ニュース
» 2019年10月23日 12時00分 公開

【写真追加】日産、超小型EV「IMk」を世界初公開 東京モーターショーで披露【写真56枚】 (1/2)

【更新】軽サイズの「かなり現実的な」フルEV。近未来プリズムディスプレイのインテリアも見どころ。

[ねとらぼ編集部, 鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 日産自動車が、第46回東京モーターショー2019(2019年10月25日〜11月4日)で軽自動車サイズの都市型EV「IMk」を発表しました。

 東京モーターショー2019では、同社のキーコンセプト「ニッサン インテリジェント モビリティ」の将来を示すコンセプトカーの世界初披露に加え、電動駆動車で先行する「リーフe+」や「セレナ e-POWER」、“手離し運転”を実現した先進運転支援システム「プロパイロット 2.0」(関連記事)とそれを初めて搭載した「新型スカイライン」(関連記事)などを展示します。

日産 東京モーターショー 世界初公開の小型EVコンセプトカー「ニッサン IMk」(写真:日産自動車、以下同)

 注目は世界初披露となるEV「ニッサン アリア コンセプト」(関連記事)と、この小型EV「ニッサン IMk」です。

 IMkは、日本独自の「軽自動車規格(の車体サイズ)」に収めたフルEV。「都市部の洗練された景観から日本らしい伝統的な街並みにも自然に溶け込む上質なデザインを取り入れた」(日産自動車)とうたうデザイン性の高さとともに、日本市場はもちろんそれに留まらず、軽サイズの小型ボディーを生かした電動の都市移動型コミューターとして、すぐ近くにある未来の活用シーンを提案します。

 IMkはあくまでコンセプトカー展示ですが、「今すぐ発売できそう」と思えるくらいに洗練されたデザインやパッケージです。もし市販化されるのであれば、リーフよりも小型サイズということで車両のさらなる低価格化に期待です。先進運転支援システムも、新型スカイラインに採用した「プロパイロット 2.0」を搭載。高速道路の手離し運転や自動レーンチェンジ支援などの自動運転レベル2+相当の機能、車両自身が駐車スペースを探して駐車し、スマホで呼べばその場所まで迎えに来てくれる自動バレーバーキング機能など、「新世代の快適な移動空間」を実現する先進技術を備えます。

 インテリアにもちょっとワクワクできそうな近未来的装備があります。インストルメントパネルは透明な三角柱のプリズムディスプレイ。速度計やナビ表示が浮かび上がるように表示されるようです。また、左右のAピラーに2つスマホくらいの小型ディスプレイがあり、エクステリアにもドアミラー部品がありません。ドアミラーを廃したデジタルドアミラーレス仕様(関連記事)だと思われます。

 日産は、世界でも先行する半普及価格帯EVのリーフ、シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」搭載車を売れ筋車種のノートとセレナから搭載した前例があります。他社のハイスペック/モンスタークラスのスポーツ走行志向や高級車志向である、いわばまだ“夢”に近いEVに対して、一般層需要に向けたかなり現実的な仕様は「お、これならばEVも」と思わせる大きな一手になるでしょう。会場でチェックしておきたい1台です。

日産 東京モーターショー 軽自動車サイズの小型EV。あくまでコンセプトカーだが、全くのドリームカーではなく、「所有するならば、これどうか」と普通に想像できるくらい完成度は既に高そう
日産 東京モーターショー デザインはかなり洗練されていてカッコイイ
日産 東京モーターショー インストルメントパネルは近未来的なプリズムディスプレイ。フラットフロアでもあり、車内空間はかなり広く感じられそう

新型スカイライン、セレナ e-POWER、限定の「GT-R 50th Anniversary」なども集合

 市販車は、2019年マイナーチェンジでデザインチェンジした「セレナ e-POWER」、プロパイロット 2.0を初搭載した新型「スカイライン」、大容量バッテリーで航続距離を最大458キロに伸ばした「リーフ e+」などを展示。フラッグシップ車「GT-R」も最上位グレードの最新2020年モデル「GT-R NISMO」(関連記事)や生誕50周年記念特別仕様車「GT-R 50th Anniversary」(関連記事)を披露します。この他、ブース内の物販コーナーを設置し、東京モーターショー限定グッズなどを販売します。

日産 東京モーターショー 新型「スカイライン」
日産 東京モーターショー セレナ e-POWER
日産 東京モーターショー GT-R 50th Anniversary

 展示ブースは東京ビッグサイト有明エリア西展示棟の西2ホール。この他、青海展示棟の「Out of KidZania」で子どもや家族で楽しめる「日産のクルマデザイナー体験」などの体験コーナーも設けます。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」