コミカライズを自ら提案、Kindleで配信。月に84万円売れました──ナカシマ723さんに聞く「だから今、やるしかないんです」(1/4 ページ)

「魔王を倒すために算段をつけて、なにを準備していくか」。同じように現実も攻略すべきもの。漫画家の今を感じさせる、ナカシマ723さんのインタビュー。

» 2019年12月20日 11時00分 公開
[堀田純司ねとらぼ]

クリエイターとおかね 第2回 前編

 この連載では、今どきならではの可能性を感じさせてくれるクリエイターの人にご登場いただきたいと思っているのですが、その意味で、ナカシマ723さんは、とても今どきの漫画家さんです。

 「ナカシマ723さんは、2016年にカドカワBOOKSより出版されたロケット商会さんの小説『勇者のクズ』のコミカライズを担当。2018年にWeb連載を開始し、現在、紙の単行本第1巻が発売されている」

──と、これだけ聞くと、「すごいことはすごいけど、世の中にあることだよね」と思われるかもしれませんが、実はこれがぜんぶナカシマさん個人発の活動。

 もともと「パクツイBOTスレイヤー」というマンガシリーズをブログ、Twitterで公開し、大きな注目を集めていたナカシマさん(関連記事)は、個人としてロケット商会さんにコミカライズを提案。きちんと契約を交わし、配分や規定を取り決めた上で、マンガを執筆。折しも運営が始まっていた「Kindleインディーズマンガ」などのプラットフォームで連載を開始する。そして月あたりピーク時84万円の売り上げを達成したそうです。

フォト 勇者のクズ」1巻

 原稿がたまると電子書籍として単行本を販売、追ってさらに紙の単行本をご自身で刊行、出版した。その単行本にはきちんとISBNコードも入っていて、こういう言い方がいいか悪いのかわからないのですが、私などは本だけ見ていると、それが個人出版であることはわからなかったです。

 今の時代、作品を公開するプラットフォーム、自分で宣伝するメディア、本を刷りカバーまでかけてくれる印刷所、刷った本を保管し発送してくれるサービスまでがそろっていて、個人でも商業出版と変わらない活動ができる。

 個人と法人の商業出版のクロスオーバーなスキームというと、ONEさん、村田雄介さんの「ワンパンマン」が思い浮かびます。あちらのケースでは法人の大きな商業活動が背景にありましたが、逆に個人から商業側にコミカライズを提案したナカシマさんのような活動は、なかなか新しいと思います。

 今回そのナカシマさんにお話をうかがったのですが、この人が運用したサービスは、どれひとつとして特別なものはない。みんな使うことができるもの。しかしそれを組み合わせて行くことでユニークな活動になった。そのキーワードは「攻略」でした。

フォト Kindleストアに公開されている「勇者のクズ」1巻(無料版)より。セリフは横書き、左から右に読み進むようになっている

きっかけは「パクツイBOTスレイヤー」

――ご活動のアウトラインを、教えてください。

 わりと珍しい型のマンガ家だと思います。というのは、私、雑誌に載ったのはデビュー作で一回きり。だから当然まだ出版社からは一度も単行本を出したことがないんですよ。

 でも個人から依頼されたイラストや、あとは広告案件ですね。SNS上で発表する広告マンガなど企業関連を案件を受けて、それでなんとか10年近くやれているので、そこは珍しい、今どきの形のマンガ家だなとは思います。

――そうした活動を行いながら、小説家とコンタクトを取り、「勇者のクズ」のマンガ版連載をはじめられた。自作のマンガをマネタイズしていくことは今どきはぜんぜんありですが、法人と個人の垣根を越えてコラボして、自分で連載を開始するという活動はユニークですね。

 そうですね。現在は「勇者のクズ」の連載をメインの仕事にしているのですが、作画のほうから原作の方にアプローチして、版権を獲得する。その上で、マンガ版はマンガ版としてこちらでマネタイズする。で、何割かを原作者さんに渡す。言われてみれば、こうしたこと自体も珍しい形式かもしれないです。

 でも、そうなったのはたまたまです。もともと20歳ぐらいのペーペーのころは、「やっぱりジャンプで連載したい」みたいな感じで投稿してたりしていたんですけど、大学卒業までに、連載を取れるっていう感じでもなかった。

 デビューしたのは『ウルトラジャンプ』という雑誌だったんですけど、自分には青年誌で描きたいことって、特になかったんですよね。それでいったん実家に戻って、フリーランスとして仕事を始めて。といっても最初の1、2年は半ばニートみたいな感じでしたけど、ここ3年ぐらいでふつうに東京で自活できるぐらいの経済力がついたので、上京してきたって感じです。

――広告案件の仕事が来るようになったきっかけは、SNSでしょうか。

 それが大きかったと思います。もともと私が「パクツイBOTスレイヤー」というマンガやイラストを公開していて、それを見た広告代理店さんが、最初に広告マンガの連載の仕事を依頼してくださったんですよ。

――画像の無断転載アカウントを糾弾するマンガシリーズですね。

 そうですね。Twitterの無断転載アカウントにイラストを勝手に使われて、クリエイターの方々が「へこむわ」といった話がよくタイムラインで流れていたんです。私自身も、たとえば「どの壁ドンがお好き?」というイラストが無断で転載されたりして、「だったら、全部処分してみる」みたいな感じで始めました。

 いま考えると、カラーマンガをWebで百何十ページもね。「よく描いていたな」と思いますけど、でもフォロワーさんも一気に増えてくれましたし、ありがたいことに実にはなった、形にはなったってことですね。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」