“安易ではないスピンオフ”はどう作られるのか 『1日外出録ハンチョウ』×『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん』担当に聞いた(2/2 ページ)

» 2019年04月21日 11時00分 公開
[にゃるら, 高橋史彦ねとらぼ]
前のページへ 1|2       
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

らーめん滑皮さんの作り方


ねとらぼ


じゃあ滑皮の話もしちゃっていいですか? こちらもハンチョウとは違う方向でぶっとんでいます。『闇金ウシジマくん』のスピンオフでは肉蝮伝説の次に出てきました。


【肉蝮伝説】闇金ウシジマくんに登場する手を付けられない怪物・肉蝮(にくまむし)を主人公としたスピンオフ。序盤は自身に傷を負わせたヤクザへの復讐物語だが、だんだん必殺仕事人っぽくなる。

担当豆野


この作品自体がすごい訳ありで、もともとは戌亥が主人公だったんですよ。


にゃるら


1巻、戌亥の出番が多いですよね。


スピンオフ座談会 1話では2回らーめんを食べる戌亥

担当豆野


そうです。当初は戌亥のグルメ漫画で、探偵がB級グルメを食べるみたいな感覚だったんですが、掲載する「やわらかスピリッツ」用のバナーを作ってみたら全然絵が映えなくて。作家の山崎童々さんとデザイナーさんと3人で打ち合わせして、「申し訳ないですけど、主人公を滑皮にしましょう」と。


担当村松


成立までの試行錯誤が(笑)。


担当豆野


滑皮というのは本編最大のライバル。ウシジマくんの悪役って大体動物の名前が入ってるんですが、滑皮は「(動物の)皮を剥いで鞣す」が由来なんです。それで真鍋さんにネームを見てもらったら、「これ絶対ラーメンに絞った方がいいですよ」とアドバイスされて、『ラーメン発見伝』もあるしそうしようと、ある種ノリでラーメンに絞りました。1話目はどう読み返しても戌亥の話ですね。


【ラーメン発見伝】「ヤツらは食ってるんじゃない。情報を食ってるんだ!」を生み出したラーメン漫画。芹沢達也のネット人気が妙に高い。

にゃるら


主人公やテーマの変更に柔軟な対応しているのが流石です。最初は戌亥がラーメン食べて、それに滑皮がちょっかい出す構成なのかなって思って読んでました。


担当豆野


そこから軌道修正して、今の形になってます。ちょっといい話風になってから、最後に滑皮らが話を台無しにするという。ウシジマくんは悪人ばかり出る漫画だから、悪人の方が印象が強いんです。


スピンオフ座談会 人情話とみせかけて

スピンオフ座談会 台無しにする

ねとらぼ


滑皮は絵のタッチが秀逸です。ウシジマくんにあれだけ寄せて描ける作家はいるものなんですか。


担当豆野


あまりいないと思います。山崎さんはもともと少女漫画がフィールドで、漫画家になる前は難波のストリートで似顔絵を描いていたこともあるんです。過去作のコマ割りのペースがウシジマくんに似ていたので、「ひょっとして好きだったりします?」と聞いたら「ウシジマくんで漫画を勉強していました」と(笑)。スピンオフを打診したら二つ返事でOKでした。絵はだんだん似てきてすごいですよね。真鍋さんも「立ち姿と横顔は自分よりうまい」と言ってます。


ねとらぼ


本編では死んじゃったり悲惨な目にあったキャラたちが、「滑皮」ではちゃんと生きているのを見ると感慨深いです。


担当豆野


愛沢が出てきたときは反響がありました。悩む債務者の代表みたいなキャラで、モノローグで1人で悩んでくれるし、その一方でハートが強い。負けてもめげない人ってウシジマくんでは珍しい


【愛沢】元・暴走族「愛沢連合」の総長。本編では大ダメージを負って退場したが、スピンオフでは地獄のようなリハビリ、仮想通貨での一発逆転を経てラーメン屋を構える。地道な努力が実り、繁盛し始めたところで滑皮が来店してしまう。

スピンオフ座談会 ラーメン屋として再起

ねとらぼ


自分はあのエピソードが好きなんですよ、滑皮が若かりし頃の熊倉に習ったラーメンを舎弟たちに出す回。とても感動的で。


担当豆野


確かにいわれてみればいい回ですね(笑)。熊倉〜めんもおいしそうで。これグルメ漫画ですけど、他の食べ物はあまりおいしそうではない……。


にゃるら


(笑)。


スピンオフ座談会 くまくら〜めん

担当豆野


本当はおいしさにこだわった方がいいんでしょうけど、テレ東の「ハイパーハードボイルドグルメリポート」がすごく好きで。ああいうひりついたところでホッと出てくるご飯に意義があるなぁと。


【ハイパーハードボイルドグルメリポート】「ヤバい人たちのヤバい飯」にフォーカスしたグルメ番組。テレ東の若手チャレンジ枠から生まれた。Paravi(パラビ)ではリベリアの上級者向けver.など、スピンオフ〜放送できなかったヤバい飯〜3本が視聴可能

担当村松


世界観と食べている物のギャップってありますよね。


にゃるら


豚塚のらーめんに覚醒剤が入ってるんじゃないか……という話も印象的でした。トラックで店を破壊するシーンが迫力あって。


【豚塚】本名は石塚ミノル。元・暴走族「駄威我蛙(タイガア)」のトップで、本編では顎戸三蔵にボコボコにされた。スピンオフでは「闇つきラーメン豚塚」で愛沢と張り合うも、トラックに突っ込まれる。

スピンオフ座談会 ガアアンッ

担当豆野


やっぱりブラックカレーの話がみんな大好きなので、それを踏まえつつどう裏切るか考えましたね。トラックは以前、とある監視モニターを見せてもらったらそういうシーンが映っていて……ノンフィクションを参考にしている部分があります。


【ブラックカレー】料理勝負を確立させた漫画『包丁人味平』に登場する料理。カレー将軍鼻田が完成させたブラックカレーは大量のリピーターを生み出し、主人公すら負けを認めるクオリティだったが、実は麻薬(に近いもの)を使ったカレーだった。

ねとらぼ


そういえば梶尾メインの回が本編とリンクしていて、美しい流れでした。


担当豆野


本編のあのエピソードを読んでから作りました。真鍋さんが本編にらーめんを取り入れてくれていたので、山崎さんも「返盃したい」と


スピンオフ座談会 梶尾の話。本編474話とあわせて読むと感動的

スピンオフのあれこれ


担当豆野


小学館はスピンオフ後発組だったんです。今でこそコナンとかすごく頑張っていますが、ずっと腰が重くて、どこかでちゃんと取り組みたいと思っていました。刃牙のスカーフェイスで、本編とは違うキャラの側面が見れたのは一読者としてうれしかった。


【スカーフェイス】喧嘩師・花山薫を主人公としたスピンオフ。タイトルは『バキ外伝 疵面 -スカーフェイス-』。マスター国松がかなり活躍する。休載再開を繰り返している。花山の高校生活を描いた「創面(きずづら)」もある。

にゃるら


一昔前ならハルヒ関連とかで角川のイメージもあったんですが、昨今のスピンオフの流行りってやっぱりトネガワが切り開いた気がします。


担当村松


「犯人の犯沢さん」にはこんなのできるんだと驚かされました。


担当豆野


トネガワ以前に意識した作品ってありますか?


担当村松


『北斗の拳 イチゴ味』には衝撃を受けました。最近の流れはあれが元祖かもしれない。


にゃるら


あぁ〜。なるほど、なるほど。


スピンオフ座談会スピンオフ座談会 『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』『北斗の拳 イチゴ味』

【犯人の犯沢さん】『名探偵コナン』のスピンオフ(2017年5月〜)。同作でおなじみの全身真っ黒なシルエットの“犯人”が主役。毛利蘭の戦闘力が上がっている。
【北斗の拳 イチゴ味】『北斗の拳』のスピンオフ(2013年3月〜)。聖帝サウザーを主人公とし、本編の絵柄とそっくりながらギャグ漫画になっている異色作。

実写化の難易度が高い!?


ねとらぼ


トネガワやハンチョウはアニメ化していましたが、それによって変わったことってありますか?


担当村松


こういっちゃあれですがないです。


ねとらぼ


(笑)。実写ドラマもオファーが殺到していそうですが。


担当豆野


滑皮の場合、映像化はややこしいんですよね。ウシジマくん本編の実写版では滑皮は女性で。高橋メアリージュンさんがラーメンを食べるのも面白いんですが、この漫画の存在がよくわからなくなる(笑)。


担当村松


ハンチョウだと、「地下にいる」という謎の設定を初見の人にどう理解してもらうか。そこがハードルですね。こないだ僕と萩原さんが甘い物好きだったのもあって、ブルボンの魅力を語る回をやったんですが、舞台が地下強制労働施設なのはブルボンの方にとって意味不明だろうと考えて代々木公園にしたんですよね。「ブルボンパーティはやっぱり青空の下だろう」という理由もありますが。


にゃるら


あそこでも『銀と金』出てきましたね。必殺技かと思いきや、意外とそうでもないところに使った。ハンチョウはなんだかんだ、「普段地下にいる」からこそ1日を過ごすプロフェッショナルなんですよね。


担当村松


小さい幸せに名前付けてという感じですよね。


にゃるら


今の世の中では重要な考え方かと(笑)。


スピンオフ座談会 ブルボン大好き

スピンオフ座談会 灰になるまで

スピンオフは聖書研究


ねとらぼ


最後に、スピンオフに対して制作側として大事にしていることを聞きたいです。


担当村松


そうですね。スピンオフ作る側がしていることって「聖書研究」だなって。


担当豆野


非常によく分かる。


担当村松


カイジという聖書があって、それを読み込んでキャラクターなりエピソードを考察していく。例えば沼川と石和について、本当にちょっとしたコマで大槻が「疑り深い沼川もそう思うか……!」って言うんです。その1行から沼川は慎重派で小市民的なのではと。逆に石和の方は何もないのでクレイジーな一面があるんじゃないかとか、聖書を研究していく。


【疑り深い沼川もそう思うか】E班ハンチョウ一行とカイジたち45組がチンチロ対決した際の一幕。456賽(イカサマ)の存在に気付かれているか迷う大槻だったが、沼川の「いきましょう」の合図で勝負に出た。

スピンオフ座談会 眠る一歩手前の大槻

ねとらぼ


やっぱり原点ありきというか、どこまでいってもまず原作がベースなんですね。


担当村松


そうですね。本編にいかに抵触しないかはよく考えます。例えばトネガワの過去は描けないけれど、ハンチョウの過去が重要になることはないだろうから描ける(笑)。あと福本先生からたまにキャラクターについての解釈などを聞かせていただく機会があるのですが、聖書研究をしている身からすると、キリストの言葉を直に聞くのに等しいので衝撃大きいです。


担当豆野


ヤング滑皮編を描くにあたって研究していたとき、彼の舎弟の1人、鳶田は今はスキンヘッドだけど若い頃はロン毛でヤリまくり系の分かりやすいキャラなんです。


にゃるら


パット見での印象で伝わるのはウシジマくんの強みですよね。


スピンオフ座談会 若い頃の梶尾(左)と鳶田(右)

担当豆野


でも梶尾は全然わからなくて。今は痩せているのに昔は太っているんです。どこにも理由が描かれてなくて、どうしてもわからなかったので真鍋先生に聞いたら「ストレスですよ」と。まだ何者でもないチンピラは、上から急に「お前スニッカーズ20個とラー油食べろ」的なことを言われる


にゃるら


なんとなく、その意味もなくむちゃ振りされる関係は想像できます。なるほど……。


担当豆野


それでバコバコ食べさせられるし、その反動でラーメンめっちゃ食べたりしちゃって、ひたすら食べるから太るんだと。


ねとらぼ


取り巻き1人にもそれだけ考えて作っているんですね……。そりゃキリストだ。


担当豆野


ここまで血を通わせて、この太っていた状況を描いてたんだと驚きました。


にゃるら


なるほど。まず絶対の聖書があり、そこから丁寧に読み解き、読者が望んでいるキャラクターの側面と物語を見せていく、と。


ねとらぼ


サブキャラクターだからこそ見せられる点など、深く考えて作られていってるわけですね。今後もスピンオフ作品の発展を楽しみにしています。ありがとうございました。


スピンオフ座談会

(C)Nobuyuki Fukumoto・Tensei Hagiwara・Tomohiro Hashimoto・Tomoki Miyoshi/講談社
(C)Nobuyuki Fukumoto Tensei Hagiwawa Motomu Uehara Kazuya Arai/講談社
(C)真鍋昌平・山崎童々/小学館

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」