ニュース
» 2019年09月01日 12時00分 公開

『地球の歩き方』を100冊読んで発見した、「最も詩的な一節」を発表する (1/5)

旅は人を詩人にする――。

[岡田悠,ねとらぼ]


 旅行が好きだし、旅行ガイドが好きだ。なんなら旅行しなくてもガイドさえ読んでいればいい。見知らぬ土地のガイドを読みあさり、空想にふけるのは楽しい。

 旅行ガイドの目的はあくまでも現地の情報を正確に伝えることだけれど、僕が好きなのはガイドの中でもこういう表現だ。

密林の中に忽然と姿を表すアンコール・ワット。独自の世界観を持つ小宇宙がここにある。

『地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2019〜2020』より



 小宇宙。詩的だ。アンコール・ワットがどこにあるかはGoogleMapを見ればわかるが、アンコール・ワットが小宇宙だという情報は載っていない。それも旅行記や小説ではない、ガイドブックにそう言う表現が載っていることが大事なのだ。

 あくまでも客観性が重視される「ガイド」という制約の中で、思わずにじみ出てしまった筆者の主観的な旅の記憶。そういうものに旅情がかき立てられるのである。

 特に『地球の歩き方』シリーズはその傾向が強いように思う。僕は昔から家にある古い地球の歩き方を読んでは、筆者の見た景色を想像するのが好きだった。


岡田悠

夜は旅行記やエッセイを書き、昼は会計ソフトを作ってる人。2019年、noteに投稿した「経済制裁下のイランに行ったら色々すごかった」と「近所の寿司屋のクーポンを記録し続けて3年が経った」により、一躍“イランと寿司の人”となる。好きな会計用語は旅費交通費。

Twitternote



『地球の歩き方』の“にじみ出てしまった”部分

とにかくモロッコという国は、あらゆる側面において強烈な個性を放っている。初めて訪れる人にとって、旅は驚きの連続になるだろう。

『地球の歩き方 モロッコ 2006〜2007』より



 地球の歩き方には、「扉絵」となるページが最初に挟まれていることがある。扉絵では鮮やかな写真が両面に広がり、その国を象徴するような美しい一節が並んでいる。上述の文章はモロッコ編の扉絵に載っていたもので、僕を初めてのバックパック旅行にいざなった忘れられない一節だ。

 残念ながら扉絵は近年減少傾向となり、モロッコ編においても扉絵は無くなってしまっている。その代わり現地のアクティビティやレストランなどがイラストで細かく解説されるなど、実用的な情報がより充実するようになった。ガイドとしてはまっとうな進化だと思うけど、どこか寂しい気もしてしまう。

 そこで地球の歩き方の名文を後世に伝えるべく、僕は詩的な一節を集めることにした。これまでに買った数十冊の地球の歩き方を改めて開き、また足りない分は休日に図書館にこもって読みふけった。全部で100冊くらい読んだと思う。(ちなみに地球の歩き方の中でも「GEM STONE」シリーズは写真集や読み物に近く、対象外とした。あくまでも実用的なガイドの中に潜む詩的な一節を発見したいからである)

 では、ここからはその名文をランキング形式で紹介していく。なおこれは僕の完全な主観と好みであり、この他にも多くの名文が存在することは言うまでもない。

 まずは第10位からだ。


第10位 モンゴル - ゴビ砂漠

山や谷、そして砂と礫のゴビ。
わずかに草が生えた大平原にも生息する動物はいる。
何より、ここにも人の暮らしが存在する。

『地球の歩き方 モンゴル 2017〜2018』より



 モンゴルに広がるゴビ砂漠を表現した、扉絵の文章。最後の一文が良い。広い砂漠にゲルがポツンとたたずんでいる情景が浮かんでくる。そして「礫」という漢字が難しくて読めない。それがこの文章の格式を上げていてまた良い。


第9位 アイルランド

ウシュケ・バハ(命の水)。緑の島を潤す良質な水から生まれるウイスキーは、長い間こう呼ばれてきた。

『地球の歩き方 アイルランド 2019〜2020』より



 「ウシュケ・バハ」が格好良すぎるのでそれだけで思わずランクイン。倒置法の文章にすることで、その格好良さが際立っている。僕もダンルース城を眺めながらウシュケ・バハをグラスに注ぎたい。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.