ニュース
» 2019年11月25日 12時46分 公開

残業時間が少ない職種第1位は「美容関連職」、では多い職種は? 105職種で比較した、残業時間ベスト・ワーストランキング

残業の少なさだけが、満足度につながるわけではなさそう。

[ねとらぼ]

 転職サービス「doda(デューダ)」が「残業時間の実態調査」を行い、11月25日にその結果を発表しました。調査では、残業時間が少ない職種は「事務・アシスタント」「医療系専門職」、多い職種は「営業」「建築・土木系エンジニア」という結果になりました。

 調査対象となったのは20〜59歳のビジネスパーソン1万5000人。調査では、職種を105種類に分けて、それぞれの残業時間を算出しています。

 全体の平均残業時間は、1カ月24.9時間でした。1カ月の出勤を20日間とした場合、1日あたり平均約1時間15分の残業をしていることになります。

残業時間の実態調査 平均残業時間は1カ月24.9時間(duda残業時間ランキング2019より)

 平均残業時間が少なかった職種トップ3は、1位「美容関連職(理美容/エステ/マッサージ)」、2位「営業事務・アシスタント」、3位「生産・製造・プロセス開発(医療系)」でした。

 残業時間が少ない職種上位20位には、2位の「営業事務・アシスタント」や4位の「医療事務」をはじめ、事務・アシスタント系に分類される11職種のうち、9職種がランクインしました。また、医療系専門職も、3位の「生産・製造・プロセス開発(医療系)」や13位の「薬事」など、5職種がランクインしています。

 平均残業時間が多かった職種トップ3は、1位「設備施工管理」、2位「建築施工管理」、3位「食品/消費財メーカー」でした。

 残業時間が多い職種上位20位では、営業に分類される職種が最も多く、3位の「食品/消費財メーカー」をはじめ、7位の「総合商社」や10位の「証券会社(法人)」など7の職種がランクイン。次いで、1位の「設備施工管理」や2位の「建築施工管理」など、建築・土木系エンジニアの5職種がランクインしています。

残業時間の実態調査 残業時間が少ない職種、多い職種ランキング 上位20位(duda残業時間ランキング2019より)

 「doda」が2019年9月に発表した、現在就いている職種に対する満足度を調査した「仕事満足度ランキング」と今回の結果を比較すると、「労働時間」への満足度が高く、残業時間が少ない職種は、2位の「営業事務・アシスタント」、3位の「生産・製造・プロセス開発(医療系)」、5位の「経理事務・財務アシスタント」、6位の「総務アシスタント」、7位の「金融事務」、9位の「銀行(個人)」、19位の「分析/評価(素材・化学・食品・化粧品・その他)」の7職種のみでした。

 この結果から、労働時間の満足度は残業時間の長さだけが影響を与えるわけではなく、リモートワークや在宅勤務、休日の多さや有休のとりやすさなどが影響していることが分かります。また、残業する理由に納得しているか、自分の意志で働き方を調整できるかなどでも、労働時間に対する受け止め方が大きく変わってくるといえそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.