レビュー
» 2019年06月21日 12時07分 公開

「ストロベリーナイト・サーガ」最終話 二階堂ふみ版“前向きで時に危うい”玲子の「私たちの中には殺意がある」 (2/2)

[まつもとりえこ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 以前玲子が菊田に言った「菊田は知らないでしょ、私のそういう怖いとこ」「菊田にはわからないと思う、これは私自身の問題だから」の意味がここではっきりした。ガンテツが指摘した「ホシと近い思考回路」の理由も。

 「私たちの中には殺意がある。憎しみも消えない。これはもうしょうがない」

 私たち、という言葉。6話でネグレクト母を殺そうとした少年に対峙した時も感じたが、玲子は、悲しみ、苦しみのあまり殺意になり果ててしまった感情に寄り添う。


ストロベリーナイト・サーガ 6話の忘れられないシーン。玲子「菊田は知らないでしょ、私のそういう怖いとこ」 イラスト/まつもとりえこ

 「ホシに寄り添うような」玲子の説得の説得を聞くうちに、無表情だった岩渕の感情が爆発する。衝動のまま、震える手で玲子に銃を向ける。その隙をついて人質を脱けた菊田は、岩渕を確保する。玲子が銃を撃つことを阻止した。

 玲子が抱えるつらさはこの先も消えないのだろうか。いや、きっと癒えていくはず。「憎しみや殺意は、実は愛情の裏返し」「自分を大切に思ってるからこそ傷つけられると悔しいし悲しい」

 最後に、ガンテツの言葉を振り返ってみる。

 「ホシの頭ん中丸わかりでうれしいか。それで満足か。うぬぼれんな。いつまでも被害者ヅラしてんじゃねえ。自分だけが特別だなんて思ってんじゃねぇぞ

 わ、めちゃくちゃ愛情深い言葉だった。


ストロベリーナイト・サーガ 前向きで時に危うい二階堂ふみ版の魅力を堪能した イラスト/まつもとりえこ

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン