ニュース
» 2019年03月05日 07時30分 公開

「目薬をさすときに気をつけたいこと」描いた漫画に反響 「知らなかった」「目からウロコ」の声

あなたは目薬をさした後、アレしてますか?

[林美由紀,ねとらぼ]

 目薬をさすときに気をつけたいことを描いた漫画がまさに目からウロコです。作者はイラストレーターの草野(@kusanosaproo)さん。


目薬のさし方03 これをするのとしないとでは効き目が違う

 目薬をさしてもあまり効いている感じがしないし、さした後は謎の苦味が口の中に広がるし、気休め程度なのか、と思っていた草野さん。するとどこからともなく「さした後って目頭ちゃんとおさえてる?」と声が。

 涙が鼻涙管を通って鼻からのどへと抜けるのと同じように、目薬もどんどんそこから流れ落ちていってしまいます(まばたきをするとポンプの原理でさらに流出がさらに加速するのだとか)。だから目薬が流れ落ちないように、目頭を押さえる必要があるのです。


目薬のさし方01 目薬は鼻涙管を通って流れ落ちてしまう

 アドバイスを受けて点眼後に目を閉じ目頭を軽く押さえてみると、目薬がしみわたり、今まで感じていた苦味も感じません。たった1滴でも潤うので目薬をたくさんさす必要もなく、効き目が段違い。参天製薬公式サイトの「正しい目薬のさし方」でも、点眼後はしばらくまぶたを閉じるか、目頭を軽く押さえる方法が紹介されています。

 


目薬のさし方02 目を閉じて目頭を押さえるのがポイント!

 目薬が流れ出てしまったり、効き目がイマイチかもと感じている人は、もしかしたらきちんと使えていないのかもしれません。ポイントは「目薬をさしたら目頭をおさえる」こと! 漫画を読んだ読者からは「目から目薬が流れ出す程の驚き」「もっと早く知りたかった」など反響を呼んでいます。

 作者の草野(@kusanosaproo)さんは漫画の背景やアバター制作などを手掛けるイラストレーター。TwitterやpixivInstagramFacebookでイラストや漫画などを公開しています。ちなみに漫画に登場したコアラのキャラクターはLINEスタンプ絵文字にもなっています。

画像提供:草野(@kusanosaproo)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.