ニュース
» 2019年11月22日 13時00分 公開

友だちに言う「1万円貸して」ってどれほど重い? 「言葉の重さ」で遊ぶパーティゲーム「コトバグラム」登場

その人にとって、お題の言葉はどのくらい重いか推理するゲーム。コミュニケーションツールに良さそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 もしも友だちに「1万円貸して」と言わざるを得ない状況になったら――気軽に頼める人もいれば、口が裂けても言えないという人だっているでしょう。このように人によって認識の異なる、「言葉の重さ(言いやすさ)」がテーマのパーティゲーム「コトバグラム」が11月25日に2800円(税別)で発売されます。


コトバグラム

 「トポロメトリー」や「DEATH NOTE人狼」(関連記事)などに携わったボードゲームデザイナー、ミヤザキユウさんの新作。プレイヤーは親と子に分かれ、子はお題の言葉について、親がどの程度の重さ(言いやすさ)だと考えているか、推理して当てることになります。

 お題は「ヒトカード」と「セリフカード」を引いて決定。言う相手によって重さが変わってくる言葉が厳選されており、「“友だち以上恋人未満”の相手に『カラオケ行こう』」「父に『おごるよ』」など、悩ましいシチュエーションが提示されるよう設計されています。


お題 セリフとヒトの組み合わせでお題の状況が決定

 親はお題の重さを、「軽い(言いやすい)」「軽め(言える)」「重め(言いづらい)」「重い(言いたくない)」の4段階から選んで決定。子は親が想像した状況や背景について3回まで質問し、推理に役立てることができます。

 そして正解した子は親から得点チップを獲得。親を交代しつつ一連のやりとりを繰り返し、高得点を取ったプレイヤーの勝利となります。他人の気持ちをよく分かっていて、かつ自分を分かってもらえるよう上手に自己開示できる人、つまり「いい人が勝つゲーム」だと、作者は述べています。


重さ ゲーム上の「重さ」はカードで表現。親の決定と子の推理で、カードが一致すれば子の勝ちとなる

 「コトバグラム」は11月23〜24日の「ゲームマーケット2019秋」(東京ビッグサイト)で先行販売。会場では他サークルとのコラボレーションで、コトバグラムに貼って使える限定拡張シールを配布するとのことです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10