ニュース
» 2019年04月12日 07時00分 公開

「購入した商品をSNSで宣伝すると報酬がもらえる」 国民生活センターが注意喚起

仕組みのよく分からない“うまい話”は鵜呑みにしないようにしましょう。

[宮原れい,ねとらぼ]

 国民生活センターは4月11日、「商品をSNSで宣伝すると報酬がもらえる」といって多額の商品を購入させるもうけ話について注意するよう呼びかけています


商品をSNSで宣伝すると報酬がもらえる もうけ話 注意 仕組み 事例 「商品をSNSで宣伝すると報酬がもらえる」というもうけ話の仕組み一例

 このもうけ話では、消費者(契約者)が通販サイトで商品等を購入してSNSで宣伝するだけとなっていますが、それで本当に利益が生まれているのか、またなぜ消費者に報酬が支払われるのかがよく分からず危険だと説明。ちなみにそれらを行っている事業者が紹介する仕組みの一例は以下の通りです。

  • 消費者は通販サイトで商品を購入します
  • 通販サイトから購入した商品が消費者の元に届きます
  • 消費者は購入した商品を自身のSNSで宣伝します
  • 消費者は宣伝を行ったことを副業サイト、広告代行ビジネスなどを運営する事業者に報告します
  • 報告を確認次第、消費者に商品購入代金や報酬等が支払われます

 全国の消費生活センターに「多額の商品を購入したが、報酬を振り込んでくれるはずの事業者から報酬が支払われず、連絡も取れなくなった」「受け取った報酬を返金するように言われた」などの相談が寄せられているとして、副業サイト等に掲載されているものや、友人等からの紹介でも、その内容をうのみにしないで慎重に判断するようアドバイスしています。

 相談事例の中には、最初は商品購入代金や報酬が支払われたため事業者を信用してしまい、その後100万円分以上を購入したところ、入金がなくなり、事業者と連絡が取れなくなったというケースも。もし不安に思った場合やトラブルになった場合、すぐに最寄りの消費生活センターに相談するよう呼びかけています。


商品をSNSで宣伝すると報酬がもらえる もうけ話 注意 仕組み 事例 買った商品をSNSで宣伝するだけ、という“うまい話”に注意しましょう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」