レビュー
» 2019年07月26日 12時50分 公開

黒木華「凪のお暇」キャスティングを不安視していてごめんなさい 開始15分で引き込まれた“リアルな重さ”(2/2 ページ)

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

空気を読むことを拒否した凪

 そんな引越し先のアパートに慎二が来訪する。凪からすると、いじめっ子に再会したような気持ちだろうか。

 「どした、その頭? マジかよ、お前。ブスになったなあ〜(笑)」(慎二)

 ここで空気を読み、慎二を家に上げてしまう凪。いつものように、凪に「何かつまみ作ってよ」と慎二。そして、慎二は凪を押し倒した。

 繰り返すが、原作の慎二と高橋一生版・慎二はちょっと違う。原作版は凪のことを好きなのが丸わかり。そのこじらせが憎めず可愛らしさがあるのだけど、高橋に演技力があるだけにドラマ版は過剰に怖いのだ。まるでサイコパスに見える。マンガでは、作者独特のゆるいタッチの絵がかなり緩和していたのだと痛感した次第。

 「今後一切、私に関わらないで!」(凪)

 人生をリセットし、再スタートを切った凪。新たな道から後退しないため、彼女は元彼に言い放った。

 「また来るねー」(慎二)

 慎二は行きつけのスナックへ行き、「大好きな子にフラれた」と号泣する。彼には彼の思いがあるのだが、それまでのサイコパスが過ぎ、振り幅ばかりが強調されてしまった。彼の涙を見ても全然ほだされない。結果、SNSには「慎二、やべぇ」のハッシュタグで溢れかえる事態に。

 一方、隣人のゴンはいきなり凪にハグをした。

 「ごちそうさま。おやすみ」(ゴン)

 いや、まだ明るいのに「おやすみ」って……。抜群の癒やし効果だが、彼は「メンヘラ製造機」の異名を持つ男でもある(原作より)。

 放送直前レビューでキャスティングへの不安を書いてしまったが、今では「ごめんなさい」の心境だ。マンガ版慎二をトレースしなかった高橋のサイコパスっぷりも、あれはあれで良し。ただ今後、慎二にもゆがむ理由があり、本当は憎めない奴だとだんだんわかってくると思うので、待っていてほしい

 役者が演じるとこうも心に刺さりまくるのかと圧倒された第1話。マンガでも十分刺さってたのに、実写はさらにリアルで重くなるなんて。はっきり言って、メチャメチャいい出だしだった。今期、一番楽しみなドラマだ。


凪のお暇 重要人物相関図 イラスト/まつもとりえこ

寺西ジャジューカ

ライター

Facebook

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」