ニュース
» 2019年05月15日 09時00分 公開

飢えた狼たちよ、今宇宙で最もアツくて新しい対戦ゲーム「DOTA AUTO CHESS(ドタ オートチェス)」を今すぐやれ

今話題の「DOTA AUTO CHESS」ってどういうゲーム? どうやって始めたらいいの? という疑問に答えます。

[文章書く彦,ねとらぼ]

 PCゲームや海外ゲームをこよなく愛するライター、文章書く彦@waniwave)さんによる不定期コラム。今回は、今年1月にリリースされるやいなや、世界中で爆発的な人気を巻き起こしている、“今宇宙で最もアツい対戦ゲーム”ことDOTA AUTO CHESS(ドタ オートチェス)について書いてもらいました。


ライター:文章書く彦

文章書く彦 プロフィール

主にPCゲームや海外ゲームが好きな陽気で楽しいゲームライター。どこかで美少女ゲームの連載を行ったり「ゲーム占い師」として活躍中。ライター業の傍らインターネットの片隅で「ワニウエイブ」としてラッパー/作曲家としての活動も行っている。ここ一年ぐらいはVTuberに激ハマりし1日に10時間ぐらい「にじさんじ」の配信やアーカイブを見るなどしているよ。 Twitter:@waniwave



飢えた狼たちよ、今すぐ「DOTA AUTO CHESS」をプレイしろ

 星の数ほどゲームはあれど、何十時間も(ときには何百時間も)熱中できるようなゲームはそう多くはない。もし君が今、ちょっと暇を持て余していて、久しぶりに対戦ゲームでもプレイしようってな気持ちでいるんだったら、話は早い。今宇宙で最もアツい対戦ゲームであるところの「DOTA AUTO CHESS(ドタ オートチェス)」をプレイしろ。



 ゲームをやり込んでうまくなった時、君はその腕前を試したいと考えるはずだ。君に一緒に遊んでくれる友達がいればマシかもしれない。でもそんなんじゃいつまでたっても井の中の蛙だし、実際のところ、オレたちは孤独だ。孤独で、常に力を持て余している。そして、自分の能力を発揮するための場所をいつだって探しているんだ。目は血走り、息は荒く、戦闘に飢えている。オレたちは、いわば狼だ。この広いインターネットで、自分の力がどこまで通用するか試したくてしょうがない、飢えた狼。君もそうなんだろ?

 この「DOTA AUTO CHESS」なら存分に君の力を試せるだろう。っていうか別に「DOTA AUTO CHESS」をやるのに飢えた狼である必要は一切ない。なんなら赤ちゃんでもOKだ。いや、やっぱ赤ちゃんにはちょっと難しいだろうからダメだ。「DOTA AUTO CHESS」とは1月にDOTA2のカスタムゲーム(※)として発表され、すぐにすさまじい人気を集め4月には日本語化もされた今最もホットな対戦ゲームである。

※編注:「DOTA2」ではプレイヤー側が新しいゲームルールを自由に作れるツールを公開しており、それを使って作られたゲームモードのこと。一応「DOTA2」がベースにはなっているものの、「DOTA AUTO CHESS」はそれ単体で遊べる完全な別ゲームになっている


オートチェスをやれ 「DOTA AUTO CHESS」の元になったゲーム「DOTA2」

 ゲームにあまり明るくない読者諸君は「『DOTA2』って何?カスタムゲームって何? いきなりたくさんアルファベットやカタカナが出てきて泣いちゃいそう!」とお嘆きのことだろうが、心配しないで大丈夫、そんな細かいことを気にする必要は一切ない。君たちがここで覚えるべきなのはたったの二点。「DOTA AUTO CHESS」というゲームが今まさに世界中で流行しており、そいつはなんと無料で遊べるということだけなんだから。


事前知識は必要ない、Steamでただ「DOTA2」をインストールすればいい

 兎にも角にもまずは君のSteamから「DOTA2」を開き、インストールしよう。先ほど言ったように無料なので安心してほしい。続いてワークショップのページから「DOTA AUTO CHESS」をサブスクライブする。「サブスクライブって何だ?」とか、不安がる必要はない。オレだってそんな小難しいことは知らないし、ただただ言われた通りにすりゃあいい。興奮する気持ちも分かるけど、まずは落ち着いて自分の精神状態をコントロールしよう。「DOTA2」は逃げないし、容量も10GB以上あるのでそう簡単にダウンロード完了したりはしない。心を落ち着け、気構えを作るのに必要な時間はたっぷりあるってことさ。どうしても落ち着かないのなら、このちょっとした空き時間に、「DOTA AUTO CHESS」が一体どんなゲームなのかという説明でも読むってのは効率的な時間の使い方といえるかもしれないな。

 「DOTA AUTO CHESS」とは名前の通りチェス盤を用いたボードゲームだ。元となった「DOTA2」のことを全く知らなくても楽しめるので安心してほしい。毎ターン配られる駒の中から自分の戦力を選び盤面に配置していく。あとは配置した駒が自動で戦ってくれるというわけだ。そうやってどんどん自分の戦力を強化し、最後まで生き残るのが目的になっている。シンプルだろ?


オートチェスをやれ ゲーム画面。チェスのように区切られた盤面にコマを置いていくのが基本

 操作テクニック的なものは最小限でいいし、「対戦ゲームは反射神経がないから苦手」というような人でも安心してプレイできる。間口は広く、ハードコアゲーマーであっても、普段あまり対人ゲームをプレイしない人であっても平等に戦うことができる。問われるのは運と、そして戦術だけなのだから。

 「DOTA AUTO CHESS」はよく麻雀に例えられる。手をそろえて役を作っていく感覚が似ているからだろう。同じ駒を3つそろえると進化させることができるんだけど、その「3つそろえる」という点も似ている。だから麻雀と同じように、真剣にプレイしたいって人にも、ちょっと気晴らしにゲームでも遊びたいって人にもどちらにもフィットする。運要素が絡むゲームだが、もちろん運だけはなく実力も重要だ。


オートチェスをやれ 同じコマをそろえていく要素から、麻雀に例えられることも多い

 自分の戦術がうまいことハマり、対戦相手を蹂躙(じゅうりん)して1位になったときの喜びは非常に大きい。為す術がなく敗北を喫したときも必ず何らかの改善点が見つかるだろう。「次はこういう戦術を試してみよう」という発想が無限に湧き上がり、ゲームをやめることができなくなる。要するに、高い中毒性がある。

 職業柄、オレはいろいろなゲームをやらなければならないのだが、ふと気が付けば「DOTA AUTO CHESS」ばかりを遊んでいる。他のゲームをプレイしなければならないときも、締切が迫っているときも気付けば本作を起動している。まるで流砂のように「DOTA AUTO CHESS」に足をとられ、逃げ出すことができない。これは魔性のゲームだ。


オートチェスをやれ 「次はこうしよう」が無限に湧き上がり、やめられなくなる

Androidユーザーならスマホでもできるぞ(iOSは今後対応予定)

 PCでゲームをするのはちょっとハードルが高い、もっとカジュアルに遊びたいというプレイヤーには、公式のアプリ版であるAUTO CHESS(オートチェス)がオススメだ。現在絶賛テスト中であり、Androidのみテスト版が提供されている。iOS対応や日本語対応なども順次行われていくとのことなので、事前登録しておくと幸せになれるかもしれない。



 PC版で多少慣れたプレイヤーであれば、テスト版をダウンロードし英語で遊んでも不自由することはないだろう。「Auto Chess」はこれからのゲームであり、アプリ版の正規リリースとなった暁には大流行することは間違いない。今から遊んでおくことで周りのプレイヤーに差をつけられるだろう。

 オレもPC版の合間に時々アプリ版をプレイしている。こちらはこちらでキャラがかわいらしく操作が素直なので非常に遊びやすい。プレイヤーたちがまだPC版ほど「Auto Chess」というゲームを理解していない状況なのか、かなり勝ちやすい印象なので初心者にはこちらのほうがいいのかもしれない。ふとした空き時間に「ちょっと『Auto Chess』でもやろうかな」と起動すると、平気で三時間とか経過していることもある。なにか三時間経過させたい事情があるプレイヤーたちには特にオススメといえるだろう。


オートチェスをやれ 英語だが、PC版より遊びやすい部分もあるモバイル版

 重要なことを書き忘れていた。アプリ版の「Auto Chess」も今現在無料で遊べる。課金要素はアバターやスキンなどといった見た目を変更させるものだけだ。課金勢でも無課金勢でも、一度戦場に立てばあとは平等。試されるのは実力のみだ。


緑色のボタンをクリックすれば、もうオレたちは仲間だ

 ――さて、そろそろダウンロードも終わった頃合いだろうか。「DOTA2」を起動し、次に上の「アーケード」をクリックする。オレが言った通りにしていたのなら、ライブラリの中には、きっと「DOTA AUTO CHESS」があるだろう。最初は少し怖いかもしれない。分かるよ。オレだってそうだったからな。なんだって新しいことを始めるのはちょっと怖い。エネルギーだって必要だ。二の足を踏んでしまう人だっているだろう。めっちゃ分かるよ。


オートチェスをやれ 「DOTA2」の起動画面から「アーケード」をクリック

 だけど、思い出してほしい。最初に言ったように、星の数ほどゲームはあれど、何十時間も熱中できるようなゲームはそう多くはない。人生の時間は有限だ。そういうゲームに出会えるのは、そう何度もないことだぜ。そして、君にとって「DOTA AUTO CHESS」はそういうゲームかもしれない。オレが保証する、こいつはちょっと面白いゲームだぜ。いったん深呼吸をして、右下にある緑色のボタンをクリックすれば、もうオレたちは仲間だ。「DOTA AUTO CHESS」をプレイしろ。戦場で待ってるぜ。


オートチェスをやれ 後は右下の緑のボタンを押すだけ、カンタンだろ?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.