ニュース
» 2019年12月20日 11時00分 公開

コミカライズを自ら提案、Kindleで配信。月に84万円売れました──ナカシマ723さんに聞く「だから今、やるしかないんです」(1/4 ページ)

「魔王を倒すために算段をつけて、なにを準備していくか」。同じように現実も攻略すべきもの。漫画家の今を感じさせる、ナカシマ723さんのインタビュー。

[堀田純司,ねとらぼ]

クリエイターとおかね 第2回 前編

 この連載では、今どきならではの可能性を感じさせてくれるクリエイターの人にご登場いただきたいと思っているのですが、その意味で、ナカシマ723さんは、とても今どきの漫画家さんです。

 「ナカシマ723さんは、2016年にカドカワBOOKSより出版されたロケット商会さんの小説『勇者のクズ』のコミカライズを担当。2018年にWeb連載を開始し、現在、紙の単行本第1巻が発売されている」

──と、これだけ聞くと、「すごいことはすごいけど、世の中にあることだよね」と思われるかもしれませんが、実はこれがぜんぶナカシマさん個人発の活動。

 もともと「パクツイBOTスレイヤー」というマンガシリーズをブログ、Twitterで公開し、大きな注目を集めていたナカシマさん(関連記事)は、個人としてロケット商会さんにコミカライズを提案。きちんと契約を交わし、配分や規定を取り決めた上で、マンガを執筆。折しも運営が始まっていた「Kindleインディーズマンガ」などのプラットフォームで連載を開始する。そして月あたりピーク時84万円の売り上げを達成したそうです。

フォト 勇者のクズ」1巻

 原稿がたまると電子書籍として単行本を販売、追ってさらに紙の単行本をご自身で刊行、出版した。その単行本にはきちんとISBNコードも入っていて、こういう言い方がいいか悪いのかわからないのですが、私などは本だけ見ていると、それが個人出版であることはわからなかったです。

 今の時代、作品を公開するプラットフォーム、自分で宣伝するメディア、本を刷りカバーまでかけてくれる印刷所、刷った本を保管し発送してくれるサービスまでがそろっていて、個人でも商業出版と変わらない活動ができる。

 個人と法人の商業出版のクロスオーバーなスキームというと、ONEさん、村田雄介さんの「ワンパンマン」が思い浮かびます。あちらのケースでは法人の大きな商業活動が背景にありましたが、逆に個人から商業側にコミカライズを提案したナカシマさんのような活動は、なかなか新しいと思います。

 今回そのナカシマさんにお話をうかがったのですが、この人が運用したサービスは、どれひとつとして特別なものはない。みんな使うことができるもの。しかしそれを組み合わせて行くことでユニークな活動になった。そのキーワードは「攻略」でした。

フォト Kindleストアに公開されている「勇者のクズ」1巻(無料版)より。セリフは横書き、左から右に読み進むようになっている

きっかけは「パクツイBOTスレイヤー」

――ご活動のアウトラインを、教えてください。

 わりと珍しい型のマンガ家だと思います。というのは、私、雑誌に載ったのはデビュー作で一回きり。だから当然まだ出版社からは一度も単行本を出したことがないんですよ。

 でも個人から依頼されたイラストや、あとは広告案件ですね。SNS上で発表する広告マンガなど企業関連を案件を受けて、それでなんとか10年近くやれているので、そこは珍しい、今どきの形のマンガ家だなとは思います。

――そうした活動を行いながら、小説家とコンタクトを取り、「勇者のクズ」のマンガ版連載をはじめられた。自作のマンガをマネタイズしていくことは今どきはぜんぜんありですが、法人と個人の垣根を越えてコラボして、自分で連載を開始するという活動はユニークですね。

 そうですね。現在は「勇者のクズ」の連載をメインの仕事にしているのですが、作画のほうから原作の方にアプローチして、版権を獲得する。その上で、マンガ版はマンガ版としてこちらでマネタイズする。で、何割かを原作者さんに渡す。言われてみれば、こうしたこと自体も珍しい形式かもしれないです。

 でも、そうなったのはたまたまです。もともと20歳ぐらいのペーペーのころは、「やっぱりジャンプで連載したい」みたいな感じで投稿してたりしていたんですけど、大学卒業までに、連載を取れるっていう感じでもなかった。

 デビューしたのは『ウルトラジャンプ』という雑誌だったんですけど、自分には青年誌で描きたいことって、特になかったんですよね。それでいったん実家に戻って、フリーランスとして仕事を始めて。といっても最初の1、2年は半ばニートみたいな感じでしたけど、ここ3年ぐらいでふつうに東京で自活できるぐらいの経済力がついたので、上京してきたって感じです。

――広告案件の仕事が来るようになったきっかけは、SNSでしょうか。

 それが大きかったと思います。もともと私が「パクツイBOTスレイヤー」というマンガやイラストを公開していて、それを見た広告代理店さんが、最初に広告マンガの連載の仕事を依頼してくださったんですよ。

――画像の無断転載アカウントを糾弾するマンガシリーズですね。

 そうですね。Twitterの無断転載アカウントにイラストを勝手に使われて、クリエイターの方々が「へこむわ」といった話がよくタイムラインで流れていたんです。私自身も、たとえば「どの壁ドンがお好き?」というイラストが無断で転載されたりして、「だったら、全部処分してみる」みたいな感じで始めました。

 いま考えると、カラーマンガをWebで百何十ページもね。「よく描いていたな」と思いますけど、でもフォロワーさんも一気に増えてくれましたし、ありがたいことに実にはなった、形にはなったってことですね。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」