ニュース
» 2019年11月22日 13時00分 公開

友だちに言う「1万円貸して」ってどれほど重い? 「言葉の重さ」で遊ぶパーティゲーム「コトバグラム」登場

その人にとって、お題の言葉はどのくらい重いか推理するゲーム。コミュニケーションツールに良さそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 もしも友だちに「1万円貸して」と言わざるを得ない状況になったら――気軽に頼める人もいれば、口が裂けても言えないという人だっているでしょう。このように人によって認識の異なる、「言葉の重さ(言いやすさ)」がテーマのパーティゲーム「コトバグラム」が11月25日に2800円(税別)で発売されます。


コトバグラム

 「トポロメトリー」や「DEATH NOTE人狼」(関連記事)などに携わったボードゲームデザイナー、ミヤザキユウさんの新作。プレイヤーは親と子に分かれ、子はお題の言葉について、親がどの程度の重さ(言いやすさ)だと考えているか、推理して当てることになります。

 お題は「ヒトカード」と「セリフカード」を引いて決定。言う相手によって重さが変わってくる言葉が厳選されており、「“友だち以上恋人未満”の相手に『カラオケ行こう』」「父に『おごるよ』」など、悩ましいシチュエーションが提示されるよう設計されています。


お題 セリフとヒトの組み合わせでお題の状況が決定

 親はお題の重さを、「軽い(言いやすい)」「軽め(言える)」「重め(言いづらい)」「重い(言いたくない)」の4段階から選んで決定。子は親が想像した状況や背景について3回まで質問し、推理に役立てることができます。

 そして正解した子は親から得点チップを獲得。親を交代しつつ一連のやりとりを繰り返し、高得点を取ったプレイヤーの勝利となります。他人の気持ちをよく分かっていて、かつ自分を分かってもらえるよう上手に自己開示できる人、つまり「いい人が勝つゲーム」だと、作者は述べています。


重さ ゲーム上の「重さ」はカードで表現。親の決定と子の推理で、カードが一致すれば子の勝ちとなる

 「コトバグラム」は11月23〜24日の「ゲームマーケット2019秋」(東京ビッグサイト)で先行販売。会場では他サークルとのコラボレーションで、コトバグラムに貼って使える限定拡張シールを配布するとのことです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響