コラム
» 2020年01月07日 18時00分 公開

「取りあえずGoogle」は実は不便? 東大赤門前で“皆のおすすめアプリ”を聞いてみたら、意外な地図アプリが使えた

人に聞くと、思いがけない発見があるものです。

[高橋ホイコねとらぼ]

 Googleってご存じですよね? 検索やメール、地図、カレンダー……と同社のサービスは「利用したことがないインターネットユーザー」というのが考えられないほど定番化しています。

 しかし、今回、「誰かのおすすめアプリを聞いてみたい」というざっくりしたコンセプトで聞き取り調査をしてみたところ、“Googleのサービスと競合するアプリ”の情報がチラホラ出てきました。

 実際に試してみたところ……なるほど、確かにこれは便利。今回は“東大赤門前で聞いてみた、おすすめのスマホアプリ”をご紹介します。

ドコモ「地図アプリ」は、Googleマップより使いやすい?

 東大赤門前と聞くと、賢い学生さんがたくさんいそうなイメージが湧いてしまうかもしれません。しかし、ここは観光客がけっこう多く、高齢者は外国人観光客などを含めた通りがかりの皆さんに、おすすめアプリを聞いてみました。


東大赤門 東大赤門前で聞いてきたー

 その中で筆者がグッときたアプリの1つは、ゼンリン地図を利用したドコモの「地図アプリ」。「これから湯島天神に行く」という老齢の男性が使っていました。音声案内機能などがあり、使いやすいのだそうです。ナビなどの一部機能は有料ですが、同社の契約者であれば無料で利用できます。


地図アプリ ドコモ「地図アプリ」(iPhone版Android版

 「ドコモユーザーだったから使っていただけなのでは?」という気もしましたが、筆者も試しにAndroid端末にインストール。実際に「Googleマップ」と使い比べてみました。

 両アプリの案内に従って、鮫洲駅から鮫洲運転免許試験場まで歩いてみました。行ったことがある人は共感してくれると思うんですが、あそこの道は、狭くてグニャグニャで分かりづらいんです。


鮫洲駅 鮫洲駅から免許試験場へ行くぞー!

 まずは、Googleマップから。ナビを起動し、言われるがままに歩いていったつもりが……なぜか目の前に「この先行き止まり」の看板が。「ピローン」と音が鳴ったところで画面を見たら「右折する」の表示があり、すぐに曲がってしまったのですが、本当は1本先を曲がらなくてはいけなかったようです。


Googleマップでナビしてもらう Googleマップを見ながら歩いてみたところ……


電信柱に「行き止まり」の表示 行き止まりじゃないかっ!


Googleマップの右折表示 原因は20メートル先で曲がるところを、すぐに曲がってしまったこと

 一方、同じ道をドコモの地図アプリでルート検索してみると、曲がり角のところに「おさんぽ」の文字が。ここにはそういう名前の食堂があり、曲がるべきポイントの目印として提示されています。曲がり場所にわかりやすい目印があれば、迷子になることも減りそうです。


ドコモ地図アプリでルート検索をしたところ ドコモ「地図アプリ」でルート検索したところ


おさんぽ付近の地図 先ほど迷った曲がり角には「おさんぽ」の表示


ドコモ「地図アプリ」で目印になっていた「おさんぽ」 こういう目印があると、筆者的にはかなり分かりやすい印象

 カーナビ機能に関しては、筆者が車を運転しないため比較できず(鮫洲運転免許試験場に行っておいてなんですが……)。ちなみに、東大赤門前で聞き取り調査を行っていたところ、バイク乗りの青年が「Yahoo!カーナビ」が便利だと話していました。「Googleマップ」も使っているものの、「Yahoo!カーナビ」の方が王道を案内してくれるんだとか。


Yahoo!カーナビ カーナビとして使うなら、Yahoo!カーナビがいいという声も(iPhone版Android版

日程調整、予定共有なら「タイムツリー」が便利?

 もう1つ、筆者がグッと来たのは、大学生がオススメしてくれた「タイムツリー」という共有カレンダーアプリ。大学のサークルで、予定を共有するのに使っているんだそうです。筆者が大学生のころは、部室に「今週の予定」が貼ってあるくらいだったのですが。時代は変わったものです。


タイムツリー タイムツリー(iPhone版Android版

 試しに使ってみたところ、「『Googleカレンダー』でできることも多いけど、こちらの方が操作方法が分かりやすい」という印象。同じアプリを皆で使うと、どうしてもメンバー間でITスキルの差が出ますから、“どれだけ簡単に使えるか”はけっこう重要なのかもしれません。


タイムツリー起動画面 起動画面、アカウントを作らなくてもある程度使える


タイムツリーカレンダー画面 仮のカレンダーを作ってみた 複数のカレンダーを作れる

 例えば、カレンダーの共有。カレンダーの編集画面で「ここをタップして招待しよう!」をタップすれば、招待メールが送れます。受信した人はアプリをインストールしてURLを開けば、共有設定が完了。アカウントを作らなくても共有可能です。


タイムツリーカレンダー共有 「ここをタップして招待しよう!」で共有できる

 予定ごとに出席の確認や、チャットで会話ができるようになっています。チャットは「いいね」が押せたりと他のSNSと似たような操作。直感的に利用できるはず。


タイムツリーチャット 予定別でチャットが可能。「飲み会の場所どうする?」なんて会話によさそう


 筆者はアマチュアオーケストラをやっており、ちょうど「日程調整の良い手段はないものか」と悩んでいたところ。数年前は全員メールで済んでいたのが、今はLINE、Facebookメッセンジャーと連絡手段がまちまちになってしまい、面倒なのです。

 「タイムツリー」は確かに便利そうでしたが、このような社会人のゆる〜い集まりとなると、「全員に同じアプリを入れてもらう」というのがハードルかも。簡単な日程調整は「調整さん」、連絡はLINEやFacebookやメールという筆者のやり方は、まだしばらく変わらなそうです。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」