ニュース
» 2019年07月27日 12時00分 公開

「声優ラジオに心を救われた」「握手会にはあえて行かない」 オタクが語る“アイドル声優”の熾烈な世界(2/5 ページ)

[中山順司,ねとらぼ]

「綾波レイとフシギダネが同一人物なんだ……」

――そもそもアイドル声優を好きになったきっかけは?

 『新世紀エヴァンゲリオン』です。小学校のときに再放送で見て、「こんなに面白いアニメがあるんだ……!」と衝撃を受けました。そこからいろいろなアニメを見ていくうちに、かわいい声優さんや面白い声優さんの存在を知り、次にラジオにハマっていった感じです。

――ルーツはエヴァンゲリオンなんですね。

 綾波レイとフシギダネ(ポケモンのキャラ)の声が同一人物なんだ……なんと声優の世界は深いのだ……となって、雑誌『声優アニメディア』を読んでみたら「かわいい声優さんがいっぱいいる!」となって。

――本格的にアイドル声優にハマったのはいつ?

 中学2年生の14歳のとき。中高一貫の男子校に通ってたこともあって、女子と接点がなくて。人と関わるのも苦手で、彼女もおらず、わりと荒んだ青春時代を送りました。

 中学のときは数少ない悪友の一人と学校をサボって、秋葉原に毎日のように通っていました。消極的で人とのコミュニケーションも不得手だった僕が、唯一能動的に行動できるのが「アイドル声優」って対象だったんです。

 少ないお小遣いでグッズを買ってはラジオを聴きまくる日々でした。ちなみにラジオは文化放送。アニスパ、シネマシネマ、2000年代前半ごろのアニメ文化は最高でしたね……(遠い目)。


――中でも一番好きだった番組は?

 間違いなく『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』です。2015年に惜しまれつつ終了してしまったんですが、文化放送で土曜日の夜に生放送していた番組で、鷲崎健さんと浅野真澄さんがパーソナリティのトーク番組です。そこに新人声優さんがゲストで登場したり、アニメ情報や曲を流すって内容。この番組と声優さんらにどれだけ僕の心は救われたことか。まさに僕の青春そのものでしたね……(再び遠い目)。

――ところで、学校をサボって秋葉原通いをしてたとのことですが、学校は大丈夫だったんです?

 それが高校で停学寸前まで行きまして、ギリギリ単位を取ってなんとか卒業できました(笑)。

 直接関係はないですが、僕が入り浸っていた2007年ごろの秋葉原は平和な雰囲気が残っていました。2008年の秋葉原無差別殺傷事件を境に自粛ムードになり、物事が整理されてビジネスライクになり、カオス感が薄まってしまった気がします。そこは残念に感じる部分です。


写真:Hさん提供

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10