レビュー
» 2019年04月15日 09時30分 公開

東大卒の父親に見下されてきた19歳女性が周囲の友達を「あの子はバカだ」と見下す 「テレフォン人生相談」先週のハイライト

上野千鶴子の祝辞は、彼女にこそ聞いてもらいたかった。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 先週の「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜/Radiko)は、今井通子が日替わりアドバイザーとともに10代、20代の若い世代の悩みに答えていく一週間。

 ちょいちょいデートもしてセックスもしているのに、付き合うことをオッケーしてくれない彼女(サークルクラッシャー感がみなぎっている)に翻弄される男性(28)や、実家から出て彼氏と同棲するのを「裏切られた!」と大反対する毒母に思い悩む女性(25)などなど、若者ならではの胸が締め付けられるような相談が多かった中、今回ピックアップするのは4月9日(火)放送回。

 東京大学出身というステイタスを鼻にかけ、子育てを手伝わなかったり、人を見下したりする父親を軽蔑しながら、自分自身も「勉強ができる」ということをアイデンティティーにしてしまっている19歳女性からの相談。


テレフォン人生相談 平日の午前に突然始まるテレフォン人生相談。アドバイザーは大原敬子(幼児教育研究)、マドモアゼル・愛(エッセイスト)、高橋龍太郎(精神科医)、三石由起子(作家・翻訳家)、田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)、中川潤(弁護士)、大迫恵美子(弁護士)、坂井眞(弁護士)、塩谷崇之(弁護士)、野島梨恵(弁護士) イラスト/北村ヂン

で、東大に受かったのか落ちたのか、なかなか言わない

 学歴を誇り、相談者や母親に暴言を浴びせてくる父親。そんな父親について、母親からは常々「勉強ばっかりしていても、その中身がともなっていないと意味がないよ」と言われて育ってきたという。

 「父みたいな東大生にはならないんだ。私はちゃんと友達とかもいるし」

 父親とは違う、人格的に素晴らしい東大生になることで見返そうと考えてきたようだが、そこで「東大」にこだわってしまうあたり、「高学歴=エライ」の呪縛から逃れられていない。しかも、受験を目前に心のバランスを崩してしまい、その勉強すらできなくなってしまう。

 「私は人格も優れているし、色んな事も一生懸命やるし、勉強も頑張る子なんだって思ってたのに……勉強ができなくなっちゃったときに、自分が人のことをバカにしていた発言がワーッて頭の中で思い出されちゃって」

 自分を見下す父親を憎んでいた彼女自身が、周りの友達たちを「あの子はバカだ」と見下していたのだ。「東大に落ちるかも」というプレッシャーに押しつぶされた彼女は、バカにしていた友達たちが「アイツ落ちると思ったよ」などと陰口を叩いているという妄想に取りつかれてしまう。

 ここまで読んでもらっても分かるように、とにかく自意識が大爆発しちゃっている系の相談者なのだ。そして、いちいち話が長くてまとまりがない!

 何が悩みなのかよく分からないままグダグダと話しているのは、「勉強が手に着かなくなった言い訳」「受験に落ちたときの予防線」で、肝心の「受験に受かったのか、落ちたのか?」についてはなかなか言及しない。

 「受験には行ったの?」

 「こんな人間が大学に行って社会貢献できるわけがないって思って。自分に罰を与えようかとも思って。マークシートは当てずっぽうで解いてしまえとか……。そういう事を考えていると、考えて解こうというのはもう無理で……」

 「試験は受けたんですね?」

 「全部行ったんですけども……。東京大学と難関私立とかですね

 「で、結局は合格したんですか?」

 「もう、ダメでしたね」

 「全部落ちたのね?」

 「……そうですね」

 この期に及んで「東京大学と難関私立」と、「難関」というワードをキッチリ入れてくるあたりが自意識の高さを物語っている。

努力してできないヤツは遊んでた方がいい

 そんな自意識モンスターな彼女を、アドバイザーの三石由起子(作家・翻訳家)がぶった切り。

 「アナタは自己分析が全然できていない! 言い訳まで全部言ってしまいましたね? 自己陶酔まで自分で言ってしまって、それでアナタが全然ハキハキ言わなかったのは、東大を受けて落ちたという事実ですよ。言い訳が先に来てるのね」

 これまで「勉強ができる」ことを心のよりどころにしてきた彼女。東大どころか滑り止めの私立すら全落ちしてしまいプライドがズタズタになってしまったが、それでも「(友達たちは)必死になってがんばっている私を、みんな好きでいてくれた」と語り、最後のプライドを守ろうとする。

 しかし三石先生は、「努力って、しないのが一番格好いいの。努力しなくてできるヤツが一番です。で、努力してできるヤツが二番です。努力してできないヤツは遊んでた方がいいんだよ」とバッサリ。

 正論だけど、辛辣すぎる!

テレフォン人生相談 「東大」にこだわってしまう相談者を「アナタは自己分析が全然できていない! アナタが全然ハキハキ言わなかったのは、東大を受けて落ちたという事実ですよ」三石由起子がぶった切った イラスト/北村ヂン

「アナタの言い訳、耳が腐る!」

 相談者がここまで学歴にこだわり、自意識をゆがませている原因は結局、父親へのコンプレックス。父親が学歴でマウンティングを取ってくる一方、彼女も「東大を出てるけど人格がダメ」と、父親を見下していたのだ。

 「東大出たっていうことが偉いじゃないか。いくら人格がダメでも。だって両方ないヤツ、山ほどいるんだもん」

 「(涙声で)だからこそ、東大へ行って父を見返してやるぞって……」

 「もしそうなら(もう一度)東大受けなさいよ! グズグズ言うんだったら!」「アナタの言い訳、本当にたわけた話で。耳が腐る!」

 リスナーたちの「要は浪人生なんだから、あーだこーだ言ってないで勉強せーや!」という思いを代弁するようなド厳しいアドバイス。さすがにプライドを粉々に砕きすぎじゃないかと心配したが、相談者は「喝が欲しかったです」とどこかスッキリした様子で電話を切っていた。

 「これまでのがんばりを、自分が勝ち抜くためだけに使わないでください」

 彼女が参加できなかった今年の東大入学式。そこで話題となった上野千鶴子の祝辞は、彼女にこそ聞いてもらいたかった。

北村ヂン

文章からイラスト、漫画、映像まで、あの手この手でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうハイパーメディアライターTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.