ニュース
» 2019年07月24日 18時00分 公開

「ヒト型T-HR3」「観戦支援」から「ハンマー回収」まで 東京五輪で活躍する「トヨタ製ロボット」がいろいろすごそう(1/2 ページ)

ミライトワ/ソメイティロボットと握手したい。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 「ヒト型T-HR3」「遠地観戦支援や新体験」「ハンマー回収」、ミライトワ/ソメイティのロボットも──。トヨタ自動車が、2020年の東京オリンピック・パラリンピックにさまざまな機能を持つ「ロボット」を提供し、活用していくと発表しました。

トヨタ自動車が提供するロボット トヨタ自動車が東京五輪向けに提供するロボット群(写真:トヨタ自動車 以下同)

 トヨタはオリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナー。大会運営や関係者用車両、聖火リレーの先導車(関連記事)などに加え、従来の車両供給に留まらないモビリティー(移動)手段や解決策を提供することで、人の「移動したい思い」を支援する手段として、さまざまなな機能を持つロボットも活用していく考えです。提供するロボットによって「新しい形の観戦体験や運営支援を通じ、人とロボットが共生する未来を感じるきっかけにしたい」としています。

 ロボットは例えば、「ロボットのコミュニケーションや遠隔操作を通じた遠地顧客体験の提供」「運営スタッフ能効率的な競技運営の支援」「生活支援ロボットによって、車いすの人も観戦を同様に楽しめるよう支援」などに活用していきます。

 導入予定機種は「マスコットロボット ミライトワ/ソメイティ」、ヒューマノイドロボット「T-HR3」、遠隔地間コミュニケーションサポートロボット「T-TR1」、生活支援ロボット「HSR(Human Support Robot)/DSR(Delivery Support Robot)」、フィールド競技サポートロボット「FSR(Field Support Robot)」などです。

マスコットロボット「ミライトワ」 マスコットロボット「ミライトワ」
マスコットロボット「ソメイディ」 マスコットロボット「ソメイディ」

 まずは、東京2020組織委員会とトヨタが開発した「東京2020マスコットロボット ミライトワ/ソメイティ」。大会関連施設などで選手や観客を出迎えたり、案内をしたり、握手をしたり。腕の動作や力の感覚を相互に共有できる機能や、頭部にあるカメラで人を認識するとさまざまな感情を表現し、AIなどの機能によって自律して人とコミュニケーションが取れます。マスコットロボットを通じ、この他にも新たな形で大会を楽しめる内容を検討します。

マスコットロボット「ミライトワ」 大会会場でぼくと握手!

 T-HR3(関連記事)は、人が乗る「マスター操縦システム」と「ヒト型ロボット」で構成する、まるでSFの世界が現実になったような遠隔操作システムです。「ロボットにかかる外からの力を感じられる仕組み」を備えるのが特徴で、大会では「離れた場所でも疑似的に選手らと交流できる」などの活用が期待されます。映像や音声だけでなく、疑似的に選手の“力”を感じたり、“ハイタッチ”ができたりするとしています。

T-HR3 ヒューマノイドロボット「T-HR3」
T-HR3 B-roll(YouTube/トヨタグローバルニュースルーム)

 T-TR1は、米Toyota Research Instituteで開発されている移動型の遠隔地間コミュニケーションサポートロボットです。カメラと大きなディスプレイを搭載し、遠隔地の人をディスプレイ上に表示して会話できます。「あたかもその人が目の前にいるような体験」「あたかもその場所に行ったような体験」を提供するとしています。

T-TR1 遠隔地間コミュニケーションサポートロボット「T-TR1」

 車椅子利用者に向けた生活支援ロボットの「HSR(Human Support Robot)」および「DSR(Delivery Support Robot)」も用意します。大会では例えば、会場に設ける車いす席で観戦や移動をサポートしたり、席の専用タブレットからオーダーされたドリンクなどの品物を自律移動して届けたりするといった役割を担います。

HSR(Human Support Robot)/DSR(Delivery Support Robot) 生活支援ロボット「HSR(Human Support Robot)/DSR(Delivery Support Robot)」

 ロボットによる大会サポートは、競技運営面にも取り入れます。「フィールド競技サポートロボット(FSR)」は、陸上投てき競技などの運営を支援するロボットです。やり投げ競技やハンマー投げ競技において、投てき物の自動回収や運搬を担います。最適な経路を選んで自律走行できることはもちろん、運営スタッフに自動追従して走行するといった運用も可能です。

FSR(Field Support Robot) フィールド競技サポートロボット「FSR(Field Support Robot)」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声