ニュース
» 2020年01月27日 10時30分 公開

「何もない」なんてひどい あるじゃねーか!! 千葉県「いすみ鉄道」で昭和レトロな激ウマなグルメ列車に乗ったよ(1/3 ページ)

あえてクルマで行ったウマイ観光列車の旅。なぜならば、夢の「○○の詰め放題」があるから!!

[杉山淳一,ねとらぼ]

 ここには、「何もない」があります。

 千葉県のいすみ鉄道のキャッチコピーです。いすみ鉄道は千葉県の南東部、いすみ市の大原駅と大多喜町の上総中野駅を結ぶ総延長26.8キロの非電化路線です。

いすみ鉄道 今回はいすみ鉄道のおいしいレトロ列車に乗りますよ

 いすみ鉄道の大原駅は太平洋に面し、JR外房線と乗り換えが可能。大多喜町は房総半島中央の丘陵森林地帯。大多喜城の初代城主は徳川四天王の本多忠勝でした。沿線にはおいしいお米も野菜もあります。伊勢エビも捕れるらしいですよ。

 それなのに「何もない」なんてひどい。列車の窓から見えるお城、鉄橋。線路際の花から遠くの山まで。そして、都会にはない田園風景、のんびりした景色。数量限定のお弁当やお土産などなど。何もないどころか、都会にはないモノのほとんどがあります。

 ところが訪れた人が「ここは何もないのか」とつぶやく。それに対して、地元の人々は寂しさを感じつつ「何もなくてスミマセン」とお詫びしたくなってしまう。これはなんとかしたい。そこで、地元の人が謝らなくてもいいように『ここには、「何もない」があります。』と宣言したわけです。

いすみ鉄道 何もない景色、都会にはない景色

 いすみ鉄道の「何もない」は「観光客を喜ばせるような派手なモノがない」という意味かもしれません。景色は自然と田園風景だけ。マリンスポーツもないし、川下りのようなアトラクションもない。そこでいすみ鉄道は国鉄時代に製造されたレトロなディーゼルカーを走らせて、鉄道ファンや昭和レトロ感を演出しました。

 そうすると今度は「ウソだ。わざわざそんなことを言うなんで、ゼッタイ何かある」と思って観光客が来ます。この人たちは宝探しの気分で「何か」を探そうとします。ダメでもともと。でも、何かしら好きなモノを見つけて、満足して帰るのです。

いすみ鉄道
いすみ鉄道 国鉄時代の急行列車の車内にテーブルを付ければ食堂車なんですよ

 いすみ鉄道には何かある。その一つが「レストラン列車」です。いすみ鉄道は関東ではいち早く食事付きの観光列車を始めました。国鉄型急行用ディーゼルカー「キハ28」車両の座席にテーブルを取り付けて走ります。ほぼ日曜日に不定期で運行されるいすみ鉄道のレストラン列車は伊勢エビがメインの豪華な「イタリアンコース」。お値段は一人1万6000円ナリ。わぉ。

 そしてもう一つ、土曜日に不定期で運行する「おとなのピクニック列車」。こちらはランチバスケットとティータイムのお菓子が付いて1万3000円。ちょっとだけお手頃価格です。

いすみ鉄道 日本旅行が開催した「いすみ鉄道 おとなのピクニック列車」

 というわけで今回はこの「おとなのピクニック列車」に乗ってきました。お値段がというより、筆者の偏食(海産物苦手)のせいですけどね。てへ。快晴で小春日和の12月14日。横浜市をマイカーで出発し、アクアライン経由で海ほたるに立寄り、約1時間半のドライブでいすみ鉄道「デンタルサポート大多喜駅」に到着です。

いすみ鉄道 いすみ鉄道の「おとなのピクニック列車」に乗車。バスケットにいろいろな食べ物が入って、まさにピクニック気分

 「乗り鉄話題」の連載なのにクルマかよ、と思うかもしれません。もちろん青春18きっぷやフリーきっぷで行っても楽しいですよね。大原駅は東京駅から特急電車で約70分です。快速を乗り継いでも約90分です。じゅうぶんに近い。

 でもアクアラインのドライブも楽しい。圏央道千葉区間の開通で山道ドライブも少なくなりました。そしてデンタルサポート大多喜駅前の町営久保駐車場は1日上限500円という安さ。今回は母と弟を連れて行きまして、家族やグループで行くならば安上がりなのです。お子様がいても楽ちん。じつはもう1つクルマで行きたい理由があります。これは後ほど紹介します。

 マイカーがなくたって、レンタカーやカーシェアがあるじゃないですか。目的の観光列車を楽しむために、目的地までの往復を鉄道にこだわる必要はないのです(きっぱり)。もっと気楽に楽しくいきましょう!

いすみ鉄道 赤い線がいすみ鉄道、青い線はドライブルート(国土地理院地図を加工)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」