ニュース
» 2019年12月26日 18時00分 公開

「シンプソンズファンはプライドを持っている」 名優・大平透が心を許した「シンプソンズファンクラブ」とオリジナル声優たちの12年間連載「オタクの幸せ」(1/3 ページ)

【完全版後編】オリジナル声優にとってファンとはどんな存在なのか。

[Kikka,ねとらぼ]

 アメリカアニメ史上最長寿番組として知られる「ザ・シンプソンズ」。1989年の放送開始以来、日本を含む世界70か国以上で愛されているコメディーアニメです。そんな「ザ・シンプソンズ」ですが、2007年に発生したある騒動をきっかけにファンとオリジナル声優の交流が続いています。オリジナル声優にとってファンとはどんな存在なのか。マージ役の一城みゆ希さんとリサ役の神代知衣さんら声優陣と「シンプソンズファンクラブ」を運営するピンクドーナツさん、viewbooさん、ゲッツさんを取材しました。


シンプソンズ バート ホーマー リサ マージ マギー 2019年に開かれたシンプソンズファン交流会に参加した声優さんたち。上段左からスミサーズ役の目黒光祐さん、クラバーペル役の巴菁子さん、リサ役の神代知衣さん、ネルソン役の桜井敏治さん、下段左からラルフ/ロッド役の真柴摩利さん、マージ役の一城みゆ希さん、スキナー母/パティ役の鈴木れい子さん。神代さんの手にはホーマーを演じた故・大平透さんとの思い出の写真が

大平透さんが残した「シンプソンズファンはプライドを持っている」という言葉

 「ザ・シンプソンズ」の大黒柱、ホーマー・シンプソンを演じたのは大平透さん。2016年に他界するまで実写版テレビシリーズ「スーパーマン」で主演のジョージ・リーヴスの吹替、「ハクション大魔王」のハクション大魔王、「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造、「スター・ウォーズ・シリーズ」のダース・ベイダーなど多くの作品で印象的なキャラクターを演じてきました。

 そんな声優業界のレジェンド・大平さんと「シンプソンズファンクラブ」のメンバーが初めて対面したのは2007年10月15日のこと。当時、シリーズ初となる映画「ザ・シンプソンズ MOVIE」について、長くシリーズの日本語吹替版を担当していた大平さん(ホーマー役)、一城みゆ希さん(マージ役)、堀絢子さん(バート役)、神代知衣さん(リサ役)らオリジナル声優ではなく、人気芸能人が吹き替え版キャストに起用されることが発表され、ファンがその決定に猛反対。オリジナル声優に戻してほしいという署名活動を行っている最中に大平さんから、「直接会ってお礼を言いたい」との連絡が入ったのです。


シンプソンズ バート ホーマー リサ マージ マギー シンプソンズファンクラブのゲッツさん(左)とピンクドーナツさんさん(右)

 シンプソンズファンクラブで会長を務めるピンクドーナツさんは緊張の初対面について「大平さんは身長180cmと大柄で見た目もちょっとこわもてなんです。だから初めてお会いしたときは正直『マフィアのボスみたいな方が来た!』と思いました……! お会いしただけで背筋がシャキッと伸びるような気がする雰囲気の方で、本当に『スターウォーズ』のダースベイダーみたいなオーラがあるんです」と語り、ファンクラブブログで日本語吹き替え版のエピソードガイドの作成を担当しているゲッツさんも「本当に雰囲気のある方なんですよ」と振り返りました。

 対面前から「大平さんは少し気難しいところもある方」と聞いていたファンクラブのメンバーは非常に緊張したといいますが、交流を続けるうちに、「大平さんは『ただ怖い方』というのではなくて、すごく『きっちりされた方』なんだというのが分かってきました」と同メンバー。またピンクドーナツさんは大平さんとやり取りしたというFAXをすべて保管しており、「キャラクターのデザインが入った用紙を使ってすべて手書きでやり取りして下さって、本当に丁寧な方なんだなというのが伝わりました。曲がったことが嫌いで、ちゃんとしていない人にはきちんと叱ることができる、大平さんはそういう方でした」と偲びました。


シンプソンズ バート ホーマー リサ マージ マギー シンプソンズファンクラブと大平透さんがやり取りしたFAXの一部

 また大平さんが「応援してくれたファンに恩返しをしたい」と主催したイベント「第1回シンプソンズファン感謝祭」では大平さんからファンに向けて、「これからはファミリーです」「末永くお付き合いしましょう」とのあいさつがあり、シンプソンズファンクラブと大平さんは晩年まで文字通りの“末永いお付き合い”が続いたといいます。転機になったのは、交流3年目ごろに大平さんのご自宅兼事務所でシンプソンズファンクラブが開いたお誕生日会でした。

第1回シンプソンズファン感謝祭 大平透さんからファンへのメッセージ

 当時についてピンクドーナツさんは「大平さんはどちらかというと、馴れ馴れしいお付き合いを好まない方で、私たちもある程度の距離感を持って、『ファンと声優さん』という線引きをしっかりして交流させていただいたんです。ただ傘寿のお祝いで『大平透の名入り蛇の目傘』をプレゼントしたり、芸能活動60周年と83歳のお誕生日をお祝いして、『声優大平透』の染め抜き法被をプレゼントしたときには本当に気に入って喜んでくださって。少しずつ『ザ・シンプソンズ』の収録秘話みたいなものもお話して下さるようになっていきました」と懐かしみます。

 特に印象に残っているのは、「『私は声優であり、プロデューサーであり、演出家であるというのがモットーだ』という仕事に対するスタンスのお話」で、例えば「ザ・シンプソンズ」シリーズの場合、長くホーマーを演じ続けてきた大平さんが誰よりもホーマーというキャラクターを理解しているので、「ホーマーはこういう言い回しはしない」「こういう行動をとるならこうするはず」といろいろと提案しながら作品作りに携わってきたのだといいます。こうした話を聞くたび、ピンクドーナツさんらは「『だからこんなにクオリティーの高い作品ができるのか』と驚くとともにすごく納得した気持ちになりました」と話しました。


シンプソンズ バート ホーマー リサ マージ マギー 大平さんのお誕生日会

シンプソンズ バート ホーマー リサ マージ マギー ケーキにはスーパーマンになったホーマーが!

 またゲッツさんは「テレビシリーズは翻訳を担当されている徐賀世子さんの良い意味で“生々しい生活感のある名翻訳”があって、そこに大平さんたち声優さんの演出が加わって、本当に濃くて面白いものが詰まっているんですよね」とスタッフの功績についても語り、「CMに関しても『C.C.レモン』のアフレコ収録時には、ホーマーならちょっと言いそうにないセリフが書いてある台本を受け取った大平さんが演出家さんとその場で相談し、セリフをサラサラッと直して収録したという逸話もお聞きしました。お陰でCMは大好評でしたね」と笑顔を見せました。

 しばらくこうした交流を続けていたある日、大平さんはシンプソンズファンクラブのメンバーを自宅へと招きました。当時の様子についてピンクドーナツさんは、「『実は居住スペースに人を入れるのは初めてなんだよね』と仰っていただいてすごく驚きました。はじめはファンとして始まったお付き合いが、人間として信用していただけたのかなと」と振り返り、ゲッツさんは「晩年、体調を崩されてからは、シンプソンズファンクラブのメンバーでお食事のお世話をさせていただいたこともあります。ローテーション表を組んで、大平さんが大好きなお肉をおいしく食べていただけるようにとノートにレシピを書いたりして回していました」と語りました。


シンプソンズ バート ホーマー リサ マージ マギー 傘寿のお祝い

シンプソンズ バート ホーマー リサ マージ マギー

 このような特殊な関係性を築けたことについてピンクドーナツさんは「偉大な方なので、ご家族やお弟子さんなどに弱い姿を見せなくないという気持ちもあったんだと思うのですが、困ったときにシンプソンズファンクラブのことを思い出していただいて、頼りにしてもらえる存在になったというのは本当にうれしいことでした。僕たちとしては声優さんたちに『またザ・シンプソンズを演じたい!』と思い続けてほしくて、一番の恩返しは『ザ・シンプソンズのテレビシリーズに復帰してもらえるお手伝いをすること』だと信じてさまざまな活動を行ってきましたが、2016年に大平さんが86歳で天国に旅立ってしまい、残念ながらその夢は叶えることができませんでした。ただお別れの会では僕たちが贈った法被が一番大切に飾ってあって、さみしさと共にあらためて大平さんへの感謝の気持ちが募りました」と振り返りました。


シンプソンズ バート ホーマー リサ マージ マギー お気に入りだったという法被に袖を通す大平さん

シンプソンズ バート ホーマー リサ マージ マギー シンプソンズファンクラブが贈った大切なプレゼント

 こうした交流は大平さん以外のオリジナル声優たちとも現在も続いています。2019年11月末には約15人のファンに加え、マージ役の一城みゆ希さん、リサ役の神代知衣さん、クラバーペル役の巴菁子さん、スキナー母/パティ役の鈴木れい子さん、スミサーズ役の目黒光祐さん、ネルソン役の桜井敏治さん、ラルフ/トッド役の真柴摩利さんら声優陣が集まって恒例のファン交流会を行いました。

一城みゆ希が「どうしてもやりたい!」と懇願したマージ役

 「ザ・シンプソンズ」に出演している声優陣は声優業界ではパイオニアや伝説と呼ばれる役者さんばかりですが、マージ役の一城さんは「パパ(大平さん)以外はみんなオーディションだったんです」と意外な秘話を語ります。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」