles/2201/24/news074.jpg 「イケメンの日ってことに」 井手上漠、珍しい“男子風”ノーメイクに「菅田将暉くんに似てる」の声
  5. /nl/articles/2201/23/news011.jpg 「好きだから」とクラスメイトに監禁されて ストーカー女子を描いたホラー漫画が真相を知るともっとホラー
  6. /nl/articles/2201/24/news026.jpg 重要な商談で盛大なやらかし! 同僚へのドッキリ用「ビリビリ電気ペン」が悲劇を生んだエピソードに「申し訳ないけどめちゃくちゃ笑った」
  7. /nl/articles/2201/19/news160.jpg 疲れたOLがゲーセンでやさぐれヤンキーに懐かれる漫画が平和で癒やし 気付けば家で一緒にゲームをする仲に
  8. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  9. /nl/articles/2201/23/news016.jpg 兄猫「ぺちっ」子猫「や、やられたぁ〜!」 優しい猫パンチでコテっと倒れる弟猫がアニメのようでいとおしい
  10. /nl/articles/2201/22/news055.jpg 平愛梨、夫・長友佑都の勘違いにかわいい“対策”発動 「懐が大きいなぁ〜」「長友さんは幸せもん」とファン絶賛

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」