レビュー
» 2019年11月06日 11時31分 公開

「同期のサクラ」次第に差がつく同期たちの描写がリアル 「一生引きこもる」運命の分かれ道にいた蓮太郎(岡山天音)を救ったサクラ【4話】 (2/2)

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 じいちゃんのFAXに書かれていたのは「辛い時こそ、自分の長所を見失うな」というメッセージ。サクラは設計部に乗り込み、蓮太郎の長所を部長に訴えかけた。ダメ出しされた箇所を修正し、ブラッシュアップした蓮太郎の設計図は見違えるようだった。蓮太郎は時間がかかっても諦めない粘り強さを持っている。「長所を見失うな」とはサクラと蓮太郎、両者に響く言葉。人の長所を見つけることができるのは、サクラの持つかけがえのない長所だ。

 帰宅した蓮太郎は家族にラーメンを作ってくれるようリクエストした。すると、両親と弟は驚きの表情になる。今まで、家族がどれだけ腫れ物を扱うように蓮太郎に接してきたか、あの瞬間でわかった。

 サクラの病室にいる蓮太郎の口ぶりだと、あれからも彼は一級建築士の試験に何度か落ちたようだ。大学を2浪したのに同期の誰よりも精神年齢が低く、仕事面でも他の同期に差をつけられていた蓮太郎。でも、今はスタジアムの設計を任せられるほどの存在になった。「どんなに時間がかかっても諦めない粘り強さがある」というサクラの言葉に間違いはなかったのだ。


同期のサクラ サクラの同期たち相関図 イラスト/まつもとりえこ

いつもの流れに血を通わせた、サクラからだだ漏れの感情

 実は、サクラがドンドン成長している。

 まず、納得いかない場面で彼女が行う「スーーーッ」の回数が減った。手の傷の原因を火野すみれ(相武紗季)に聞かれたときは口ごもって口をパクパクさせていたし、蓮太郎の両親に会社で何かあったか聞かれたときは「ご本人と相談してからご説明します」とやり過ごした。以前は思っていることをすぐ口にしていたのに、いつしか周囲のことを考えるようになったサクラ(でも、ウソは言えないから口をパクパクさせる)。ロボット的だった彼女のコミュニケーション能力が、いつの間にか向上している。

 おなじみのセリフ「私には夢があります!」を設計部部長に訴えたサクラの様子は、今までと明らかに違った。無表情なのに内にある感情がだだ漏れし、伝えたい気持ちが先走っていたのだ。やっぱり、ロボット的なんかじゃない。「苦しむ同期をサクラが救う」といういつものフォーマットに、人間らしいサクラが血を通わせた。

 サクラの故郷にかける橋の着工は中止になった。夢が遠のく一方のサクラなのに、自分の夢を語ることで仲間を救い続ける展開は何とも皮肉だ。

寺西ジャジューカ

ライターFacebook

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」