レビュー
» 2019年09月20日 18時05分 公開

「凪のお暇」今夜最終回 本質は「慎二かゴンか」の三角関係決着じゃない 単純な恋愛ドラマで終わらないのがこのドラマの魅力だ (2/2)

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

全ての合鍵に全て同じキーホルダーが

「うまいこと破談になったな」(慎二)

 本当は結ばれたいのに裏腹な言葉を吐く慎二が切ない。

 2人はそのまま立川に戻ってきた。

 慎二「じゃあ、もう一回飲み直さない?」

 「いいけど」

 かつて、慎二の前で“お酒に弱い女子”として振る舞っていた凪。でも、本当は嫌いじゃないし、飲みに誘う慎二からはありのままの凪への好意が表れている。凪も「慎二と向き合ってみてもいいかな」という態度だ。

 そこに、ゴンが猛ダッシュでやって来た。

 ゴン「凪ちゃんのことが好き。めちゃくちゃ好き!」

 言葉だけでなく態度でも示すゴン。女の子たちに配った合鍵を彼は回収していた。その数、なんと19個! しかも、全ての鍵に同じシルバーのキーホルダーが付けてある。今まで、ゴンに特別な人はいなかった。だから、全部同種のキーホルダーが付けてあるのだ。平等に優しさを与える“メンヘラ製造機”から卒業するという意思表示

 慎二は市川円(唐田えりか)との中途半端な関係を終わらせ、素直な気持ちを泣きながら凪に伝えた。ゴンは他の女性関係を断ち、まっすぐな気持ちを凪に伝えた。同じラインに立った2人、その間で揺れる凪……という状況でこのドラマは今夜最終話を迎える。


凪のお暇 初期重要人物相関図。ほどかれたり断ち切られたり結び直したりする絆、最終回はどうなるんだろう イラスト/まつもとりえこ

 しかし、「凪のお暇」は単純な恋愛ドラマじゃない。慎二orゴンのどちらにくっつくか? にばかりに焦点を当てるのはちょっと違うと思うのだ。

 慎二は凪の前で仮面を外すことができた。ゴンは不毛な女性関係に終止符を打ち、メンヘラ製造機ではなくなった。緑は“トンズラ”していた故郷の妹と半世紀ぶりに再会する。坂本龍子(市川実日子)はパワーストーンを緑のために外すことができた。「凪のお暇」は成長の物語。最終話を前に、それぞれのお暇が終わろうとしている。

寺西ジャジューカ

ライター

Facebook

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.