「モトカレマニア」6話、都合のいい展開にツッコませてください! マコチ(高良健吾)のキャラが定まらない問題はいよいよ深刻に(1/2 ページ)

ユリカの元カレ・翔とはなんだったのか……。

» 2019年11月28日 11時50分 公開
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 11月21日に「モトカレマニア」(フジテレビ系)の第6話が放送された。それにしても、今回場を荒らしまくった源翔(柿澤勇人)とは一体何者だったのだろう……?


モトカレマニア まさかのモトサヤマニア回 イラスト/たけだあや

ようやく言えた「ユリカが好きだ」

 難波ユリカ(新木優子)の元カレ・翔の存在にショックを受ける“マコチ”こと福盛真(高良健吾)。彼はユリカのことが気になり、彼女のSNSを何度もチェック。「このままではモトカノマニアになってしまう」とこぼしたが、山下章生(浜野謙太)から「好き」を全力で追いかけられる人しかマニアにはなれない、と告げられた。

 翌日、チロリアン不動産に「マンションを探している」と翔が来店、担当にマコチを指名した。後日、マコチは翔がユリカ以外の女性とキスしている現場を目撃してしまう。マコチは「あの人はやめたほうがいい」とユリカに忠告するが、ユリカは「傷つかないよ。そういう人って知ってるから」と返答。ユリカは翔とドライな関係を楽しもうとしていた。

 後日、翔は購入するマンションを決め、マコチの目の前でユリカに鍵を渡し、結婚前提の交際を申し込んだ。引っ越し当日、2人の前に現れたマコチは「ユリカが好きだ」と告白。翔はユリカから身を引き、ユリカとマコチは交際を開始した。

何しに来たんだ、翔?

 今回のキーマンはユリカの元カレ・翔である。彼がよくわからなかった。では、この男の人物像を振り返っていきたい。

 数年前、ユリカが「忘れられない」と口にしていた“マコチ”とは目の前にいる男のことと気付いた翔は、あの手この手でマコチに揺さぶりをかけていった。チロリアン不動産を訪れ、客になって上の立場から挑発を繰り返し、マコチがどういう男か値踏みしたのだ。

 というのも、翔にとってユリカは唯一忘れられない女だった。「俺がマコチを忘れさせる」と言い切る態度は強い決意の表れ。ユリカが抱いていたマコチへの想いと翔のユリカへの感情はすごく似ている。

 なのに、マコチがユリカに告白すると、急に潔く身を引いてしまう翔。

 「別れよう。ユリカ、幸せになれよ。潔くさよならだ、じゃあな」

 散々場を荒らした挙げ句、2人を復縁させる恋のキューピッドとなって退場した彼。文字通りの当て馬。あんなにユリカを思っていて、マンションまで買ったのに、マコチに勝てないと悟ったらあんなあっさり退場するなんて……。「実はいい奴だった」というより「何しに来たんだ?」というはてなマークが脳裏に浮かぶ。謎の立ち位置。つまり、その後の展開のため、ユリカとマコチを復縁させたかっただけとも受け取れた。何、この都合のいい脚本は……。

大して悩みもせず引っ越そうとしたユリカ

 続いては、ユリカについて。マコチを追うことに疲れ、幻滅し、傷心旅行へ行ったのは前回5話だった。そして、温泉からの帰り道でいきなり翔を連れているというスピード感。見違えるようなフットワークの軽さに驚いたが、わからないでもない。「ドライな関係もいい」と前へ歩み出そうとする決意だと受け取った。

 でも、プロポーズされ、マンションを買い与えられ、大して迷いもせず引っ越し(未遂)に踏み切る判断は、さすがに唐突すぎてついていけなかった。その間をもう少し描いてくれないと、こちらだって意味がわからない。何、この脚本は……。

マコチのキャラが定まっていない問題

 最大の問題はマコチである。彼はあっちこっちにキャラがブレすぎなのだ。

 ユリカのSNSが更新されないかチェックしまくる姿は、もはやモトカノマニアである。ユリカとキスしたとき「付き合うとは言ってない!」とすごい剣幕で否定してたくせに……。そのキスだって「かわいいなと思った」から衝動に駆られてやったものであった。直前には、丸の内さくら(山口紗弥加)とキスしようとしているし。

 自分を抑えられないマコチをずっと見せられた上で、今回押し出されたのは「複数の選択肢から正解を選ぼうと沈黙してしまう」彼の考えすぎの性分だった。いや、どこがだよ!

 このドラマのマコチはキャラが定まっていないし、彼の考えていることはいまいちよくわからない。第1章にはあった脳内会議が開かれれば各人物の思いも細かに伝わるのに、いつの間にかさっぱり開かれなくなったのは残念である。「甘い見通しユリカ」、かわいかったのだけど……。

 

元サヤ直後のマコチの微妙な表情

 翔からの挑発、さらに安藤一朗(小手伸也)の助言を受け、マコチはユリカにようやく告白できた。ついでに、さくらは駒込和真(淵上泰史)から、来栖むぎ(田中みな実)は山下からキスをされ、3カップルがまとめて復縁を果たしたのだ。おめでたいことのように見えなくもないが、そこに至るまでの過程はほとんど描かれておらず、展開がざっくりしすぎててついていけない。だから、3組のキスに何の感情移入もできないのだ。そもそも和真は離婚していないから、さくらがまたヤリ逃げされる可能性は大だし……。


モトカレマニア 3組のキスに何の感情移入もできない イラスト/たけだあや

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. /nl/articles/2406/14/news035.jpg 2歳弟、大好きな姉とハグをするはずが…… 胸がギュッとなる数秒後→まさかの展開に「かわいいー!」「男の子って面白い」
  3. /nl/articles/2406/13/news190.jpg 「全員死ねばいいのに」人気グラドル、局部写真送るファンにうんざり 被害明かす→被害拡大で「俺が死ぬわ」
  4. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  5. /nl/articles/2406/14/news106.jpg 「マジだ! すげー!」 Google Chromeロゴに隠された“まさかの事実”に驚きの声 「今年いちばん驚いたかも」
  6. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  7. /nl/articles/2406/11/news173.jpg 2年かけて金箔やメッキを集める→完成した“1本の延べ棒”が1466万表示 夢あるビフォーアフターに「ロマンある―!」「継続は力なり」
  8. /nl/articles/2406/14/news028.jpg 「もう付き合っちゃえよ!」と言いたくなるオオタカとトビが話題 集会中のレアな姿に「既に付き合ってるな!」「面白すぎ」
  9. /nl/articles/2406/13/news018.jpg 40歳女性「顔周りに多い白髪、昔は“よりによって……”と落ち込んだけど今では……」 白髪を楽しむグレイヘアに「めっちゃ素敵!」「勇気出た」
  10. /nl/articles/2406/14/news120.jpg 「虎に翼」、まさかの人物が全てをかっさらう Xトレンドで「目力強すぎて圧倒」「“直明役の子かっこいいなあ”と思ったら」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」