ニュース
» 2019年09月01日 12時00分 公開

『地球の歩き方』を100冊読んで発見した、「最も詩的な一節」を発表する(4/5 ページ)

[岡田悠,ねとらぼ]

第1位 インド

インド。それは人間の森。
木に触れないで森を抜けることができないように、
人に出会わずにインドを旅することはできない。

インドは「神々と信仰の国」だという。
また、「喧騒と貧困の国」だともいう。
だが、そこが天国だとすれば、僕たちのいるここは地獄なのだろうか。
そこを地獄と呼ぶならば、ここが天国なのだろうか?
インドを旅するキミが見るのは、天国だろうか地獄だろうか?

さあ、いま旅立ちの時。
インドはキミに呼びかけている。
「さあ、いらっしゃい!
私は実はあなたなのだ。」

『地球の歩き方 インド 2018〜2019』より



 はい優勝!!!!!

 バックパッカーの聖地とも呼ばれる国、インド。ある意味定番すぎるので1位にするか迷ったが、やはりどう考えても圧倒的である。圧倒的すぎて最後にはインドが喋り始めた。「私は実はあなたなのだ」って。震えた。ガイドに書くことじゃない。最高である。

 先にも触れたように地球の歩き方は近年詩的な文章が減っているように思えるが、インド編だけは変わらない。「キミ」という二人称も、昔の歩き方の独特の文体を受け継いでいる。

 ガンジス川の沐浴で有名な街、バラナシの説明はこうだ。

列車に乗って行こうと、バスだろうと、自前の足で歩いて行こうと、おびただしい人々と、その間を運ばれてゆく死者たちに迎えられて、旅人はこの世界の底にある町に入り、永遠なるガンガーに全身を浸すことになる。

『地球の歩き方 インド 2018〜2019』より



 一体何人の若者たちがこれを読み、バックパックを背負って聖地へと出かけたことだろう。

 『「地球の歩き方」の歩き方』という地球の歩き方の創刊ストーリーが語られた本がある。それによるとインド編はヨーロッパ編、アメリカ編に次ぐ第3の地球の歩き方だったが、実際の旅人がその土地を解説する、というスタイルを確立した一冊だったという。地球の歩き方が今日あるのはインド編のおかげだとも述べられており、まさに歩き方の原点がこのインド編なのだ。そういう意味でもやはり1位にふさわしいと思う。

 ランキングは以上である。繰り返すがこれはあくまで僕の好みなので、他にもお勧めの一節があれば、ぜひ教えて欲しい。

 地球の歩き方は多様化する読者層や旅行ニーズの板挟みになり、大きな批判にさらされた時代もあるという。そういう背景もあって、近年は「バックパッカーのバイブル」から、「誰にでも役立つ便利なガイド」へとスタイルを変化させてきた。

 確かに「旅に出た時に便利」なのは旅行ガイドの役割だけど、それでも「旅に出たくなる」というのもまたガイドブックの魅力だと思う。というかもうこれ書いてたらすぐにでも旅に出かけたくなったので、とりあえずデリー行きの航空券を買おう。そう思えるような一冊が、これからも残り続けるといいなと思う。

『地球の歩き方』創刊メンバーの1人、安松清は言う。

「旅行業界が価格競争に明け暮れて、旅心をくすぐると言う、旅の出発点を置き去りにしてきたように思います。人は、たとえ値段が高くたって、行きたければ行きます。困難でも、行きたいものは行く。旅の魅力を自らの言葉で語り、それを伝えることを続けなければ、海外旅行もガイドブックも、先へは進めない。」

『「地球の歩き方」の歩き方』より




(了)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」