ニュース
» 2019年07月24日 18時00分 公開

「ヒト型T-HR3」「観戦支援」から「ハンマー回収」まで 東京五輪で活躍する「トヨタ製ロボット」がいろいろすごそう(1/2 ページ)

ミライトワ/ソメイティロボットと握手したい。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 「ヒト型T-HR3」「遠地観戦支援や新体験」「ハンマー回収」、ミライトワ/ソメイティのロボットも──。トヨタ自動車が、2020年の東京オリンピック・パラリンピックにさまざまな機能を持つ「ロボット」を提供し、活用していくと発表しました。

トヨタ自動車が提供するロボット トヨタ自動車が東京五輪向けに提供するロボット群(写真:トヨタ自動車 以下同)

 トヨタはオリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナー。大会運営や関係者用車両、聖火リレーの先導車(関連記事)などに加え、従来の車両供給に留まらないモビリティー(移動)手段や解決策を提供することで、人の「移動したい思い」を支援する手段として、さまざまなな機能を持つロボットも活用していく考えです。提供するロボットによって「新しい形の観戦体験や運営支援を通じ、人とロボットが共生する未来を感じるきっかけにしたい」としています。

 ロボットは例えば、「ロボットのコミュニケーションや遠隔操作を通じた遠地顧客体験の提供」「運営スタッフ能効率的な競技運営の支援」「生活支援ロボットによって、車いすの人も観戦を同様に楽しめるよう支援」などに活用していきます。

 導入予定機種は「マスコットロボット ミライトワ/ソメイティ」、ヒューマノイドロボット「T-HR3」、遠隔地間コミュニケーションサポートロボット「T-TR1」、生活支援ロボット「HSR(Human Support Robot)/DSR(Delivery Support Robot)」、フィールド競技サポートロボット「FSR(Field Support Robot)」などです。

マスコットロボット「ミライトワ」 マスコットロボット「ミライトワ」
マスコットロボット「ソメイディ」 マスコットロボット「ソメイディ」

 まずは、東京2020組織委員会とトヨタが開発した「東京2020マスコットロボット ミライトワ/ソメイティ」。大会関連施設などで選手や観客を出迎えたり、案内をしたり、握手をしたり。腕の動作や力の感覚を相互に共有できる機能や、頭部にあるカメラで人を認識するとさまざまな感情を表現し、AIなどの機能によって自律して人とコミュニケーションが取れます。マスコットロボットを通じ、この他にも新たな形で大会を楽しめる内容を検討します。

マスコットロボット「ミライトワ」 大会会場でぼくと握手!

 T-HR3(関連記事)は、人が乗る「マスター操縦システム」と「ヒト型ロボット」で構成する、まるでSFの世界が現実になったような遠隔操作システムです。「ロボットにかかる外からの力を感じられる仕組み」を備えるのが特徴で、大会では「離れた場所でも疑似的に選手らと交流できる」などの活用が期待されます。映像や音声だけでなく、疑似的に選手の“力”を感じたり、“ハイタッチ”ができたりするとしています。

T-HR3 ヒューマノイドロボット「T-HR3」
T-HR3 B-roll(YouTube/トヨタグローバルニュースルーム)

 T-TR1は、米Toyota Research Instituteで開発されている移動型の遠隔地間コミュニケーションサポートロボットです。カメラと大きなディスプレイを搭載し、遠隔地の人をディスプレイ上に表示して会話できます。「あたかもその人が目の前にいるような体験」「あたかもその場所に行ったような体験」を提供するとしています。

T-TR1 遠隔地間コミュニケーションサポートロボット「T-TR1」

 車椅子利用者に向けた生活支援ロボットの「HSR(Human Support Robot)」および「DSR(Delivery Support Robot)」も用意します。大会では例えば、会場に設ける車いす席で観戦や移動をサポートしたり、席の専用タブレットからオーダーされたドリンクなどの品物を自律移動して届けたりするといった役割を担います。

HSR(Human Support Robot)/DSR(Delivery Support Robot) 生活支援ロボット「HSR(Human Support Robot)/DSR(Delivery Support Robot)」

 ロボットによる大会サポートは、競技運営面にも取り入れます。「フィールド競技サポートロボット(FSR)」は、陸上投てき競技などの運営を支援するロボットです。やり投げ競技やハンマー投げ競技において、投てき物の自動回収や運搬を担います。最適な経路を選んで自律走行できることはもちろん、運営スタッフに自動追従して走行するといった運用も可能です。

FSR(Field Support Robot) フィールド競技サポートロボット「FSR(Field Support Robot)」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」