レビュー
» 2019年11月01日 10時50分 公開

「4分間のマリーゴールド」福士蒼汰と義姉・菜々緒がついに恋人になった3話 視聴率下落は横浜流星の出番が少ないせい?(1/2 ページ)

他の家族に秘密のまま、恋人になった。

[大山くまお, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 「みことのことが好きだから。私はずっと、ずっとみことのことが好き!」

 「俺もだよ」

 福士蒼汰主演の金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」。人の「死の運命」が見える救急救命士と、余命1年の義姉との禁断の愛を描く。先週放送された第3話の視聴率は7.6%。視聴率低下の理由は、横浜流星くんの出番が少なかったからかな……?


4分間のマリーゴールド 余命1年の菜々緒と義理の弟・福士蒼汰との禁断の恋 イラスト/まつもとりえこ

ついに想いを伝え合う義姉と弟

 第3話でのクライマックスは、ついにみこと(福士蒼汰)と義姉の沙羅(菜々緒)がお互いに秘めてきた想いを伝え合う場面だった。

 1話、2話でも、お互いの想いは通い合っているように見えた。だが、それはあくまで義理の姉と弟として、相手を慈しみ合っていたもの。だが、3話では気持ちが一線を超える。

 土砂降りの中、危険な救命現場に向かおうとするみことを沙羅が呼び止めた。「姉だからじゃない! 姉だから止めるんじゃない」。

 雨に打たれてずぶ濡れになりながら、ストレートに想いを伝える沙羅。驚きつつ、それを受け止めるみこと。ふたりはゆっくりと距離を縮め、ずぶ濡れになりながらついに抱き合う。真っ赤な沙羅のスカートと、みことの青いシャツのコントラストも美しい。


4分間のマリーゴールド ストレートに想いを伝える沙羅。驚きつつ、それを受け止めるみこと イラスト/まつもとりえこ

失いそうになって気づく

 救急救命士という仕事が象徴しているように、みことはいつも誰かのために尽くしている。また、誰かのために尽くしたいと思っている男だ。逆に言えば、自分の意志が薄く、自分本位でエゴを出すことがない。そのことを同僚の志乃(関水渚)にズバリ指摘されていた。

 だが、兄・廉(桐谷健太)の親友で、カメラマンの広洋(佐藤隆太)が沙羅を海外に連れていく話が持ち上がり、沙羅を失いそうになる。一方、みことは救命現場で怪我をしてしまう。軽傷だったが、沙羅は狼狽ぶりを隠さなかった。沙羅もみことを失ってしまうかもしれない、という気持ちに駆られたのだ。だから、声を上げた。「姉だから止めるんじゃない」と。

 ここでも、みことは受け身だったが、ようやく自分の気持ちに輪郭を与えることができたのだろう。義姉を抱きしめながら、心の声を出す。

 「俺は姉さんの運命を知ってからずっと、この人に何をしてあげられるかばかり考えていた。姉さんの命を救いたい。その夢をかなえてあげたい。

 でも本当は……その髪にふれたかった。腕にも、頬にも。出会ってから今まで、どの瞬間も大好きだったことを伝えたかった。抱きしめたかった。ふたりの未来の話もしたい。来年も、その先も、ずっと。愛するこの人にマリーゴールドを贈りたい」。

 失いそうになって、初めて気づく気持ちがある。沙羅の余命のことがなければ、みことは思いを秘めたままだっただろうし、沙羅もみことの気持ちを大切にして距離を置いただろう。だが、2人は自分の想いに気づき、それを相手に伝えてしまった。2人は恋人になったのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10