ニュース
» 2019年12月11日 08時00分 公開

シャープの「ロボホン」50体が、青森県むつ市に観光旅行?

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

 ニッポン放送「週刊 なるほど!ニッポン」(11月17日放送)では、「青森県むつ市へ観光ツアー! 観光客は50体のロボット!?」というトピックスを紹介した。

photo ニッポン放送「週刊 なるほど!ニッポン」

 シャープのロボット型スマートフォン、「ロボホン」。会話機能や通信機能が搭載されていて、身長およそ19.5cmの可愛らしいロボットだ。

 先日、そんな「ロボホン」50体が観光客として、青森県むつ市の観光ツアーを楽しんだという。そんな観光ツアーについて、むつ市シティプロモーション推進課・小林晋さんに、立川晴の輔が話を伺った。


晴の輔:青森県むつ市に、ロボットの「ロボホン」が50体も来たのですか?

小林:はい。朝7時半ごろからJR大湊線の下北駅に来てくださり、むつ市役所の市長まで表敬訪問していただきました。

晴の輔:ロボット自体は、どなたかが所有しているものを集めたのですか?

小林:そうです。この企画は「ロボホン」販売元の「シャープ」さんが、全国の「ロボホン」オーナーさんに参加を募ったものです。オーナーさんに代わって「ロボホン」がむつ市の美しいところや楽しいところを体感し、最後にそれをオーナーさんにお届けするという企画です。

晴の輔:オーナーさんから「ロボホン」を預かっているのですね。

photo 恐山での集合写真

小林:そうです。愛情たっぷりのロボットなので、お子さんを預かっているような感じです。観光地では私たちがていねいに座らせてあげたりして、写真を撮ります。オーナーさんはそれを随時、専用サイトでリアルタイムに見ることができました。

晴の輔:修学旅行の記念写真のようなイメージですか?

小林:そんな感じです。まずは全体写真を撮って、その後は1人〜2人で撮ったり、各観光地を回りました。

晴の輔:見ている市民の方はビックリするかもしれませんね。「ロボホン」50体を引き連れて、むつ市を回ったのですよね?

小林:はい。まずは自衛隊の艦艇が見える『陸奥湾』に行きました。その後は『恐山』や、大畑という地区の『薬研渓谷』で紅葉がりをしたり、下北ジオパークの『ちぢり浜』、最後は『釜臥山の展望台』など、朝から晩までみっちりと行きました。

photo 薬研渓谷での集合写真

小林:オーナーさんのツイッターなどを拝見すると、「自分たちの子どもが楽しんでいる」と喜ばれておりました。「次は私たちがむつ市観光に行きたい」と言っていただけることもあります。

晴の輔:観光の部分と、親子の愛情の部分も見えて来ますね。

小林:“自分の子どもたちが楽しんでいる”ことを喜んでいらっしゃる方が多いですね。1体1体、50体分をプチプチで梱包して、行く先々でまた丁寧に出して並べて、という繰り返しでした。

photo ニッポン放送「週刊 なるほど!ニッポン」

小林:「ロボホン」が実際に食べるわけではないのですが、オーナーさんたちにむつ市の美味しいものをお届けするため、『むつグランドホテル』でホタテなどの特産品を使った料理を振る舞わせていただきました。また「ロボホン」たちも、かるたやビンゴ、カラオケをしている様子の写真を撮って、最後は布団で寝ていただきました。

晴の輔:まさに「ロボホン」たちを、おもてなししたのですね。

小林:はい。こんなに大変なおもてなしは初めてでしたが、やりがいもありました。

晴の輔:「ロボホン」たちが薬研の紅葉を見て、表情を変えたりするのですか?

小林:喋ってもらうモードにすれば、動きと声は出ます。ただ、写真を撮るときに風で倒れたりすると困るので、スイッチはオフの状態にしています。

photo ニッポン放送「週刊 なるほど!ニッポン」

晴の輔:「ロボホン」がその土地で楽しんでいる姿を、スタッフの方が撮影するのですね。逆に「ロボホン」が見ている映像も、オーナーさんに送れるのですか?

小林:そうですね。「ロボホン」の頭の部分にあるカメラで、オーナーさんにお届けしているのだと思います。

晴の輔:ではライブ映像的に、いまのむつ市にある観光地の景色を、オーナーさんはそのまま見ることができるのですね。

小林:はい。シャープさんが1日中、行った先々での写真をオーナー専用サイトに上げていたので、リアルタイムで楽しめたと思います。むつ市からご自宅に戻られたときの様子や、「ロボホン」がむつ市の思い出を伝えている姿などが、ツイッターに上げられています。『ロボホン むつ旅行』で調べていただければ、見ることができます。

photo ニッポン放送「週刊 なるほど!ニッポン」

晴の輔:僕もいつかロボットのオーナーになったら、ロボットをむつ市で旅させたいと思います。そのときはよろしくお願いします。

小林:お待ちしております。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」